ニュース

dヒッツで「小林克也presents 裏ベストヒットUSA」プログラム公開中!

定額制音楽配信サービス「dヒッツ」にて、
「小林克也presents 裏ベストヒットUSA〜あ、そこには、ザ・ナンバーワン・バンドがいた〜」プログラムを掲載しています!

ご機嫌いかがですか?小林克也です。
〜小林克也の代名詞ともいえる、伝説の洋楽TV番組「ベストヒットUSA」をタイトルに模したDJトーク付きプログラム。
 洋楽レジェンドの名曲から、昨日発売となった小林克也&ザ・ナンバーワンバンドのニューアルバム「鯛 〜最後の晩餐〜」収録曲まで
小林克也のDJトーク付きで紹介しています〜
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/katsuya_kobayashi/180322/

bayfm「MIDNIGHT POWER PLAY」決定!

『鯛 〜最後の晩餐〜』より新曲「LET’S MAKE LOVE〜REGGAE ONDO〜」が、

第360回 bayfm「MIDNIGHT POWER PLAY」に決定いたしました!

3/26〜4/15の期間でbayfmにて大量に「LET’S MAKE LOVE〜REGGAE ONDO〜」がオンエアされます。
http://www.bayfm.co.jp/power/

「LET'S MAKE LOVE 〜REGGAE ONDO〜.ver2」Music Video公開!

公開となっている「LET'S MAKE LOVE 〜REGGAE ONDO〜.ver1」の続編「LET'S MAKE LOVE 〜REGGAE ONDO〜.ver2」が公開!
シュールな内容となっていたver1と同様に、今回もシュールな作品に。注目ポイントとしては歌詞とは全く別の世界観で繰り広げられるテロップ。クスッと笑ってしまう言葉たちが登場し、たまに歌詞にリンクするこの映像は見る者の心を癒していくれること間違いなし。

完全限定生産盤付属の特集本「鯛器晩成」の内容が一部公開!

小林克也と佐藤輝夫の初の対談

名曲「うわさのカム・トゥ・ハワイ」の誕生
(小林)  日本語のラップをやりたいんだけど、どうすればいいのか、まだ見当がつかなかったとき、ハワイにいる日系一世や二世の人たちの言葉がなまっていることに気付いたんです。海外の連中がホテルで開くショーの司会の仕事をすると、ハワイの女の子が「これはええのう」っていう話し方をするんですよ。それって広島弁だから、東京の人はびっくりするんですよ。そこから「ああ、これは使えるかもしれない」と思った。そこでテルちゃんに「ハワイみたいな日本語でラップをやるから曲を作ってよ」と言ったら、この曲を作ってくれたんですよ。
(佐藤) いわゆる黒人のラップとは世界が違うし、ハワイというキーワードもあったので、じゃあハワイアンディスコ的なファンクでいこうと。サビは動くけど、限りなくワンコードというシンプルなイメージだけで曲を作った。それからミュージシャンを集めてスタジオに入った。その時、たしか克也さんは曲を聴きながら歌詞を完成させていた。そこにいたスタッフ、全員が大ウケして(笑)。

「鯛 〜最後の晩餐〜」楽曲解説
――「LET,S MAKE LOVE 〜RAGGAE ONDO〜」は、“ボブ・マーリー meets大滝詠一”といった味わいの曲ですね。
(小林)これはテルちゃんが〈ワンラブ ツーラブ〉と作ったのを、俺がいいなあと思ったんだよね。
(佐藤)大滝さんが掲げていた「音頭は日本が誇る音楽文化」という意思の継承です。レゲエと同じオンビートでやるという発想から始まって、克也さんに相談して、レゲエと音頭を一つにした曲を作りたいと。歌詞は克也さんにずいぶん直されましたけど。
(小林)直すというか無責任にツッコんだ。ドアーズの「ラヴ・ミー・トゥー・タイムス」もちょっと入っている。これを1曲目にしようかとも思ったんだけど、後ろのほうが活きると思ってね。

小林克也が出会ってきた海外ミュージシャン
・エルトン・ジョン
(小林)彼が言ったことで印象的だったのは、70年代の終わり、自分は、まあ軽いノイローゼ状態がずっと続いていた、という話。パンクとかニューウェーブとか新しい音楽が勃興して、自分は何やってるんだろう、何が新しいのかを追求しなきゃダメなんだろうかっていう葛藤があったんだって。
で、そのときにエルトン・ジョンが出した結論は、「みんなショウビズっていう根本のところは変わらない」っていうことだったみたいだね。

「LET'S MAKE LOVE 〜REGGAE ONDO〜.ver1」 Music Video公開!

3月21日リリースのアルバム「鯛 〜最後の晩餐〜」より「LET'S MAKE LOVE 〜REGGAE ONDO〜.ver1」ミュージックビデオを公開!是非チェックください。

Music Video 7曲一挙公開!

アルバム「鯛 〜最後の晩餐〜」収録曲の「ナムアミダブツ IN 九品仏」「あるパティシエの愛」「SHOWA WOMAN」「FOOL FOR YOU 〜コンチキショウ〜」「豊満な満月 〜フムフム・ヌクヌク〜」「お茶物語」そして完全生産限定盤に入っている特典Discより「コンニチワ・エブリバディ」の合計7曲のMusic Videoが完成。
YouTubeにて公開しましたので、是非チェックください。

■「ナムアミダブツ IN 九品仏」ver1



■「ナムアミダブツ IN 九品仏」ver2


■「あるパティシエの愛」


■「SHOWA WOMAN」


■「FOOL FOR YOU 〜コンチキショウ〜」


■「豊満な満月 〜フムフム・ヌクヌク〜」


■「お茶物語」


■「コンニチワ・エブリバディ」

ジャケット写真&完全生産限定盤付属の豪華特集本の内容公開

3月21日発売のオリジナルアルバム「鯛 〜最後の晩餐〜」のジャケット写真が完成しました。
タイトルにある「鯛」を最大のモチーフにしつつ、レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」を彷彿とさせる「13人の小林克也」が描かれており、独創的で印象の強い仕上がりとなりました。

完全生産限定盤に付属される「ぴあ」編集の豪華特集本の内容詳細も決定。
タイトルは「鯛器晩成」。
この作品にかけた長い時間と「鯛」をかけたユーモアのあるタイトルと。100Pにも及ぶ特集本は、活動開始当初からのオリジナルメンバー佐藤輝夫と小林克也の初の対談や、今まで小林克也が出会ってきた海外ミュージシャンたちとの思い出、さらに豪華国内アーティストからのメッセージ、小林が今までの77年を改めて振り返り、今だから話せる過去の秘蔵トーク、そして本人の言葉によるこの先、未来への提言など、盛りだくさんな内容となっています。



■完全生産限定盤:2CD+MOOK / VIZL-1355 / ¥5,500+tax


■通常盤:CD / VICL-64984 / ¥3,000+tax

PAGE TOP

メディア

ラジオ

Age Free Music!

2018.04.26 (木)

NACK5 / 24:00 〜25:00

ゲスト出演!

https://www.nack5.co.jp/program_594.shtml?date=2012-10-18

J-POP TALKIN'

2018.05.12 (土)

NACK5 / 22:00 〜22:30

2週ゲスト出演!5/12(土)5/19(土)

https://www.nack5.co.jp/program_901.shtml?date=2013-08-31

PAGE TOP

アーティスト情報について

テレビ、ラジオのOA日時・出演時間、掲載誌の発売日等は、変更になる場合があります。予めご了承下さい。