ニューリリース

ジ・アメリカン・ナイトメア

THE AMERICAN NIGHTMARE

2009.06.10

アルバム / VICP-64697

¥2,500+税

オンラインショップで購入

Victor

怪物がうなされるほどの悪夢へようこそ…
スリップノットの絶対的頭脳Eショーン “クラウン” クラハンが発掘し、育成する超期待の6人衆が、情念の篭った激音の向こう側に、その凛々しい姿を現す!

01

サルート

SALUTE
02

トレインド・トゥ・キル

TRAINED TO KILL
03

…セッド・ザ・スパイダー・トゥ・ザ・フライ

...SAID THE SPIDER TO THE FLY
04

コールド・フィックス&ホット・リックス

COLD FICKS & HOT LIX
05

ジ・アメリカン・ナイトメア

THE AMERICAN NIGHTMARE
06

トゥナイト

TONIGHT
07

ヒア・アイ・アム

HERE I AM
08

ア・ショットガン・ロマンス

A SHOTGUN ROMANCE
09

アレス

ARES
10

ウォー・クリミナル

WAR CRIMINAL
11

ウェイステッド!!!

WASTED!!!

その禍々しいマスクの見た目そのままに、今やモンスター・メタル・バンドとなったSLIPKNOT。95年の結成当時より絶対的リーダーとしてこの怪物をまとめ上げているEショーン “クラウン” クラハン(percussion)が、HATEBREEDらも所属するE1 Music(旧KOCH Records)内に新たに興したレーベル『Sopra Evil Records』から、期待の超大型新人DIRTFEDDが米国ネブラスカ州リンカーンより登場!

2006年にクラウン自らがバンドを発掘し、本作「THE AMERICAN NIGHTMARE」のプロデュースも彼自身が手掛ける。そして、クラウン、そして本体であるSLIPKNOTが持つコネクションをフルに活用し、
プロモーションの手助けまでするという熱の入れ様。その動きは機敏で、すでに5月のSLIPKNOTの米国ツアーに、KORN、THE USED、STAIND、ALL THAT REMAINS、DROWNIN POOLらとともに参加することが決まっている。間違いなくSLIPKNOTファンから、好意的に受け入れられるだろう。

また、本国でのデビュー(6月2日)前にも関わらず、SLIPKNOTもいるRoadrunner Records所属のDEVILDRIVERとの4月末から始まるツアーも決まり、注目度は非常に高い。

彼らの魅力は、生々しいアグレッシヴなサウンドとブルータルなリフ、暴れまわるドラミング、そしてダスティンのユニークなヴォーカル・スタイルである。ミックスは、LAMB OF GODやSTILL REMINAS、ATREYUらも手掛けるジョシュ・ウィルバー。

クラウンはこう言う。
「彼らは、使い古されたシーンに入り込むよりも、自分たち自身のヴィジョンを形成するほうが大きなプラスになることを知っている。俺はこの芸術を世界に解き放つのを個人的に待ちきれない。様々なものが変化すべきときが来たんだ」

-0:00