橋 幸夫&林 よしこ

Yukio Hashi & Yoshiko Hayashi

ニュース

  • ニュース

橋 幸夫、30年ぶりデュエット曲発売!テーマはデビュー年の1960!

いつでもどこでも、夢のデュエット!!橋 幸夫の約30年ぶりとなるデュエット曲発売が決定!

お相手は、1994年に島津ゆたかとのデュエット曲「いい男!いい女!」でデビューし、現在も地元・関西を中心に活躍中の人気歌謡歌手・林よしこ。昨年11月に大阪新歌舞伎座の「ビクター歌謡フェスティバル」で、デュエット・パートナーとして「今夜は離さない」を初共演披露、満場の拍手喝采を浴び、シングル曲制作の話が持ち上がった。
橋 幸夫のデュエット曲は「いつでも夢を」(1962年with吉永小百合」、日本有線大賞特別賞を受賞した「今夜は離さない」(1983年with安倍里葎子)の大ヒットを経て、「スターダスト上海」(1987年withステファニー)以来、約30年振りとなる。

今作「君の手を」のテーマは、橋 幸夫がデビューを飾った1960年。1960年と言えば、三橋美智也、美空ひばりを筆頭に、橋 幸夫もデビュー曲「潮来笠」や「あれが岬の灯だ」「木曽ぶし三度笠」などヒットチャート上位を占める大人気。この年はアメリカン・ポップスのカバーも全盛で、山下敬二郎「ダイアナ」、ダニー飯田とパラダイス・キング「ビキニスタイルのお嬢さん」、坂本九「ステキなタイミング」などが時代を彩った。



新曲「君の手を」は、まさに当時を彷彿とさせるオールディーズ風の軽快なポップスで、メインビジュアル(写真)背景には、1960年アメリカ生まれのダッジ・ダート後継車を使用し、二人の衣装やミュージック・ビデオも共にタイムスリップ!
さらに、同じ「君の手を」をヘッドに、☆橋 幸夫☆盤は、ザ・ベンチャーズからザ・ビーチ・ボーイズに脈々と受け継がれたサーフ・ミュージック風の「サンシャイン」(歌:橋 幸夫)を、☆林よしこ☆盤は、昭和歌謡テイストの「さよならだけが言えない」(歌:林よしこ)を収録、魅力的なシングル盤が完成した。
1960 TO THE FUTURE!!パートナーに感謝の気持ちを込め、共に未来へと歩む「君の手を」。
平成を彩る新たなデュエットの大ヒット曲として、期待が高まっている。



■リリース情報
橋 幸夫&林よしこ「君の手を」

2018年7月25日(水)発売

☆橋 幸夫☆盤 VICL-37395 ¥1,204 +tax
M1:君の手を/橋 幸夫&林よしこ(作詞:田中花乃/作・編曲:井上ヨシマサ)
M2:サンシャイン/橋 幸夫 (作詞:田中花乃/作・編曲:井上ヨシマサ)
M3:君の手を(オリジナル・カラオケ)
M4:サンシャイン(オリジナル・カラオケ)
M5:君の手を(オリジナル・カラオケ/デュエット with 橋 幸夫)


☆林よしこ☆盤 VICL-37396 ¥1,204 +tax
M1:君の手を/橋 幸夫&林よしこ(作詞:田中花乃/作曲・編曲:井上ヨシマサ)
M2:さよならだけが言えない/林よしこ(作詞:松井五郎/作曲:水島康宏/編曲:矢田部 正)
M3:君の手を(オリジナル・カラオケ)
M4:さよならだけが言えない(オリジナル・カラオケ)
M5:君の手を(オリジナル・カラオケ/デュエット with 林よしこ)

PAGE TOP

アーティスト情報について

テレビ、ラジオのOA日時・出演時間、掲載誌の発売日等は、変更になる場合があります。予めご了承下さい。