作品詳細

ザ・ラスト・ヒーロー

THE LAST HERO

2016.10.19

アルバム / VICP-65422

¥2,500+税

オンラインショップで購入

Victor

これが真のアリーナ級ハード・ロックだ
いま世界を最も熱狂させるハード・ロック・バンドのひとつ、アルター・ブリッジ!
感動的なまでの完成度を誇る、3年振りの通算5作目をドロップ!!

●日本盤のみボーナス・トラック2曲収録

01

ショウ・ミー・ア・リーダー

SHOW ME A LEADER
02

ザ・ライティング・オン・ザ・ウォール

THE WRITING ON THE WALL
03

ジ・アザー・サイド

THE OTHER SIDE
04

マイ・チャンピオン

MY CHAMPION
05

ポイズン・イン・ユア・ヴェインズ

POISON IN YOUR VEINS
06

クレイドル・トゥ・ザ・グレイヴ

CRADLE TO THE GRAVE
07

ルージング・ペイシェンス

LOSING PATIENCE
08

ディス・サイド・オブ・フェイト

THIS SIDE OF FATE
09

ユー・ウィル・ビー・リメンバード

YOU WILL BE REMEMBERED
10

クロウズ・オン・ア・ワイヤー

CROWS ON A WIRE
11

トワイライト

TWILIGHT
12

アイランド・オブ・フールズ

ISLAND OF FOOLS
13

ザ・ラスト・ヒーロー

THE LAST HERO
14

ラスト・オブ・アワ・カインド

LAST OF OUR KIND
15

ショウ・ミー・ア・リーダー〔ラジオ・エディット〕

SHOW ME A LEADER [RADIO EDIT]

Tr.14 & 15: ボーナス・トラック

わずか4枚のアルバムだけで全米2,500万枚/全世界3,500万枚の驚異的トータル・セールスを誇り、2001年にはグラミー賞ベスト・ロック・ソングを受賞したロック・バンド、CREED。そのヴォーカル以外のメンバーが、超実力派シンガーのマイルス・ケネディを迎え2004年に結成したモンスター・USロック・バンドALTER BRIDGEが、日本では、ビクター移籍第1弾となる通算5作目のアルバム「THE LAST HERO」をリリースする。

■所属レーベルを移籍し、心機一転挑む意欲作
本作は、母国アメリカではここ2作と変わらずCaroline Recordsの中のバンド自身のレーベルAlter Bridge Recordingsからのリリースだが、それ以外のテリトリーはRoadrunner Recordsを離れ、新たにオーストリアのNapalm Recordsと契約。
マーク・トレモンティ(g)曰く、「4th『FORTRESS』と2nd『BLACKBIRD』の中間のようなサウンドだ。前作はヘヴィな面が強かったが、今作は新しい要素を盛り込み、さまざまなスタイルを持っているんだ」。

■ALTER BRIDGEサウンドを知り尽くした男がプロデュース
プロデューサーは、ALTER BRIDGEの2ndアルバム「BLACKBIRD」(2007年発表)以降の全作品を手掛けてきて、世界で最も彼らのサウンドを熟知している名手、マイケル・“エルヴィス”・バスケット。SLASH FEATURING MYLES KENNEDY & THE CONSPIRATORSの「WORLD ON FIRE」(2014年発表)や、TRIVIUMの「SILENCE IN THE SNOW」(2015年発表)など、数々の話題作も担当してきた。

■新作を携えてのアリーナ・ツアー
新作リリース後の2016年11月からは、デンマークのVOLBEATという、こちらもALTER BRIDGEに負けず劣らず世界を席巻するロック・バンドや、フランスで最も有名なメタル・バンドGOJIRAをサポートに、欧州ツアーを行なう。中でも英国公演は、2万人収容の『O2 Arena』や1万人収容の『Motorpoint Arena』など、大規模なアリーナで実施されることもあり、サポートのバンドの豪華さも手伝い、今から大きな注目を集めている。

■ロック界の大物たちに引っ張りだこ
マイルス・ケネディは、GUNS N’ ROSESのスラッシュ(g)にその実力を買われ、彼のプロジェクトSLASH FEATURING MYLES KENNEDY & THE CONSPIRATORSにフロントマンとして参加し、アルバム制作や来日公演を含むツアーで活躍。ALTER BRIDGE結成以前には、スラッシュも参加していたVELVET REVOLVERのスコット・ウェイランド(vo)の後任オーディションを受けるよう依頼されたりもした。さらに、07年に再結成ライヴを行なったLED ZEPPELINが、その後の活動継続に難色を示したロバート・プラント(vo)の代役としてマイルスに白羽の矢を立てた、という噂もあったほど。

-0:00