ニューリリース

トーチャー・カルチャー

TORTURE CULTURE

2017.10.13

アルバム / VICP-65466

¥2,100+税

オンラインショップで購入

Last Gang Records

2ndアルバム『サファー、サヴァイヴ』が日本でも大ヒットしたカナダ産ハードコア・バンド=ノー・ウォーニング!
13年ぶりとなる、クロスオーヴァー・サウンド満載の復活作!

●日本盤ボーナス・トラック

01

ヘッドレス

HEADLESS
02

イン・ザ・シティ

IN THE CITY
03

アンリアリティ

UNREALITY
04

ビヨンド・ザ・ロウ

BEYOND THE LAW
05

トータル・サレンダー

TOTAL SURRENDER
06

ヘル・レルム

HELL REALM
07

ライク・ア・レベル

LIKE A REBEL
08

アレイズ・オブ・マイ・マインド

ALLEYS OF MY MIND
09

サンクチュアリ

SANCTUARY
10

アニマル

ANIMAL
11

ノー・インフルエンス(フロム・ジ・アウトサイド・ワールド)

NO INFLUENCE (FROM THE OUTSIDE WORLD)
12

トーチャー・カルチャー

TORTURE CULTURE
13

ヘヴィ・ドリームス〔デモ〕

HEAVY DREAMS [DEMO]

日本デビュー作となった「SUFFER, SURVIVE」(海外 04年/日本 05年)が、日本だけで2万枚を超えるセールスを記録したNO WARNING。『SUMMER SONIC 2005』にも出演するなど一躍時代の寵児となったパンク/ハードコア・バンドが、13年ぶりとなる3rdフルレングス・アルバム「TORTURE CULTURE」で復活。

■LINKIN PARKの弟分的存在として人気に
前作「SUFFER, SURVIVE」は、LINKIN PARKのマイク・シノダ(vo, g)とブラッド・デルソン(g)の目に留まり、彼らが興したMachine Shop Recordsの第1弾アーティストとしてのリリースだった。リリースに先駆け、LINKIN PARK主宰の『Projekt Revolution Tour 2004』に帯同したりと破格の扱いを受けた彼らは、当時「LINKIN PARKの弟分」と呼ばれるなど、そのファンベースを広げていった。

■かつてのメンバーが結集
今回の再結成のメンバーは、「SUFFER, SURVIVE」時代のベン・クック(vo)、マット・デロング(g)、ジョーダン・ポスナー(g)、ジェシー・ラボヴィッツ(ds)に、デビュー作「ILL BLOOD」発売当時のメンバーであったライアン・ギャヴェル (b) を加えた5人。

■よりクロスオーヴァーなサウンド
「SUFFER, SURVIVE」では、ハードコア色はありつつも、サビをエモーショナルに歌い上げる歌唱法だったこともあり、戦術の「LINKIN PARKの弟分」という評価もあったが、本作ではよりサビにおいても硬派なストロング・スタイルのヴォーカルで勝負しており、80年代におけるD.R.I.やANTHRAXなどに代表されるパンク/ハードコアのクロスオーヴァー感が満載となっている。

PAGE TOP

-0:00