ニューリリース

ルマニフェラス

LUMINIFEROUS

2015.06.24

アルバム / VICP-65306

¥2,500+税

オンラインショップで購入

E1

古代の町を揺り起こす摩訶不思議な力
現代ヘヴィ・メタル最強のパワー・トリオ、待望の通算7作目
狂乱のリフが生む激しさと妖しさが、魔術的傑作へと姿を変える

01

ザ・ブラック・プロット

THE BLACK PLOT
02

カルコサ

CARCOSA
03

ザ・サンレス・イヤーズ

THE SUNLESS YEARS
04

スレイヴ・ザ・ハイヴ

SLAVE THE HIVE
05

ザ・ファルコニスト

THE FALCONIST
06

ザ・ダーク・サイド・オブ・ザ・コンパス

THE DARK SIDE OF THE COMPASS
07

ザ・ケイヴ

THE CAVE
08

ルマニフェラス

LUMINIFEROUS
09

ザ・リーサル・チェンバー

THE LETHAL CHAMBER

伝説的ドゥーム・メタル・バンドSLEEPのギタリストでもあるマット・パイクがシンガー/ギタリストとして率いる、米国・カリフォルニア州オークランドに拠点を置く現代メタル・シーン最強のパワー・トリオHIGH ON FIRE。彼らが、「DE VERMIS MYSTERIIS」(2012年4月発表)以来となる通算7枚目のスタジオ・アルバム「LUMINIFEROUS」をリリースする。

■デビュー15周年
SLEEPのマット・パイクのニュー・バンドとして98年にスタートしたHIGH ON FIREだが、今年2015年で結成17年が経ち、1stアルバム「THE ART OF SELF DEFENCE」での2000年のデビューから15周年を迎える。近年は、2009年のSLEEPの再結成や、2011年の来日中の東日本大震災などがあったが、こうしてHIGH ON FIREとして無事に7枚目のアルバムをリリースする。

■プロデューサーはCONVERGEのメンバー
前作「DE VERMIS MYSTERIIS」で初めてプロデューサーとして起用したのが、CONVERGEのギタリストでもあるカート・バロー。彼が引き続き本作でもプロデュースを任された。レコーディングも、カートがマサチューセッツ州セイラムに所有する『GodCity Studio』にて行われた。HIGH ON FIREとCONVERGEは、2009年にMASTODONとDETHKLOKも含めた豪華4組による全米ツアーで共演している。

■すでに海外で高評価
『The Rolling Stone』誌にて、同じくパワー・トリオであった伝説的バンドCREAMを引き合いに、本作はこう評されている。
「まるでロケットで地獄へと向かうCREAMのようだ。HIGH ON FIREは、君たちの内臓を黒いタールへと変える低周波の恐怖を提供する」

■アルコール依存症を克服
2012年、「DE VERMIS MYSTERIIS」を引っ提げて、SLAYER、MOTORHEAD、ANTHRAXらと共に出演するはずだったアメリカの有名フェスティヴァル・ツアー『Mayhem Festival』をキャンセル。理由は、マットのアルコール依存症のリハビリのため。現在は依存症からは脱却した。

PAGE TOP

-0:00