作品詳細

僕の歩く道 DVD-BOX (Disc1)

2007.03.07

DVD-VIDEO / VIBF-5154〜60

¥22,800+税

オンラインショップで購入

Victor

COLOR / NTSC/ 画面サイズ:16:9/LB/ リージョンコントロール:2(日本) / ドルビーデジタル / オリジナル(日本語)

草なぎ剛 主演
真摯なテーマと感動的なストーリーで毎回感動を呼んだ「僕の」シリーズ最終章!

◆7枚組DVD-BOX(本編6枚+特典ディスク1枚)
◆全11話


【STORY】
先天的な障害により、10歳児程度の知能までしか発達しなかった31歳の自閉症の青年・大竹輝明(草なぎ剛)。輝明は、自転車のツール・ド・フランスの歴代優勝者を全て覚えていたり、言葉を言葉どおりに記憶することはできるが、抽象的な会話はできない特徴がある。周囲の無理解のため職場は長くは続けられず、弁当屋の仕事も辞めたばかりだった。

家族は、母の里江(長山藍子)と妹りな(本仮屋ユイカ)。家は二世帯住宅で、もう一方に兄の秀治(佐々木蔵之介)の家族がいる。輝明は整理整頓された部屋で、ツール・ド・フランスのビデオを見たり、幼なじみの都古(香里奈)に毎日三行の葉書を書いている。

その都古が獣医として働く動物園に、飼育係としてやってみないかと勧められ、動物園へ。園長の久保良介(大杉漣)に会い働いてみることになった。ベテラン飼育係の古賀年雄(小日向文世)のもとで、仕事を覚えることになった輝明。ところが、輝明は突っ立ったまま。都古は、「会話は具体的にお願いします。抽象的な会話は、さけてください」と接し方を一つひとつフォローしていく。そんな都古の事を輝明は信頼しきっていて、主治医の堀田(加藤浩次)はそのことを少し心配していた・・・


【キャスト】
草なぎ剛・香里奈
佐々木蔵之介・本仮屋ユイカ・MEGUMI・田中圭・加藤浩次・森口瑤子・葛山信吾・須賀健太
浅野和之・小日向文世・大杉漣・長山藍子


【スタッフ】
脚本:橋部敦子
演出:星護・河野圭太・三宅喜重
プロデューサー:重松圭一・岩田祐二
アソシエイト・プロデューサー:石原隆
音楽:本間勇輔
主題歌:SMAP『ありがとう』(ビクターエンタテインメント)
制作:関西テレビ・共同テレビ

-0:00