ファブリックの女王

ニューリリース

ファブリックの女王

2016.12.16

DVD-VIDEO / VIBF-6156

¥3,980+税

オンラインショップで購入

Victor

COLOR / NTSC/ 画面サイズ:16:9/LB/ リージョンコントロール:2 / Dolby Digital / オリジナル

北欧を代表するファッション・ブランド<マリメッコ>、
創業者の波瀾万丈な人生模様を描いた映画
「ファブリックの女王」DVD発売決定!

<圧巻のマリメッコデザインの競演!>
この映画では、アルミの時代と、現在活躍するデザイナーによる新旧の美しい<マリメッコ>デザインの融合が見どころのひとつとなっており、初めてアルミが立ち上げた「ショー」のシーンには数々のファブリックが登場し、圧巻です!

<イントロダクション>
日常を楽しくする、新しいライフスタイルを!

戦後まもない1951年に<マリメッコ>を創業したアルミは、才能あるデザイナーを集めて作った斬新なデザインのファブリックで、女性たちをコルセットから解放し、新しい時代のライフスタイルを提案することに、生涯情熱を注いだ。
60年代には当時のファッションアイコン、ジャクリーン・ケネディが愛用し、
<マリメッコ>はフィンランドから世界で愛されるブランドへと急成長した。
当時は稀な女性起業家として男性偏重なビジネス社会に乗り込み、破天荒なキャラクターと天才的なプロデュース・PR力で、何度も襲いかかる破産の危機、夫や家族との軋轢などのあらゆる困難と闘い「何をも恐れなかった」アルミの人生。そこには「美」への飽くなき探究心と、みんなが幸せに働き、生きていける理想郷 “マリメッコ村”をつくる大きな「夢」、そして従業員たちへの厳しくも温かい「愛」があふれていた。<マリメッコ>はアルミの人生のすべてであり、アルミこそがファブリックで世界を変えようとした“女王”だった。劇中には、初期<マリメッコ>を代表するデザイナー、マイヤ・イソラやアンニッカ・リマラらを思わせる人物が登場するが、当時の再現ではなく、アルミの時代と現在活躍するデザイナーによる新旧の美しい<マリメッコ>デザインの融合が見どころのひとつ。“シンプル・タイムレス・ユニセックス”な<マリメッコ>の先鋭的でしなやかなスピリットは、創業から65年を経た今も、脈々と受け継がれている。「マリメッコ・イヤー」に、満を持しての公開、DVD発売となりました。

<あらすじ>
戦後まもないフィンランド。
戦争で兄弟も工房も失ったアルミは、夫のヴィリヨが買収した業務用のオイルプリントを作る会社で働き出す。やがて、個人向けに綿のファブリックにプリントすることを思いつき、1951年、新たな会社を立ち上げる。 会社の名前は<マリメッコ>。しかし、その船出は順風満帆とは言えなかった。そこで、ただファブリックを売るだけでなく、その使い方を示すドレスのファッションショーを企画。ヘルシンキで初めて行なわれたファッションショーは、全財産をかけた大博打だったが、大成功をおさめる。カラフルで斬新なデザインのファブリックと、女性をレースやコルセットから解放したドレスは、たちまち注目を集め、事業は軌道に乗り始めた。アルミは才能あるデザイナーを集めて自由にデザインさせ、それぞれのファブリックには名前とデザイナーの名前を記すことにした。
<マリメッコ>はアルミの全てであり、何でも言い合える従業員たちは“家族”だった。しかし“家族”の面倒を全て引き受け、出費を惜しまないアルミは、銀行団に非難され、幾度も倒産の危機に陥った。 一方、<マリメッコ>にのめり込むあまりに常識を外れていくアルミに、夫や子どもたちはついていけなくなっていた。理解されない、愛されない寂しさを、酒や他の男性で埋めようとするアルミ。<マリメッコ>は「知的な人々のユニフォーム」として世界に認められるようになり、職住が一体となった自然あふれる理想郷 “マリメッコ村(マリキュラ)”をつくるためにアルミは奔走するのだが・・・。
舞台劇でアルミ・ラティアを演じる女優マリアの俯瞰的視点で、アルミの人生を浮き彫りにしていく。

CAST
アルミ・ラティア:ミンナ・ハープキュラ 他

STAFF
監督: ヨールン・ドンネル
脚本: カロリーナ・リンドグレーン
撮影: ハンヌ=ペッカ・ヴィティカイネン
美術: オッツォ・リンナラークソ
衣装デザイン: ティーナ・カウカネン
製作: ミーシャ・ヤーリ/マーク・ルオフ
制作会社: ブフォ

オリジナル・グラフィックデザイン:ティーナ・アールトネン/グラ&グラッポ
スチール写真:ラッセ・レックリン

2015年/フィンランド/フィンランド語/カラー/85分 原題:Armi elää! 英題:Armi alive! 日本版字幕:川喜多綾子 字幕監修:坂根シルック
協賛:Marimekko 後援:フィンランド大使館 提供・配給:パンドラ + kinologue 
© Bufo Ltd 2015

-0:00