ニューリリース

グリーティングス・フロム・バネズエラ!

GREETINGS FROM BUNEZUELA!

2016.06.24

アルバム / VICP-65402

¥2,500+税

オンラインショップで購入

E1

チープ・トリックのドラマーが躍動する!
伝説的ロック・バンド、チープ・トリックのドラマーであるバン・E・カルロスが、様々なゲスト・シンガーを迎えて創り上げた初のソロ名義アルバム!

ゲスト: HANSON、ジョン・スティラット(WILCO)、デイヴ・パーナー(SOUL ASYLUM)
ランディ“Xeno”ホーガン(CHEAP TRICK初代シンガー)など

●日本盤ボーナス・トラック

01

ドゥ・サムシング・リアル

DO SOMETHING REAL
02

アルメニアの空

ARMENIA CITY IN THE SKY
03

ヒム・オア・ミー

HIM OR ME
04

アイ・ラヴ・ユー・ノー・モア

I LOVE YOU NO MORE
05

テル・ミー

TELL ME
06

悲しみは果てしなく

IT TAKES A LOT TO LAUGH, IT TAKES A TRAIN TO CRY
07

レット・ザ・ミステリー・ビー

LET THE MYSTERY BE
08

アイディア

IDEA
09

カクタス

LES CACTUS
10

アイ・キャン・オンリー・ギヴ・ユー・エヴリシング

I CAN ONLY GIVE YOU EVERYTHING
11

スロウ・ダウン

SLOW DOWN
12

カウント・オン・ミー

COUNT ON ME
13

アイ・ドント・マインド

I DON'T MIND
14

どこにも行けない

YOU AIN'T GOIN' NOWHERE

Tr.14: 日本盤ボーナス・トラック

参加ミュージシャン (カッコ内はオリジナルのアーティスト)
Tr. 1: Robert Pollard on lead Vocal (Robert Pollard)
Tr. 2: Featuring HANSON (Paul Revere & The Raiders)
Tr. 3: John Stirratt on lead Vocal (The Who)
Tr. 4: Alex Dezen on lead Vocal (The Blackstones)
Tr. 5: Alejandro Escovedo on lead Vocal (The Rolling Stones)
Tr. 6: Dave Pirner on lead Vocal (Bob Dylan)
Tr. 7: Xeno on lead Vocal (Iris DeMent)
Tr. 8: Robert Pollard on lead Vocal (The Bee Gees)
Tr. 9: Nicholas Tremulis on lead Vocal (Jacque DuTronc)
Tr. 10: Rick Rizzo on lead Vocal (Them)
Tr. 11: Alejandro Escovedo on lead Vocal (Alejandro Escovedo)
Tr. 12: Xeno on lead Vocal (Fra Lippo Lippi)
Tr. 13: Alex Dezen on lead Vocal (Alex Dezen)

CHEAP TRICKのドラマーとして、2016年に『ロックの殿堂』入りを果たしたバン・E・カルロスが、初のソロ名義のアルバム「GREETINGS FROM BUNEZUELA!」をリリースする。

■全編カヴァーのアルバム
 本作は、様々なカヴァー曲を収録したカヴァー・アルバムとなっている。THE ROLLING STONESの“Tell Me”や、THE WHOの“Armenia City In The Sky(アルメニアの空)”、ボブ・ディランの“It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry(悲しみは果てしなく)”など、有名アーティストの曲から、知る人ぞ知る楽曲まで、興味深い選曲がなされている。日本盤ボーナス・トラック"You Ain't Goin' Nowhere(どこにも行けない)"も、ボブ・ディランのカヴァーだ。

■ヴァラエティに富んだゲスト・シンガーたち
 今回バン・Eは、多くのシンガーをゲストとして招き、アルバムを完成させている。WILCOではベーシストを務めるジョン・スティラット、SOUL ASYLUMのデイヴ・パーナーの他、何とCHEAP TRICKの初代リード・シンガーであるランディ “ゼノ” ホーガンなどが参加している。さらに、PAUL REVERE & THE RAIDERSのカヴァー“Him Or Me”では、TINTED WINDOWSで共にプレイしたテイラー・ハンソンを擁するHANSONの3兄弟をフィーチャリングしている。

 なお、アルバムのオープニングを飾る“Do Something Real”は、それぞれ今回ゲスト参加しているGUIDED BY VOICESのロバート・ポラードが99年に発表したソロ楽曲のカヴァー。そして、11曲目“Slow Down”は、同じくゲスト参加している元THE NUNSのアレハンドロ・エスコヴェドのソロ曲のカヴァーである。つまり、この2曲に関しては、ゲスト・シンガーたちにとってはセルフ・カヴァーと言える。

-0:00