Dragon Ash

Dragon Ash

ニュース

最新情報 降谷建志:新曲「Playground」の初オンエア決定!

7月25日(水)にリリーする、シングル「Playground/ワンダーラスト」に収録される新曲「Playground」が、7月18日(水)にJ-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」で初オンエアされることが決定!


<オンエア解禁情報>
楽曲:Playground
番組名:J-WAVE(81.3FM)「STEP ONE」
毎週月〜木9:00〜13:00
番組ナビゲーター:サッシャ/寺岡歩美(sugar me)
番組HP:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

降谷建志:映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ 新曲「ワンダーラスト」先行配信スタート!

「ワンダーラスト」はソロ活動を再開した降谷建志が、約2年7ヶ月ぶりにリリースする楽曲で、7月6日(金)からいよいよ公開となる、映画『虹色デイズ』のエンディング・テーマとして、書き下ろされた楽曲である。青い季節に感じる、過ぎていく日々に対する切なさと。未来への希望を降谷建志らしい、サウンドとメロディーで表現している。

<配信情報>
2018年7月4日 配信開始
楽曲タイトル:「ワンダーラスト」
各主要配信サイトで一斉配信

配信はこちら
https://jvcmusic.lnk.to/kj_playwander

降谷建志「Playground / ワンダーラスト」CDショップ先着購入特典決定!

「Playground / ワンダーラスト」CDショップ先着購入特典決定!


その内容は“降谷建志 オリジナル 3WAY ステッカー”(絵柄は全5種)!
文字通りステッカーとして楽しめる事はもちろん、スペシャルコンテンツが楽しめるAR機能とオリジナルグッズが当たる抽選応募券が附属した1枚で3WAYの楽しみ方が出来るスペシャルステッカーとなっている。
特典の数には限りがあるので、ご予約はお早めに。

<対象商品>
2018年7月25日(水)発売 W-A Side Single「Playground/ワンダーラスト」
完全生産限定盤VICL-37418 / ¥1,000+税


<特典>
降谷建志 オリジナル 3WAY ステッカー

1. オリジナル・ステッカー
2.スペシャルコンテンツが楽しめるAR機能付き

STEP1: AppStoreまたはGooglePlayでCOCOAR2を検索または下記QRコードからアプリをダウンロードしてください。
STEP2: COCOAR2を起動してカメラをステッカーの中面の画像にかざしてください。
STEP3: スペシャルコンテンツが表示されますのでお楽しみください。

3. オリジナル・スマホリング抽選応募券付き
応募抽選で“降谷建志オリジナルスマホリングを100名様にプレゼント”
※詳細はお渡しするステッカーをご確認下さい。

<対象店> 
[絵柄A] TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。


[絵柄B] タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン


[絵柄C] HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online


[絵柄D] Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。


[絵柄E]Rakutenブックス


※Amazon.co.jpにおいて、特典つきでない商品を予約済みの場合特典はつきません。特典を希望される場合は、一旦キャンセルの上特典付き商品をご予約下さい。
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※一部、取扱いのない店舗もございますのでご了承ください。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。

降谷建志:「ワンダーラスト」×Spotify楽曲シェアキャンペーン開催!

「ワンダーラスト」×Spotify楽曲シェアキャンペーン開催!
〜Spotifyから楽曲シェアするとオリジナルラバーバンドが当たる!〜

開催期間:2018年7月4日(水)0:00〜7月17日(火)23:59

降谷建志「ワンダーラスト」をSpotifyから楽曲シェアする際、期間内にハッシュタグ「#wanderlust_share」を付けてTwitterに投稿すると、抽選で3名に“降谷建志オリジナルラバーバンド”をプレゼント致します!

<応募方法>
(1)Spotifyで「ワンダーラスト」を検索し、再生。

(2)再生中に、…(ドットのアイコン)から「シェアする」を選んで、Twitterに楽曲をシェア投稿。その際にキャンペーンハッシュタグ「#wanderlust_share」を忘れずにつけてください。期間内であれば何度でもシェア(応募)可能です。

▽シェア方法はこちら
https://support.spotify.com/jp/using_spotify/the_basics/sharing-music/


(3)ご当選者様にはビクターエンタテインメント公式Twitter(@VictorMusic)よりダイレクトメッセージでご案内いたしますので、@VictorMusicのフォローを宜しくお願いいたします。

※鍵付きのアカウントの方は鍵を外してキャンペーンにご参加ください。キャンペーンハッシュタグ検索してもツイート表示されない場合、ご応募いただいていても無効となってしまいます。


<当選者発表>
当選者にはTwitterのビクターエンタテインメント公式アカウントから、7月24日(火)までにダイレクトメッセージ(DM)でお知らせいたします。
必ず公式アカウントをフォローしてください。

降谷建志:映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ「ワンダーラスト」異なる2作のMusicVideo公開!

降谷建志の7月25日発売W-A Side Single「Playground / ワンダーラスト」に収録される「ワンダーラスト」のミュージック・ビデオが2作同時公開。

Dragon Ashのフロントマンとしてロックシーンの最前線で活躍しつづける一方、さまざまなアーティストのプロデュースや客演参加など精力的な活動を重ねてきた“Kj”こと降谷建志。約2年7ヶ月ぶりとなるリリースはW-A Side Singleとなる「Playground / ワンダーラスト」。ここに収録される「ワンダーラスト」は7月6日(金)に公開となる映画『虹色デイズ』のエンディング・テーマとして書き下ろされた楽曲であるが、今回は同楽曲に対し2本の全く異なるミュージック・ビデオが制作された。

1本は映画『虹色デイズ』の映像を使用して制作された“映画『虹色デイズ』ヴァージョン(Ver.)”。監督は同映画の監督を務める飯塚健。映画の未公開映像も盛り込んだ、このビデオだけで1つのストーリーを感じさせる作品となっている。
もう1本は人気ユーチューバー、れーと先生が監督を務めた“オリジナル・ヴァージョン(Ver.)”。降谷自身が同氏のYOUTUBE作品のファンであるということから監督を依頼。れーと先生の“VFXを用いて、日常に非日常を持ち込む手法”が好きとのことで、演出内容も同氏にほぼお任せでの制作となった。通常のミュージック・ビデオ・クリエーターではありえない作風のミュージック・ビデオが仕上がり、異色のコラボといえる作品となった。


<「ワンダーラスト」ミュージック・ビデオ>

“映画『虹色デイズ』Ver.”


Gyao!:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10145/v0994000000000543645/


“オリジナルVer.”

Gyao!:https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10145/v0994000000000543646/

降谷建志:映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ「ワンダーラスト」が「dヒッツ」で独占先行配信開始!

映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ「ワンダーラスト」が「dヒッツ」で独占先行配信開始!

映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ、降谷建志の新曲「ワンダーラスト」が定額制音楽配信サービス「dヒッツ」にて独占先行配信スタート。
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/kenji/20180627/news/


また、「ワンダーラスト」をmyヒッツ頂いた方に「降谷建志サイン入りオリジナルタオル」プレゼント決定!

「ワンダーラスト」をmyヒッツ頂いた方の中から応募抽選で3名様に「降谷建志サイン入りオリジナルタオル」をプレゼントいたします。

<応募期間>2018年6月27(水)〜7月10日(火)23:59
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/kenji/20180627/

降谷建志 新曲「Where You Are」が SUBARU「レヴォーグ」CM ソングに決定!!

新曲「Where You Are」がSUBARU「レヴォーグ」CM ソングに決定!!

この度最新楽曲「Where You Are」がSUBARU「レヴォーグ」CMソングに決定。
「Where You Are」は「人生を走ろう」のテーマで制作されたSUBARU「レヴォーグ」のCMに疾走感と広がりを感じさせる楽曲となっている。なお、「Where You Are」のリリースは未定である。


SUBARU「レヴォーグ」



商品情報: https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

ROCKET DIVE/Dragon Ash 配信開始!

ROCKET DIVE/Dragon Ash の配信が本日開始!

hide没後20周年プロジェクト「hide 20th Memorial Project」の一環として制作される作品「hide TRIBUTE IMPULSE」にDragon Ashが参加。
アルバムに収録されたROCKET DIVE/Dragon Ashが主要配信サイトで配信されます!

ダウンロードはこちら>>

降谷建志 W-A Side Single「Playground / ワンダーラスト」リリースが決定!

Dragon AshのKjこと降谷建志のソロプロジェクト再始動!
2018年7月25日にW-A Side Single「Playground / ワンダーラスト」をリリースすることが決定!!



1997年の1stリリース以来、Dragon Ashのフロントマンとしてロックシーンの最前線で活躍しつづける一方、さまざまなアーティストのプロデュースや客演参加など精力的な活動を重ねてきた“Kj”こと降谷建志。その“音楽家・降谷建志”としての日々の創作活動を作品に落とし込んだ1stアルバム『Everything Becomes The Music』を2015年にリリース。作詞、作曲だけでなく、全ての楽器演奏に至るまで降谷本人が手がけた本アルバムは、タイトルが表すように、生活のあらゆる出来事が音楽に消化され、多くの人々の生活に、時に寄り添い、時に勇気をくれるようなロックアルバムとなった。その後、ソロとしての活動の継続を示唆するようにシングル「Prom Night」をリリース。2016年に入って以降は20週年を迎えるDragon Ashの活動に専念していたが、今回、いよいよソロプロジェクトの再始動となった。

この度発表されたシングルはメイン2曲をフィーチャーしたW-A Side Single。
「ワンダーラスト」は、この夏7月6日(金)全国公開される話題の映画『虹色デイズ』のエンディング・テーマとして書き下ろされた楽曲。映画は4人の男子高校生を主人公とした感動の青春ストーリーで、「ワンダーラスト」はそのラストシーンをドラマチックに彩っている。
そして、もう1曲の表題曲は「Playground」。この楽曲がこれから動き出すソロプロジェクトを示唆する重要な楽曲となるので楽しみにして欲しい。


■リリース情報

降谷建志
W-A Side Single「Playground / ワンダーラスト」

2018年7月25日 リリース
完全生産限定盤:VICL-37418 ¥1,000+税

M1. Playground
M2. ワンダーラスト 〜映画『虹色デイズ』エンディング・テーマ
LYRICS & MUSIC by KENJI FURUYA

☆降谷建志 1st LIVE TOUR 2018先行抽選シリアル封入

降谷建志「1st LIVE TOUR 2018」決定!

ソロとしては初!「1st LIVE TOUR 2018」決定!

ライブメンバーは、ギターはPABLO (Pay money To my Pain / POLPO)、ベースは武史(山嵐 / OZROSAURUS)、キーボードは渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、ドラムはおなじみ桜井誠(Dragon Ash)。

これまではフェスを中心にライブ活動を行っていたが、発表された初のツアーでは全国6箇所、6公演を予定している。そして、シングル「Playground / ワンダーラスト」には本ツアーの先行抽選シリアルが封入される。シングルは完全生産限定盤となるのでご予約はお早めに!


<ライブ情報>
降谷建志 1st LIVE TOUR 2018

10/22(月) 名古屋 CLUB QUATTRO 18:30/19:30
(問) JAILHOUSE 052-936-6041

10/23(火) 梅田 CLUB QUATTRO 18:30/19:30
(問)GREENS 06-6882-1224(平日11:00〜19:00)

11/12(月) 渋谷 CLUB QUATTRO 18:30/19:30
(問) DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00〜19:00)

11/14(水) 仙台 Rensa 18:30/19:30
(問) チケットGIP 022-222-9999

11/21(水) 広島 CLUB QUATTRO 18:30/19:30
(問) YUMEBANCHI(広島) 082-249-3571

11/22(木) 福岡 BEAT STATION 19:00/19:30
(問)BEA 092-712-4221

チケット一般発売日:2018年9月1日(土)10:00〜
前売:\5,500(税込)D別

「Amazon Music Unlimited」で Kj の音声コンテンツ『Side by Side』がスタート!

音楽ストリーミングサービスの「Amazon Music Unlimited」で、Dragon Ash(Kj)の音声コンテンツ『Side by Side(サイド バイ サイド)』がスタート!


『Side by Side』は、アーティスト自身が厳選した楽曲についての思い出や制作秘話を聴くことができる音声コンテンツ。「Amazon Music Unlimited」の会員限定で配信されています。

Amazon Music Unlimitedのアプリをダウンロードいただき、「Side by Side」で検索してお楽しみください!

■Amazon Music Unlimitedのアプリのダウンロードはコチラ


★Amazon Music Unlimited内「Side by Side - Dragon Ash」へのリンクはコチラ


■Echoからの呼び出し方
「Side by Side」は<Amazon Echo>から聴くこともできます。
その場合は「Alexa、Side by Side  Dragon Ashをかけて」とAlexaにリクエストいただくと再生いただけます。

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#9公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#9はなんと...!!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#8公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#8 はメンバーの父親である俳優のあの方が登場!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#7公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#7は大木伸夫(ACIDMAN)さん!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#6公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#6はPESさん!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#5公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#5はD.A.CREWのみなさん!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#4公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#4公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#4は金子ノブアキ(RIZE)さん!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#3公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#3は有泉智子(MUSICA 編集長)さん!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!#2公開!

「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画!
#2は新井浩文さん!

バンドゆかりの著名人がDragon Ashに切り込む! 「Dragon Ashと10人のインタビュアー」映像企画スタート!

ライブ映像作品『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』の完全生産限定20th Anniversary記念パッケージに付属される、全400ページにおよぶ超ボリューミーなインタビューBOOK“Intervista(インテルビスタ)”の発刊を記念して、「Dragon Ash と10人のインタビュアー」と題した、インタビュー映像企画をスタート!

内容はいたってシンプル。
「Dragon Ashに1つだけ質問するとしたら?」とのお題で、バンドへのかかわりも深い10人の著名人から質問をいただき、それにバンドが答える。

果たして、質問者は誰か?唯一の質問は?メンバーがどのような言葉を返すのか?

記念すべき初回のインタビュアーは氣志團の綾小路 翔さん!
あっと驚くインタビュアーも登場するので全10回お見逃しなく!

『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』先行映像公開!

初公開のライブシーンなど満載!
『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』から先行視聴映像公開!

「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」完全生産記念パッケージ 仕様画像公開!

「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」
2018.3.28 Release

完全生産限定盤(Blu-ray):VIZL-1357 / \7,980+tax
完全生産限定盤(DVD):VIZL-1358 / \6,980+tax

<完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ(Blu-ray/DVD共通)>

・全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK“Intervista(インテルビスタ)”
・2018年1月28日(水)横浜アリーナ当日の写真を満載した全52Pカラーフォトブックレット封入
・豪華ボックス仕様





「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」オリジナル特典画像公開!

Dragon Ash がデビュー20周年を締めくくるメモリアルなライブとして1月28日に行った横浜アリーナ公演を完全映像化したライブ映像作品「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」のリリースを記念して、CDショップの豪華先着購入ダブル特典画像公開!
その内容は、20年にわたる全リリース作品のジャケットを網羅したALL CD JACKETマグネットシートと、横浜アリーナ公演のアンコール後にメンバーとオーディエンスで撮影を行った写真で作られるポスター!特典の数には限りがあるので、ご予約はお早めに。

<特典>
◆ALL CD JACKETマグネットシート(A4サイズ)


◆YOKOHAMA ARENA MEMORIAL POSTER(A2サイズ)



<対象商品>
2018年3月28日(水)発売
LIVE Blu-ray&DVD
『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』
●Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ VIZL-1357 / ¥7,980+税
●DVD完全生産限定盤20th Anniversary記念パッケージ VIZL-1358 / ¥6,980+税
●Blu-ray通常盤 VIXL-216 / ¥6,000+税
●DVD通常盤VIBL-885 /¥5,000+税

<対象店> 
◆TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。

◆タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン

◆HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online

◆Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

◆Rakutenブックス
※Rakutenブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

※Amazon.co.jp、Rakutenブックスにおいて、特典つきでない商品を予約済みの場合特典はつきません。特典を希望される場合は、一旦キャンセルの上特典付き商品をご予約下さい。
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※一部、取扱いのない店舗もございますのでご了承ください。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。

「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」全収録楽曲とジャケット写真公開!

「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」全収録楽曲とジャケット写真公開!

「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」の収録楽曲は全24曲。横浜アリーナで開催された“Dragonash Live Tour MAJESTIC Final”のライブステージを完全収録!本ライブは、アルバムツアーを締めくくるメモリアルなステージであるとともに、ファンの記憶に深く刻まれている1999年アルバム『Viva La Revolution』のツアーファイナル以来、じつに19年ぶり、2度目の横浜アリーナ公演となる。
最新アルバムからの楽曲に往年の人気曲も幅広く加えたベスト選曲といえる内容である。WOWOWで生放送された内容とは異なり、複数台のスペシャルカメラを追加した完全別編集・別ミックスのコンプリート・エディションとなる。サウンドは、Dragon Ashのメインエンジニア飛澤正人氏が提唱する新機軸のステレオサウンド「VR SOUND」のミックス手法を採り入れ、ライブ会場の臨場感と立体感を追体験できる迫力あるサウンドに仕上がっている。ライブのオープニングからアンコールのさらにその先まで127分、余すことなく収録される。

そして、【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】と題したスペシャルパッケージに付属する、全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK“Intervista(インテルビスタ)”も完成。1997年以降、20年間にわたる30本以上のメンバー・インタビューを作品の歩みに即して編纂した初のインタビュー集となる。さらに、横浜アリーナ当日の写真を満載した全52ページのカラーフォトブックレット封入や豪華ボックス仕様など、特別な仕様となる【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】、ご予約はお早めに!


■リリース情報
2018年3月28日(水)発売
LIVE Blu-ray&DVD
『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』

●Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
VIZL-1357 ¥7,980+税
●DVD完全生産限定盤20th Anniversary記念パッケージ
VIZL-1358 ¥6,980+税
●Blu-ray通常盤
VIXL-216 ¥6,000+税
●DVD通常盤
VIBL-885 ¥5,000+税

【収録楽曲】*4形態共通
1. Majestic
2. Stardust
3. Mix it Up
4. PULSE
5. 光りの街
6. Ode to Joy
7. Singin' in the Rain
8. Walk with Dreams
9. TIME OF YOUR LIFE
10. Circle
11. Headbang
12. Faceless
13. The Live
14. Beside You
15. 静かな日々の階段を
16. Jump
17. 百合の咲く場所で
18. Fantasista
19. Lily
20. A Hundred Emotions
Encore
21. Viva la revolution
22. Drugs can't kill teens
23. 繋がりSUNSET
24. Curtain Call


【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】*Blu-ray、DVD共通
●全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOK“Intervista(インテルビスタ)”つき
●2018年1月28日(水)横浜アリーナ当日の写真を満載した全52Pカラーフォトブックレット封入
●豪華ボックス仕様



20th Anniversary記念パッケージ


通常盤:Blu-ray


通常盤:DVD

「Dragonash Live Tour MAJESTIC Final」@横浜アリーナ(1/28) Live レポート

Dragonash Live Tour MAJESTIC Final       
2018年1月28日(日)開場17:30 開演18:30
@横浜アリーナ

Live Photo>>



ロックバンドの誇りが鳴り響く
巨大なライブハウスと化した19年ぶりの横浜アリーナ公演


 デビュー20周年を迎えた2017年に行われた全国ツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』。そのツアーファイナルを飾る『Dragonash Live Tour MAJESTIC Final』が、1月28日に横浜アリーナで開催された。Dragon Ashが横浜アリーナでワンマン公演を行うのは、1999年に行われた『Dragon Ash Tour Freedom of Expression』のファイナル以来、約19年ぶりとなる。

 開演前からすでに熱気に満ちた会場が暗転すると、ステージの上に設置されたスクリーンに、ターンテーブリスト、BOTSが映る。サンプリングしたディストーションギターを駆使して「威風堂々」を奏で、スクリーンに最新アルバム『MAJESTIC』のロゴが映し出されると、場内から割れんばかりの拍手と大歓声が沸き起った。そして、最新アルバム『MAJESTIC』の冒頭を飾るインスト曲「Majestic」が流れ、ダンサーのATSUSHIがスポットライトの下で羽ばたくように動き出し、続いてDRI-Vも力強いステップを踏み出すと、ステージにメンバー全員が登場。ベーシスト、KenKenの側には初代べーシスト、IKUZONEをイメージした赤と青のシャツが飾られている。スクリーンに大きな樹と飛び立つ鳥のイメージが映され、「Stardust」が力強く鳴り響いた瞬間、いくつものレーザーの光がアリーナを貫くと、地鳴りのような歓声が沸き起こる。デビューから20年を経てなおラウドな音を鳴らし続けるバンド、Dragon Ashによる巨大なロックショウの始まりだ。

 生放送の音楽番組で演奏され、大反響を呼んだ「Mix it Up」のアグレッシヴな音が轟くと、最前エリアがモッシュとダイブの坩堝と化す。Dragon Ashのショウは、全身で音を楽しむ観客たちの熱狂と共に作られていく。Dragon Ashのライブスピリットを宣言する「Mix it Up」のリリックにも描かれているように、とことん熱狂しながらも、互いにマナーと思いやりを持って楽しむのがDragon Ashファンの心意気だ。今回のツアーの定番カバー曲となった、Dragon Ash全員が敬愛するTHE MAD CAPSULE MARKETSの「Pulse」では、会場中がシンガロング。後方エリアでも、ヘッドバンギングをしたり身体を揺らしたり、皆思い思いに楽しんでいる姿が見える。

 それはステージの上も同様だった。昨年のツアー本篇では、ステージにメンバー7人全員が立ち並ぶのがやっとというキャパのハコもあったが、この日は大きなステージを存分に使い、バンドもダンサーたちもダイナミックに動く。「とびはねろ!」というKjの声が響いた「Ode to Joy」では、ミュージックビデオと同様にダンサーのDRI-Vが、デジタルポイでDragon Ashのロゴを描く光のパフォーマンスを披露。ダンサーのATSUSHIも得意の薄布を使ったパフォーマンスを見せる。激しいギターリフが轟き始まった「Singing’ in the Rain」では、赤いマスクをかぶったDRI-Vがダークな動きで客席を煽っていく。

 IKUZONEのラストレコーディング曲「Walk with Dreams」の柔らかくも激しい音が会場を包むと、ATSUSHIがIKUZONEのイメージカラーである赤と青の布を大きく振りながら踊る。最前エリアの客も赤と青の布を高らかに掲げて応える。今もDragon AshはIKUZONEと共にステージに立っている。そんなIKUZONEの親友でもあるベーシスト、KenKenがベースを鳴らすと、その指先からレーザーが出現。スラップベースを合図に最強のライブチューンが始まると、スクリーンに赤と青のイメージが様々な形を描きながら映し出されていく。20周年を迎えた2017年に開催されたツアーの最後を飾るファイナルとはいえ、過去を振り返らずに本篇と同じく通常のアルバムツアーを貫くセットリスト(演奏曲目)に、革新し続けるロックバンドとしてのプライドが光る。

 それでも、20周年を迎えられたのは彼らを支持し続けてきたファンという、心強い存在があったからこそ。桜井誠の力強いドラムで始まった「Beside You」は、そんな”あなたたち”に向けられたDragon Ashからのラブソングだ。リリックをかみしめるように歌うKj。スクリーンに映るその瞳には、胸に強くこみ上げる思いが浮かぶ。「静かな日々の階段を」では、HIROKIが奏でる柔らかなギターに合わせ、ハンドマイクで歌うKj。それぞれの人生の浮き沈みに寄り添ってきたであろう歌と調べが響く中、ふと側を見ると、静かに涙を拭う人の横顔が見える。

 メランコリックなヘヴィーチューン「Jump」では、手拍子と共に会場中がジャンプ。「タオル持ってるんだろ?ぶん回せヘリコプター!」の声で全員がタオルを回す幸せな光景が広がっていく。そして、「百合の咲く場所で」のイントロが流れ、場内から熱い歓声が上がった瞬間、ふと、19年前の横浜アリーナでのステージの記憶が蘇る。デビューから2年。19歳でつかんだ大きな栄光。そこからのバンドの道程は決して平坦ではなかった。けれど、いくつもの嵐を超えたその歌と音は19年前よりもずっと力強く、はるかに美しい。

「お前らがいたらライブハウスみたいなもんだ!」
 そう叫ぶKjの声を合図にアリーナが再びモッシュの坩堝と化した「Fantasista」を披露した後、Kjが観客に向かって言う。

「俺、20年ロックバンドをやってて、今の時代のロックバンドがいちばんかっこいいと思ってて。祭日だろうが平日だろうが、ライブハウスでは絶対カッコいいロックバンドがいる。もちろん俺らの仲間もいるけど、見たこともないバンドもいて。もし音楽が好きで、モッシュとかしてくれるなら、お願いです、そのままライブハウスに足を運んでください」

 20年前。意気揚々とデビューした直後、期待していたほどの集客が望めず、「ライブは嫌い」と言っていた10代のKj。やがて自分たちの音楽と存在が注目を集め、多くの人に支持されるようになり、今やDragon Ashは日本のロックシーンを代表するライブモンスターとなった。しかし、その始まりは小さなライブハウスだった。昨年開催された『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』で多くのライブハウスを回り、自らの原点を再確認したからこその言葉に、熱い歓声が轟く。観客の歌声で幕開けた「Lily」では、最後のサビに差し掛かると、HIROKIのギターだけをガイドに、観客の歌声が美しく響く。それは20年前、10代の少年たちが夢見ていた理想の光景だった。

「ありがとうございました!」
 Kjの声を合図に、音楽へのモチベーションを歌い綴ったエモーショナルで美しいナンバー「A Hundred Emotions」が鳴り出す。その曲の最後、メンバーの背後から白い鳥が飛び立つ映像が映し出される。今回の映像を手がけたのは、Kjのインストユニット、nidoのメンバーでもある映像作家の吉川寛だ。


「Viva、Viva、la revolution!」
 おなじみのSEで再びステージに登場すると、Dragon Ashの象徴的な1曲「Viva la revolution」がスタート。会場を照らす照明がつき、ハンドマイクで歌うKjと観客が共に20年の轍を歌って祝う。背後ではメンバーが、この曲でいつもIKUZONEがしていた両腕をV字に広げるポーズをとる。ATSUSHIとDRI-Vがステージを降り、客席を練り歩きながら踊る。

「今日はずっと、やっぱバンドってカッコいいなと思って演奏してました。お客さんも輝いてるし、全国をツアーで回ってきて、いろいろ話かけて来てくれる人もいて。ラウドバンドでこんな大きいとこでやれてることは、稀有なことだと思う。交通費や宿泊費を払ったりして、遠くからもみんなが来てくれたことに対して感謝の気持ちでいっぱいです。19歳の時に初めて横アリでやって、今、38歳。あの日から人生のダブルスコアですよ。すごいことだと思いません? 19年後もこんなに愛されて、ロックバンドを続けてられると思ってなかった。最高です」

 Kjと共に10代でDragon Ashを始めたドラムの桜井が客席に向かって話す。「横アリだから特別なことをやることも考えたけど、『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』が手応えのあるツアーだったからこそ、ツアーの雰囲気を味わってもらえるよう、ツアーと変わらないセットリストと雰囲気でやりました。でもせっかくなので、19歳の頃にやってた楽曲をやってみようかなと思ってます。まだ体力余ってるよね」と桜井が続けると、アルバム『Viva La Revolution』からのナンバー「Drugs can’t kill teens」を披露。観客の大合唱で始まった「繋がりSUNSET」は、Kjが20代で得たものを歌ったナンバーだが、大勢のオーディエンスたちの笑顔と歌声を前にして、20年の道程でDragon Ashが得たものを讃える歌へと塗り替えられていく。

「Curtain Call」の美しい轟音が名残りを惜しむように響いた後、「ありがとうございました〜」と、マイクレスで叫ぶKjの肉声が会場にこだまする。KenKenが赤と青のステッカーが貼られたベースを高く掲げる。19年前に作ったグッズを客席に投げ込むBOTS。桜井もドラムのリムを客席に投げ入れる。フィーチャリングもゲストもなく、この夜はメンバー7人だけでステージに立ち、横浜アリーナを巨大なライブハウスにして見せたDragon Ash。彼らの旅はこれからも続くだろう。目の前のあなたたちの笑顔と情熱がある限り。


取材・文/早川加奈子



Live Photo>>


【セットリスト】
Majestic
1 Stardust
2 Mix it Up
3 Pulse
4 光りの街
5 Ode to Joy
6 Singin' in the Rain
7 Walk with Dreams
8 TIME OF YOUR LIFE 
9 Circle
10 Headbang
11 Faceless
12 The Live
13 Beside You
14 静かな日々の階段を
15 Jump
16 百合の咲く場所で
17 Fantasista
18 Lily
19 A Hundred Emotions

EN
1 Viva la revolution
2 Drugs can't kill teens
3 繋がりSUNSET
4 Curtain Call

「Dragonash Live Tour MAJESTIC Final」@横浜アリーナ(1/28) Live Photo






















Photo by:shimboyuki、mao Yamamoto、michitogoto、TAKAHIRO TAKINAMI

20周年イヤーファイナルを飾る横浜アリーナ公演を完全映像化!3月28日リリース決定!

Dragon Ash がデビュー20周年を締めくくるメモリアルなライブとして1月28日に行った横浜アリーナ公演を完全映像化したライブ映像作品「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」が早くも3月28日(水)にリリースされることが決定!

Dragon Ashはデビュー20周年イヤーとなる2017年5月に11枚目のオリジナル・フル・アルバム「MAJESTIC」をリリース。約3年ぶりのアルバムは、タイトルにも表されているように威風堂々としたバンドの金字塔と言えるアルバムとなった。アルバムリリース直後から、ツアー「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」を約5ヶ月間に渡り開催、全国31ヶ所32公演のライブを行った。そして、遂にツアーファイナルとなる、「Dragonash Live Tour MAJESTIC Final」が1月28日に横浜アリーナで行われた。
Dragon Ashが横浜アリーナでの単独公演を行うのは実に約19年ぶり、1999年10月17日に行われた「Viva La Revolution」のアルバムツアー“Dragon Ash Tour「Freedom of Expression」”のファイナル以来2度目となった。

3月28日(水)にリリースが決まったBlu-ray & DVD作品「Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA」ではこの記念すべきライブをオリジナル編集の上、完全収録。最新アルバムからはもちろんのこと、往年の人気曲まで幅広く加えたまさにベスト選曲と言えるような20周年を締めくくるにふさわしい内容となっている。そして、【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】と題したスペシャルパッケージは全400ページにおよぶ超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOKつき。1997年以降、20年間にわたるメンバーインタビュー30本以上を作品の歩みに即して再編集した初のインタビュー集となる。時代の寵児としてシーン最前線を駆け抜けてきたDragon Ashの過去から未来までを読み解くファン必読・必携の内容。そして、横浜アリーナ当日の写真を満載したカラーフォトブックレット封入、さらに豪華ボックス仕様となる。20周年プロジェクトのファイナルリリースとなる今回限りの【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】、ご予約はお早めに!


【リリース情報】
2018年3月28日(水)発売
LIVE Blu-ray&DVD
『Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA』

●Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
VIZL-1357 / ¥7,980+税
●DVD完全生産限定盤20th Anniversary記念パッケージ
VIZL-1358 / ¥6,980+税
●Blu-ray通常盤
VIXL-216 / ¥6,000+税
●DVD通常盤
VIBL-885 / ¥5,000+税

【収録楽曲】*4形態共通

【完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ】*Blu-ray、DVD共通
●約400ページに渡る超ボリューミーな内容のDragon Ash初のインタビューBOOKつき
●2018年1月28日(水)横浜アリーナ当日の写真を満載したカラーフォトブックレット封入
●豪華ボックス仕様

【タワーオンライン】
●Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676136
●Blu-ray通常盤
http://tower.jp/item/4676137
●DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tower.jp/item/4676134
●DVD通常盤
http://tower.jp/item/4676135

【HMV&BOOKS online】
●Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561452
●Blu-ray通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561454
●DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561453
●DVD通常盤
http://www.hmv.co.jp/product/detail/8561455

【TSUTAYAオンラインショッピング】
●Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkxq/
●Blu-ray通常盤
http://tsutaya.jp/q07dwkp0/
●DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://tsutaya.jp/e07dwkqg/
●DVD通常盤
http://tsutaya.jp/d07dwk59/

【Amazon】
●Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BSVPP4/
●Blu-ray通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BPPWKY/
●DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://www.amazon.co.jp/dp/B079BR9YPZ/
●DVD通常盤
http://www.amazon.co.jp/dp/B079C4WG61/

【Rakutenブックス】
●Blu-ray完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337055/
●Blu-ray通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337056/
●DVD完全生産限定 20th Anniversary記念パッケージ
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337057/
●DVD通常盤
http://books.rakuten.co.jp/rb/15337058/

【ビクターオンラインショッピング】
●Blu-ray完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1357
●Blu-ray通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIXL-216
●DVD完全生産限定20th Anniversary記念パッケージ
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIZL-1358
●DVD通常盤
http://victorentertainmentshop.com/products/?item_cd=VIBL-885

「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018」にノミネート決定!

スペースシャワーTVが主催する「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018」の「BEST PUNK/LOUD ROCK ARTIST」にDragon Ashのノミネートが決定しました!

オフィシャルサイトでは一般投票により決定する賞「PEOPLE'S CHOICE」の投票を受付中です。
あなたが思う、2017年に発表した作品や活動が最も素晴らしかった“アーティスト”に投票してください!

また、3月1日(木)ににパシフィコ横浜 国立大ホールで開催する授賞式に抽選で合計4,500名様をご招待いたします。
詳細はオフィシャルサイトをチェック!

https://awards.spaceshower.jp/

「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」@Zepp Tokyo レポート

今年、デビュー20周年を迎えたDragon Ash。
6月8日(木)にスタートした約3年ぶりとなるアルバムツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』は、来年1月28日(日)に行われる横浜アリーナでの公演を前に、全国30か所31公演、怒涛のライヴハウスツアーファイナルとなるZEPP Tokyo公演を10月3日(火)に開催した。

BOTSのスクラッチが鳴り響くと、満杯の場内から怒涛のような歓声が沸き起こる。デビュー20周年を祝うツアーであり、全国30か所、計31公演のライヴハウスをめぐる約4か月の旅を締めくくる一夜となったこの日の公演は完全ソールドアウト。まさに並々ならぬ期待と熱気に包まれた会場に最初に放たれたのは、アルバム『MAJESTIC』の冒頭を飾る「Stardust」だ。HIROKIのギターソロを合図に、場内のテンションが一気に頂点に達する。TV出演の際もライヴハウスでの熱気そのままに見せつけた「Mix it Up」が追い討ちをかけると、満杯のフロアは一瞬でモッシュとダイブの坩堝に。続く「Pulse」は敬愛するTHE MAD CAPSULE MARKETSのカバー。ツアー初日から観客が大熱唱する盛り上がりを見せていたが、この日はもはや、ライヴが始まってまだ10分足らずという事実が信じられないくらいの盛り上がりぶり。デビュー20周年の節目に挑んだ、怒涛のライヴハウスツアーは、数万人規模の大型フェスで引っ張りだこのライヴモンスター・バンドをまたもや次のレベルへと押し上げたようだ。

その事実を目の当たりにしたのが、Kjも参加する「東北ライヴハウス大作戦」のタオルを掲げるオーディエンスの姿も見えた「光りの街」と、「Ode to Joy」だった。被災地の子供たちとの出会いから生まれた「光りの街」は、ツアーの日々を経てよりいっそうの優しさと希望に満ち溢れたライヴチューンへと進化。「Ode to Joy」ではダンサーのDRI-Vがグラフィック・ポイで光のジャグリングを披露するなど、ダンサー陣のいるバンドだからこその表現で観客を楽しませる。

ステージに光の柱が現れた「Circle」、「Headbang」とアグレッシヴなライヴ賛歌が続くゾーンでは、フロアに大きなモッシュピットが出現。BOTSがさらに、「最後だぞー!」と叫びスクラッチで場内を煽ると、クラウドサーファーが大量発生。「かかってこいやー!」というドラムの桜井の声も加わり、もはやカオス状態のフロアに畳み掛けるように「Faceless」、「The Live」とアッパーチューンが続く。場内の至るところでヘドバンも繰り広げられた「The Live」では、オーディエンスの力強いシンガロングが響き渡る。音楽に込められた熱と思い。それがしっかりと伝わっていることを実感するこの幸せな場面こそ、ほとんど観客のいないステージに立っていた20年前のDragon Ashが夢見ていた光景そのものだ。

20年を共に歩んできたファンへの感謝が込められた「Beside You」の後に披露された「静かな日々の階段を」では、ハンドマイクで歌うKjが、言葉の一つ一つを観客に語りかけるように歌う。そして、フリースタイルの英語ラップに続けて、盟友、RIP SLYMEの「ONE」のバースを披露。TMCやDSMといったイベントを開催し、フィーチャリングやコラボを通してさまざまなメンツと競演してきたDragon Ashの軌跡を垣間見たその瞬間、フロアから大歓声があがる。

「ライヴハウスは自由な場所だ。全部解き放ってくれ!」

本編のラスト曲「A Hundred Emotions」が始まる直前、Kjが言う。ジャンルや常識の壁を超え続けた革命精神と、どんな時も前を向く力をくれた音楽と歌。20年間、オーディエンスにとってDragon Ashはずっと人生の糧となる存在であり、ヒーローであり続けてきた。その事実は、Dragon Ash自身にとっても大きな支えであり、誇りだ。だからこそ彼らは、それぞれの悩みや事情をほんのひと時忘れ、共に喜びと自由を分かち合えるライヴという場所を何よりも大切にしてきた。ファンもそれをよく知っている。だからこそ、Dragon Ashのオーディエンスにはモッシュやダイヴに対するマナーと思いやりを心得た人が多い。巻き込まれたくないなら、後方でじっくり楽しむのもありだ。とかく禁止されがちなダイヴやモッシュだが、すべては明日を生きるためのつかの間の自由であり、大切な糧なのだ。

「20年はあっという間。30年、40年後はHIROKIさんが杖ついてるかもしれないけど(笑)、JESSEのお父さんは今もかっこいいし、俺らも今日みたいなライヴをずっと長く続けていけたらと思います」

アンコールで登場したドラムの桜井が客席に向かって言う。「ファイナルの横浜アリーナでは今着てる服(今回のツアーのユニフォーム)を客席に投げる」と滅多にMCをしないBOTSが言うと、「いろんな人に支えられた、修行のようなツアーでした」とダンサーのATSUSHI、「改めてみんなに支えられてるなと思いました」とDRI-Vも続ける。

「暗い話をするつもりじゃないけど……20周年は馬場育三と迎えるべきだと思ってるけど、バンドが続くことが一番大事!」

今回のツアー中も赤青のIKUZoNEシャツをずっと傍らに飾って演奏していたKenKenが言う。彼の言葉に応えるように、「最年長の俺がぶっ倒れるまでやれると思う。みんなの10年後が今の俺だから、まだまだやれる」とHIROKI。そしてKjのMC代わりに、「HOT CAKE」、観客のシンガロングに心震えた「Iceman」と「Lily」が続けて披露された後、桜井の力強いドラムで始まる「Curtain Call」が最後に披露される。悲しみに別れを告げ、前に進む決意を歌い奏でるエモーショナルで美しい1曲だ。

「ありがとうございました!」

Kjがマイクを通さない肉声でそう告げた後、BOTSがスリップマットを客席に投げ入れたり、桜井がじゃんけんに勝った観客にサイン入りのドラム・ヘッドをプレゼントしたり、KenKenがIKUZoNEシャツを高々と掲げたり、各々が観客と名残りを惜しむ。

「横浜アリーナで待ってますから!」

最後にドラムの桜井がそう叫ぶ。今回のツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』のファイナル公演は、来年1月28日(日)に横浜アリーナで開催される。Dragon Ashが横浜アリーナのステージに立つのは、1999年に行われた『Dragon Ash Tour Freedom of Expression』のファイナル以来、約18年ぶりのこと。今、Dragon Ashは、あの時よりもはるかに研ぎ澄まされた言葉と音を歌い奏で、比較にならないほど激しくエモーショナルなライヴを繰り広げている。さまざまな出来事を乗り越え、今回のライヴハウスツアー31公演を経て、音も魂も一層強靭になった男たちが新たに挑むDA Showは、もはや18年前とは異次元のものとなるだろう。

「楽しかった〜!」

終演後、観客たちが笑顔でそう話しているのが聞こえる。大人になっても、そんな風に無心に楽しめる音を奏で続けるライブモンスター、Dragon Ash。その20周年を締めくくる横浜アリーナでの巨大なロックショウを、ぜひ見逃さないで欲しい。


取材・文/早川加奈子


2017年10月3日(火)
Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC
>>Photo


(セットリスト)
Majestic
1.Stardust
2.Mix It Up
3.Pulse
4.光りの街
5.Ode to Joy
6.Singin’ in the Rain
7.Walk with Dreams
8.Circle
9.Headbang
10.Faceless
11.The Live
12.Beside You
13.静かな日々の階段を
14.Jump
15.百合の咲く場所で
16.Fantasista
17.A Hundred Emotions

EN
1.Hot cake
2.Iceman
3.Lily

「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」@Zepp Tokyo(Photo)

2017年10月3日(火)
Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC
会場:Zepp Tokyo























カメラマン:GOTO MICHITO

20周年を締めくくる、横浜アリーナ公演発表!

2018年1月28日(日)に横浜アリーナでライブを行うことが決定!

本公演は“Dragonash Live Tour MAJESTIC Final”と銘打って、 5月31日にリリースするニューアルバム「MAJESTIC」のツアーファイナルとして行われるが、Dragon Ashが横浜アリーナでライブを行うのは1999年10月17日に行われた「Viva La Revolution」のアルバムツアー“Dragon Ash Tour「Freedom of Expression」”のファイナル以来、約18年ぶり、2度目の公演となる。20周年イヤーを締めくくるライブとなるので楽しみにして欲しい。

ニューアルバム「MAJESTIC」の初回完全限定盤には横浜アリーナ公演のCD購入者先行・抽選予約シリアルナンバーが封入される。チケットの詳しい情報はオフィシャルHPでチェックして欲しい。


横浜アリーナ公演情報
Dragonash Live Tour MAJESTIC Final
日時:2018年1月28日(日) 17:30 open 18:30 start
http://www.diskgarage.com/

アルバム「MAJESTIC」の全容に迫る スペシャルムービー公開!

アルバム「MAJESTIC」の全容にせまるスペシャルムービーをYouTubeで公開!

メンバー7人のアルバム関するインタビューや、ティザー映像でしか明かされなかったアルバム収録曲の公開、初回完全限定盤に付属するDVDから未公開の映像など、ここでしか見ることのできない映像となっている。

動画配信に特化した新しい音楽番組「TOKYO BEAT FLICK」第2弾ゲストで登場!

日本テレビ×Huluの共同プロジェクト、動画配信サービスに特化した新しい音楽番組「TOKYO BEAT FLICK」の第2弾ゲストとしてDragon Ashが登場!

「TOKYO BEAT FLICK」とは、動画配信用に新しく作られた、地上波では実現できない骨太な本格ライブ番組。
音楽界を牽引するトップアーティストをゲストに迎え、ここでしか観ることのできない番組オリジナルのセットリストでスペシャルライブをお送りします。

20周年の記念日に配信限定でリリースされた「Mix it Up」、ライブチューン「Headbang」などに加えこの日がライブ初披露となる新曲3曲を含む最新最強セットリスト。Dragon Ashのライブには欠かせないモッシュ&ダイブ続出のオーディエンスの熱量もそのままパッケージ。もちろん全曲フルサイズ、MCもノーカットでお届けします。また予定外のアンコールで披露された「The Live」、そしてメンバー7人の貴重なインタビュー映像も収録し、3週に渡り毎週金曜日に追加配信していきます。
数々のフェスのヘッドライナーとしてフロアを熱狂させてきた圧巻のライブをファンはもちろん、スマホネイティブの若い世代にも体感していただける本格ライブ番組です。


<Dragon Ash からのコメント>
TOKYO BEAT FLICK は、ライブをしっかりやらせてもらえ、自分達のバンドを表現できるので、今回出演を決めました。同世代のリスナーはもちろんですが、動画配信サービスを通じて一つ下の世代、新たな年齢層に伝えられたらいいなぁと思っています。HuluでDragon Ash のライブを体験してもらい、ライブハウスに見に行こうって思ってもらえたら嬉しいです。



■Hulu 配信スケジュール
#1:Dragon Ash ライブ映像 6月2日(金)〜
#2:SPインタビュー映像 6月9日(金)〜
#3:Dragon Ash アンコールライブ映像 6月16日(金)〜
5月26日からプロモーション映像を配信します。

■セットリスト
Intro
M1 Mix it Up
M2 Headbang
M3 Ode to Joy
M4 Faceless
M5 Circle
M6 A Hundred Emotions


https://www.happyon.jp/

全国ツアー【Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC】バックステージ招待キャンペーン決定!


6月8日から始まる3年ぶりの全国ツアー【Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC】の全31公演で、各会場3名様をバックステージにご招待。参加方法は、アルバム「MAJESTIC」(初回完全限定盤)に封入される応募はがきを期日内にご応募いただき、抽選となります。

応募締め切り:
6月8日(木)公演をご希望の方:2017年6月1日(木)消印有効
6月16日(金)〜10月3日(火)の公演をご希望の方:2017年6月9日(金)消印有効

※当選候補になられた方には宛名面に記載頂く連絡先電話番号へスタッフよりご連絡させて頂きます。
その電話にご来場の最終確認をさせて頂いた上で、正式なご当選とさせて頂きます。

※その他注意事項については、封入される応募はがきにてご確認ください。

6/8(木) Zepp DiverCity
6/16(金) Zepp Nagoya
6/17(土) なんばHatch
6/22(木) いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6/30(金) 仙台 PIT
7/2(日) 高松festhalle
7/3(月) 松山WstudioRED
7/5(水) 米子laughs
7/7(金) BLUE LIVE 広島
7/15(土) キッセイ文化ホール 中ホール
7/16(日) クロスランドおやべ
7/20(木) KBSホール
7/21(金) 福井県県民ホール
7/25(火) CLUB CITTA’
8/16(水) チキンジョージ
8/17(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8/23(水) 岐阜club-G
8/24(木) Live House 浜松 窓枠
8/30(水) 周南 RISING HALL
8/31(木) DRUM LOGOS
9/2(土) KUMAMoTo B.9 V1
9/3(日) CAPARVO HALL
9/7(木) PENNY LANE24
9/8(金) PENNY LANE24
9/10(日) 帯広MEGA STONE
9/12(火) 石巻BLUE RESISTANCE
9/13(水) 山形ミュージック昭和セッション
9/15(金) 青森Quarter
9/18(月・祝) 新潟LOTS
10/1(日) 桐生市市民文化会館 小ホール
10/3(火) Zepp Tokyo

オリジナルフルアルバム 「MAJESTIC」収録内容が決定!

アルバムタイトルの「MAJESTIC」は“威風堂々”の意。本年デビュー20周年を迎えたバンドが、今作から全面参加となったスーパーベーシストKenKenの力を得て、強固な絆で結ばれた7人でアルバムの制作を開始。1年以上の制作期間を経て遂に完成に至った。
収録楽曲はKjが作り出した多くの楽曲から厳選された全11曲。昨年11月にリリースされ3年ぶりの新曲となったシングル「光りの街」、メジャー20周年の記念日である2月21日に配信限定でリリースされたゴリゴリのライブチューン「Mix it Up」、そして先日リリースされたシングル「Beside You」なども収録される。

初回完全限定盤に付属するDVDには、チケット入手困難となった、2月21日に行われた20周年記念ライブ“DRAGON ASH 20TH ANNIVERSARY LIVE SHOW 「MIX IT UP」 AT EX THEATER ROPPONGI FEB/21/2017”より厳選された9曲のライブ映像と4曲のミュージックビデオを収録する。ライブ映像では新たなアレンジでよみがえる20年前のリード曲「天使ノロック」など、この日の為に特別に選曲された楽曲の中からメンバーが選んだ9曲となっている。ミュージックビデオはシングル曲「光りの街」「Beside You」はオリジナルフルヴァージョン、現在の7人体制行われたフェスやワンマンライブの激熱映像で構成する「Mix it Up 」、バンド初のVRで制作された「Headbang」は特別に編集された2Dヴァージョン、以上4曲が収録される。


また、アルバム「MAJESTIC」をお買い求めの全ての方に先着でオリジナルのポスターをプレゼント。さらにポスターの中には「当たり」としてメンバー7人全員の直筆サイン入りが100枚限定でランダムに混入される。




■リリース情報

2017年5月31日(水)発売
『MAJESTIC』



初回完全限定盤(CD+DVD):特殊パッケージ仕様 VIZL-1172 ¥3,800+税
通常盤(CD):VICL-64800 ¥2,800+税 

1. Majestic
2. Stardust
3. Mix it Up
4. Ode to Joy
5. Singin' in the Rain
6. 光りの街
7. Headbang
8. Faceless
9. Jump
10. Beside You
11. A Hundred Emotions

初回完全限定盤/DVD
DRAGON ASH 20TH ANNIVERSARY LIVE SHOW 「MIX IT UP」 AT EX THEATER ROPPONGI FEB/21/2017
・天使ノロック
・Mix it Up
・Headbang
・Walk with Dreams
・Velvet Touch
・TIME OF YOUR LIFE
・Ivory ・few lights till night
・The Live

Music Videos ・光りの街 ・Headbang ・Mix it Up ・Beside You

アルバム「MAJESTIC」チェーン別オリジナル購入特典

主要CDショップチェーン店及びEコマースサイトでアルバム「MAJESTIC」を購入された方には【Dragon Ashオリジナルのネックストラップ】がプレゼントされる。

カラーは異なる4種類で各チェーンのオリジナルカラー。
特典には数に限りがあるので、ご予約はお早めに!




◆TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング
『Dragon Ashオリジナルネックストラップ(グレー×黒)』
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。




◆タワーレコード全国各店/タワーオンライン
『Dragon Ashオリジナルネックストラップ(茶×ベージュ)』




◆HMV 全国各店 / ローチケHMV
『Dragon Ashオリジナルネックストラップ(赤×白)』




◆Amazon.co.jp
『Dragon Ashオリジナルネックストラップ(青×赤)』
※既にAmazon.co.jpにてご予約のお客様で特典を希望される際は、特典付きの商品を再度ご予約するようお願い致します。

20周年を飾る3年4か月ぶりのオリジナルフルアルバム「MAJESTIC」5月31日(水)リリース!

2014年1月にリリースされたアルバム「THE FACES」以来、3年4か月ぶりとなる11枚目のオリジナルフルアルバム「MAJESTIC」(マジェスティック)を5月31日(水)にリリースすることが決定!

「MAJESTIC」とは“威風堂々”の意。

メジャーデビュー20周年を迎えたバンドが、スーパーベーシストKenKenの全面的な参加を得て一段と強度を増した鉄壁のDragon Ashサウンドを武器に、さまざまな音楽遍歴を積み重ねたKjが作り出す、優しさと強さをあわせもつ比類なきリリック、そしてメロディがダイナミックに、そしてより緻密に混ざり合い、メモリアルイヤーに相応しい金字塔アルバムが完成する。

すべてのロックファン必聴の、威風堂々たるミクスチャー・ロック・アルバムとなる。

尚、現在最終レコーディング中であるのアルバムの詳細な内容は後日の発表となる。





■リリース情報

『MAJESTIC』
2017年5月31日(水)発売

【初回完全限定盤】CD+DVD(特殊パッケージ仕様): VIZL-1172 ¥3,800+税
【通常盤】CD:VICL-64800 ¥2,800+税



既に発表されている全国ツアーの正式タイトルが「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」に決定!
チケットの一般発売もいよいよ4月15日(土)からとなります。
チケットの詳細はDragon Ashオフィシャルサイトチェックください。

https://www.dragonash.co.jp/

New Single『Beside You』予告編を公開!


Single『Beside You』の初回限定盤/期間限定盤に付属するDVD「20 years of Dragon Ash 」の一部をいち早く公開!

秘蔵の映像満載!ナレーションは俳優の新井浩文さんです。

再現された美しい夕景の中で奏でる 20th Anniversary Single「Beside You」 ミュージックビデオ公開!

3月29日(水)にリリースするアニバーサリー・シングル「Beside You」のミュージックビデオを公開!

「Beside You」は今年メジャーデビューから20周年を迎えたDragon Ashが周年イヤーにリリースする初のシングルであり、これからもファンと寄り添い歩んでいくことを歌ったファンに捧げる“ラブソング”である。

「Beside You」のミュージックビデオはメンバーからの、とにかく美しい夕景の中で撮りたい、と言うアイディアから着想を得て、スタジオの中にそれを再現し、ゆっくりと流れるマジックアワーの中、互いに寄り添う男女の物語を描いた作品である。監督は、数々のアーティストのビデオも手掛け、アワードの受賞経験もある、三石直和(ミツイシナオカズ)氏。





GYAO!
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v06050/v0994000000000543375/

「Beside You」完全限定盤30cm×30cmアナログLPサイズ豪華メモリアル・パッケージを公開!

「Beside You」完全限定盤30cm×30cmアナログLPサイズ豪華メモリアル・パッケージを公開!

3月29日(水)にリリースされるシングル「Beside You」の完全限定盤30cm×30cmアナログLPサイズ豪華メモリアル・パッケージと20年間の歩みを豊富な写真と貴重な資料とで綴る全32ページ大型写真集、さらに歴代ロゴステッカーの画像を公開します。

追加生産は一切行わないので、ご予約はお早めに。

「Beside You」チェーン別オリジナル購入特典画像を公開!

主要CDショップチェーン別オリジナル購入特典画像公開!

特典は「Dragon Ashオリジナルバンダナ」!
各チェーンごとカラーの異なる全4パターンとなり、デザインはKjが行っています。

◆TSUTAYA RECORDS 全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング
『Dragon Ashオリジナルバンダナ(TSUTAYA ver. Black)』
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。

◆TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
『Dragon Ashオリジナルバンダナ(TOWER RECORDS ver. Yellow)』

◆HMV 全国各店 / ローチケHMV
『Dragon Ashオリジナルバンダナ(HMV ver. Red)』

◆amazon.co.jp
『Dragon Ashオリジナルバンダナ(amazon ver. Navy Blue)』

※通常盤(VICL-37251)は特典の対象にはなりませんのでご注意ください。
※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。

30ヶ所にも及ぶ全国ツアー「Dragon Ash Tour 2017」の開催が決定!

約3年ぶりとなる、30ヶ所にも及ぶ全国ツアー「Dragon Ash Tour 2017」の開催が決定!

本ツアーは全国30ヶ所31公演を予定。今までワンマンライブを行う事の出来なかったエリアや、初お目見えとなるライブハウスでのライブも行います。


【Dragon Ash Tour 2017】

6/8(木) Zepp DiverCity
6/16(金) Zepp Nagoya
6/17(土) なんばHatch
6/22(木) いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
6/30(金) 仙台 PIT
7/2(日) 高松festhalle
7/3(月) 松山WstudioRED
7/5(水) 米子laughs
7/7(金) BLUE LIVE 広島
7/15(土) キッセイ文化ホール 中ホール
7/16(日) クロスランドおやべ
7/20(木) KBSホール
7/21(金) 福井県県民ホール
7/25(火) CLUB CITTA’
8/16(水) チキンジョージ
8/17(木) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8/23(水) 岐阜club-G
8/24(木) Live House 浜松 窓枠
8/30(水) 周南 RISING HALL
8/31(木) DRUM LOGOS
9/2(土) KUMAMoTo B.9 V1
9/3(日) CAPARVO HALL
9/7(木) PENNY LANE24
9/8(金) PENNY LANE24
9/10(日) 帯広MEGA STONE
9/12(火) 石巻BLUE RESISTANS
9/13(水) 山形ミュージック昭和セッション
9/15(金) 青森Quarter
9/18(月・祝) 新潟LOTS
10/1(日) 桐生市市民文化会館 小ホール
10/3(火) Zepp Tokyo


<チケット先行予約>
D.A.CREW:2017/3/1(水)〜3/12(日)
TICKET MARKET:2017/3/15(水)〜3/21(火)
他先行予約 日程調整中

<チケット一般発売>
2017/4/15(土)10:00〜

Digital-Only Single「Mix It Up」ミュージックビデオを公開!




Digital-Only Single「Mix It Up」 2月21日より主要サイトで一斉配信開始。
dヒッツ、うたパスほか主要ラジオ型音楽ストリーミングサービスでも配信中。

ダウンロードはこちらから>>

PAGE TOP

その他

CM

スマホゲーム「クローズ×WORST」シリーズCMテーマ曲

Blow Your Mind / Dragon Ash

AUDIO

JRA “THE LEGEND”有馬記念篇CMソング

Lily / Dragon Ash

AUDIO

テレビ

フジテレビ系 金曜ドラマ「天誅〜闇の仕置人〜」主題歌

Curtain Call / Dragon Ash

AUDIO

映画

映画「クローズEXPLODE」テーマ曲

Blow Your Mind / Dragon Ash

AUDIO

その他

「バイオハザードリベレーションズ アンベールドエディション」イメージソング

Trigger / Dragon Ash

AUDIO

PAGE TOP

アーティスト情報について

テレビ、ラジオのOA日時・出演時間、掲載誌の発売日等は、変更になる場合があります。予めご了承下さい。