ニュース

  • ニュース

【好評発売中!】Joy with Moomin 白夜のジャズ MVはこちら

フィンランド政府観光局(VIST FINLAND)の協力を得て、昨年はつばとなったCDの収録曲の中から
「Finlandia / Jukka Perko & Iiro Rantala」のミュージックビデオを公開中!

沈まぬ太陽、一晩中続くマジックアワー。美しいフィンランドの風景をお楽しみください!



<好評発売中>
○-Joy with Moomin- 白夜のジャズ Midnight Sun of Finland
白夜を思い浮かべつつしっとり聞きたい曲を中心に収録した「白夜版」とこれからの季節に聞きたい
さわやかでアッパーな曲を中心に収録した「真昼版」の2枚同時発売!!!
The Five Corners Quintet、Niklas Winter、 Iiro Rantala など、北欧、フィンランドのジャズ界に欠かせないアーティスト音源を収録。
また、日本では入手困難となっている上質なフィンランドジャズを収録した、ジャズ好きにも楽しんでいただける貴重なコンピレーション!
季節を大事に暮らすムーミンたちが描かれた美しく神秘的なジャケットは手元に置いておきたいタイトルです

○-Joy with Moomin- 白夜のジャズ Midnight Sun of Finland/VICL-64593

○-Joy with Moomin- 真昼のジャズ Sunshine of Finland/VICL-64594 各14曲収録

Joy with Moomin <海へ><森へ>収録アーティストのご紹介

6月21日に発売になる、「with Moomin Go to the Beach 海へ」「Joy with Momin Go to the Forest 森へ」2タイトルに
収録される楽曲のアーティストプロフィールをご紹介いたします!
素晴らしいみなさんの音を楽しんでいただけますのでお楽しみに!

●Kardemimmit
Maija Pokela(マイヤ・ポケラ)
Jutta Rahmel(ユッタ・ラーメル)
Anna Wegelius(アンナ・ヴェゲリウス)
Leeni Wegelius(レーニ・ヴェゲリウス)

4人の女性フォーク ミュージックグループ。メンバー全員がフィンランドの民族楽器カンテレのプレイヤーでありシンガーでもある。使用する楽器は15弦と38弦の二種のカンテレ。グループのルーツはメンバー全員の出身校であるヘルシンキ近郊の街エスポーにある音楽学校Juvenaliaにさかのぼる。Kardemimmitは15年以上一緒に演奏してきた息の長いグループ。この長い歴史が彼女たちの息の合ったユニークなサウンドを実現している。
Kardemimmitは多彩な場面で様々なパフォーマンスをこなし多くのキャリアを積んできた。
レパートリーは、伝統的な文化に敬意を払いつつ、メンバー自身が作曲したモダン・フォークミュージックが中心。古くから伝承されてきた奏法や歌を深く研究し、それら全て
を吸収した上で斬新な演奏を展開している。フィンランドでは、カウスティネンやハーパヴェシ等の著名なフォークフェスティバル、フォークランディア・クルーズ、アスレチックス・ワールド・チャンピオンシップ・ガラ等の名門フェスティバルなど100以上の公演実績がある。2017年冬には、新作アルバムの発売と、来日公演も予定。

Kardemimmit http://www.kardemimmit.fi/
http://www.harmony-fields.com/a-kardemimmit/index.html

●Kazumi Tateishi Trio
Arrange & Piano:  立石一海Kazumi Tateishi
Bass: 佐藤忍 Shinobu Sato
Drums: 鈴木麻緒 Mao Suzuki

ジャズってこんなに楽しい!ジャンルも世代も国境も超えた大人気ピアノトリオ。映画、テレビドラマ、舞台、CM、など多方面で活躍中のピアノ/作編曲家の立石一海を中心に、ベース佐藤忍、ドラム鈴木麻緒の3人により結成された音楽愛溢れるピアノ・トリオ。2010年発売、スタジオジブリの映画音楽をアレンジ、演奏した「GHIBLI meets JAZZ〜Beautiful SongsがAmazonジャズチャートで1位を獲得するなど異例のロングヒットを記録。雑誌、テレビ、FMラジオなど各メディアから注目を集める。その後、国内外の名作アニメに取り組んだアルバムで、「楽しいムーミン一家」の主題歌「夢の世界へ」をジャズアレンジに取り組む。その後名作映画のジャズアレンジ、童謡唱歌のジャズアレンジアルバムをリリースし、何れもジャズチャート上位にランキング。2015年冬には、クリスマススタンダード曲を収録した-Joy with Moomin-Christmas meets Jazzを発売。モミの木を選ぶムーミンがジャケットに登場したアルバムで好評を得る。様々な会場でのライブを行い、2012年には国内最大級のジャズフェス東京ジャズ2012に出演。ジャズフェスの他、サマーソニック、0歳からのコンサートなどの国内公演に加え、6年連続で韓国国内をめぐる全国ツアーを実施し、全公演SOLD OUTのうちに終了。2017年のツアーも決定している他、上海公演なども行い、国内外のリスナー、メディアからも注目のトリオ。

Kazumi Tateishi Trio http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A023203.html

●The Five Corners Quintet
Jukka Eskola (ユッカ・エスコラ, Tp.)
Timo Lassy (ティモ・ラッシー, Sax.)
Mikael Jakobsson (ミカエル・ヤコブソン, Pf.)
Antti Lötjönen (アンッティ・ロトョネン, B.)
Teppo Mäkynen (テッポ・マキュネン, Ds.)

2000年代に日本で1大センセーションを巻き起こした、フィンランドを代表するジャズグループ。「1950〜60年代のハードバップを、現代のクラブシーンにフィットさせル形でリバイバルする」というコンセプトを元に結成され、スタジオレコーディングによる1stアルバムはクラブ・ジャズシーンを中心に高い評価を得た。そのサウンドは、国内外でのコンサート活動を経てライブ、ジャムセッション的要素を強めていき、2ndアルバム”Hot Corner”、3rdアルバム”Helsinki Sessions”のサウンドからその変化を感じ取ることができる。
2010年に活動休止したが、メンバーはそれぞれ精力的に活動しており、彼らのソロアルバムで現在もメンバーの共演を聞くことができる。

●Rajaton
Essi Wuorela (エッシ・ヴオレラ, Sop.)
Virpi Moskari (ヴィルピ・モスカリ, Sop.)
Soila Sariola (ソイラ・サリオラ, Alt.)
Hannu Lepola (ハンヌ・レポラ, Ten.)
Ahti Paunu (アフティ・パウヌ, Bar.)
Jussi Chydenius (ユッシ・シデニウス, Bas.)

Rajaton (ラヤトン) は、フィンランドの伝統文化やポップスの系譜に育まれた、世界屈指のアカペラグループ。 1997年、名門音楽大学「シベリウス・アカデミー」などで学んだ男女6人で結成。民間伝承曲、フィンランド叙事詩「カレヴァラ」の英雄をモチーフにした曲のほか、フィンランド出身の 作曲家シベリウスの作品や教会音楽、ジャズなど、幅広いジャンルの楽曲を歌う。北欧を代表するグループ「ABBA(アバ)」のヒット曲をカバーした2006年発表のアルバム「ラヤトン・シングス・アバ」 がチャート1位を記録し、その人気を不動のものにした。グループ名の「ラヤトン」は「無限の」「限界のない」という意味。6人が織りなす親和性の高いハーモニーは、時空を超えて多くの人の心に響き続けている。
メンバーは、それぞれ幼少期から学校や合唱団などで、さまざまな音楽に触れ、バイオリンやピアノ、ギターなど、楽器にも親しんできた。その後、音楽学校に進み、音楽教師になるための 専門教育を受けたり、オペラ歌手を目指してレッスンを積んだり、ロックバンドで活躍したりして、各自がキャリアを重ねた。ラヤトンの音楽性の高さやレパートリーの幅広さは、メンバーが音楽経験を 持ち寄ることで成り立っている。フィンランド国内では「クラシック音楽とポピュラー音楽の間に橋渡しをした『才能あふれるポップスグループ』」と高い評価を受ける。 これまでに14枚のアルバムをリリースしている。デビューから現在までに、CDの売り上げ 枚数に応じて認定される「ダブルプラチナ」を1度、「プラチナ」を3度、「ゴールド」を8度、フィンランド国内で授賞している。また、コンサートやフェスティバル出演などで、世界各地を飛び回り、毎年100ヶ所以上でパフォーマンスを行っている。2014年10月には、米・ニューヨークのカーネギーホールで、ポピュラー音楽専門の実力派オーケストラ「ザ・ニュー・ヨーク・ポップス」と共演し、 「驚くほど革新的だった」(ニュー・ヨーク・アーツ・レビュー)と好評を博す。
過去の来日は4回。2003年の東京公演に続き、2005年にフィンランド代表の音楽家として国際博覧会「愛知万博」に参加。 2013年には、兵庫、静岡、東京を巡るコンサートツアーを敢行し、2015年11月にも、2年ぶりの来日を果たした。

【CD購入者先着特典決定!】”あの”ムーミンの日 オリジナルトートバッグがついてくる!!!

美しいフィンランド音楽やジャズと一緒に、これから始まる夏のお出かけを楽みませんか
フィンランド独立100周年記念
CD「Joy with Moomin<海へ> <森へ>」発売決定!

購入者に先着で、夏のお出かけに最適!
大人気のムーミンの日 オリジナルトートバッグをプレゼント

■TOWER RECORDS ONLIN
http://tower.jp/article/feature_item/2017/05/11/0107

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B072F7NY6S/
https://www.amazon.co.jp/dp/B071VK3BQS/

ムーミン公式オンラインショップ
※ムーミン公式オンラインショップでは、5月26日よりご予約受付開始!

【「ムーミンの日」とは】
ムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンの誕生日は1914年8月9日。
もっとムーミンのことを知ってほしいというという思いで、8月9日はムーミンの日と定め、
様々なイベントが開催されます。また、毎年デザインの異なる「ムーミンの日トートバッグ」がつくられ、大人気となっています。
ムーミン公式サイト http://moomin.co.jp/moominsday2017

【フィンランド独立100周年】
フィンランドは2017年12月6日に独立100周年を迎えます。記念となる今年は音楽にデザイン等、様々なイベントが目白押しです。是非、身近にフィンランドを感じてみてはいかがでしょうか?
フィンランド大使館 フィンランド独立100周年記念ページ
http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?nodeid=50019&contentlan=23&culture=ja-JP
http://tower.jp/article/feature_item/2017/05/11/0107

”夜更けのジャズ”他CDご予約購入先着特典!A4サイズコットンバッグのプレゼントが決定!

11月23日に発売となる、下記CDをご予約ご購入の方に先着で、
なんと、特典として、どーんとA4サイズコットンバッグをプレゼントいたします!



特典付き実施店舗は以下の通りです!

ムーミンバッグの特典は毎年大人気で早期終了となっております!
先着順でのプレゼントとなるため、お早めにお求めください!

●Amazon
●Tower Records Online
●ドリームぽけっと
●"o-moro"Music From Finland

※"o-moro"Music From Finlandでは後日実施いたします!

@-Joy with Moomin- 夜更けのジャズ Snow of Finland
ゴールド&シルバーの神秘的なジャケットにはフィンランドの人気者「ムーミン」が登場。雪降る森でパーティーをするムーミンとムーミンパパ。

VICL-64675

Amazon
http://urx.red/z7dM

Tower Records Online
http://urx.red/z7dT

ドリームぽけっと
http://www.peikko-moomin.jp/fs/peikko/mmcd/4988002724253

A-Joy with Moomin- Music for Classical Christmas
そして、星空の下、晩餐を楽しむムーミンママとムーミンパパ。

VICL-64676

Amazon
http://urx.red/z7dZ

Tower Records Online
http://urx.red/z7e3

ドリームぽけっと
http://www.peikko-moomin.jp/fs/peikko/mmcd/4988002724253

※こちらの商品は、2015年に同内容、同タイトルにて発売した商品の、
 ジャケット色違いとなります。
 昨年発売の商品(品番「VICL-64485」)には特典は尽きませんので、
 ご注意ください。
http://www.peikko-moomin.jp/fs/peikko/mmcd/4988002724253

ムーミンがジャケットに描かれた、この秋・冬にぴったりのアルバム2タイトル11/23発売決定!

一段と深まる秋。森と湖、そして海に囲まれた美しいフィンランドのジャズ・コンピレーションと、
そして、これから一段と寒くなる季節に聴きたくなる、クリスマス・アルバムの発売が決定ました。
隠れた“良質ジャズ育まれる地”、北欧はフィンランドの音源を集めた、ジャズ・コンピレーションアルバムは寒くなるこれからの季節にピッタリ。フィンランドで活躍するミュージシャンばかりを収録しています。
また、クリスマスアルバムでは豪華なオーケストラをはじめ、美しい様々なクラシカルな音源を収録。
しんと静まり返る森、美しい湖面、静かな秋、そして訪れる冬を思い浮かべつつ、しっとり聞きたい曲を中心に収録したアルバム2枚同時発売です。
ゴールド&シルバーの神秘的なジャケットにはフィンランドの人気者「ムーミン」が登場。雪降る森でパーティーをするムーミンとムーミンパパ。そして、星空の下、晩餐を楽しむムーミンママとムーミンパパ。
家族、そしてそれぞれの季節を大事に暮らすムーミンたちが描かれた美しく神秘的なジャケットは手元に置いておきたいタイトルです!

雑誌「JAZZ LIFE」に-Joy with Moomin- Christmas meets Jazz ピアニストインタビュー掲載

ジャズライフ2015年12月号に、「-Joy with Moomin- Christmas meets Jazz」ピアニストの立石一海のインタビューが掲載されました。

http://jazzlife.co.jp/

坂根シルックさんによる解説掲載 Joy with Moomin ムーミン、クリスマスアルバムに寄せて

今回発売する-Joy with Moomin-シリーズには、
フィンランドと日本、その両方を深く深く愛する、
坂根シルックさんによる、解説を掲載しています♪

「- Joy with Moomin - ムーミン、クリスマスアルバムに寄せて」

というタイトルで、フィンランド、日本、ムーミン、クリスマス、そして音楽について、解説をいただきました。

どの解説からも、シルックさんのフィンランド、日本を愛する気持ちが伝わってくる素敵な読み物です♪

どうぞお楽しみに♪

坂根シルック
フィンランド出身、大分育ち。在日歴37年。東京農工大学特任教員・フィンランド語通訳翻訳家、文化人タレントとしても活躍中。

クリスマスにおすすめ♪CDには綺麗なゴールドと赤が印象的なメッセージカード封入です★

11月25日に発売になる、-Joy with Moomin-シリーズには
綺麗なメッセージカードが封入されます。

飾ってもよし、送ってもよし♪

音楽と一緒に楽しんでください♪


(C) Moomin Characters TM

-Joy with Moomin- Christmas meets Jazz



(C) Moomin Characters TM

-Joy with Moomin- Christmas Songs for Kids こどものためのクリスマス・ソング・ベスト



(C) Moomin Characters TM

-Joy with Moomin- Music for Classical Christmas

雑誌「MOE」ムーミン特集号に掲載★

巻頭大特集
ムーミン出版70周年 フィンランド現地取材
ムーミン 童話・絵本・コミックスのすべて

ムーミ・ダイアリー付きで例年大好評の、雑誌「MOE」12月号に、
-Joy with Moomin-シリーズのお知らせが掲載されました。


(C) Moomin Characters TM

出版70周年ならではの読み応えたっぷり!

是非ご覧になって見てください♪

● あなたはどのムーミンを読みましたか?
● ムーミンの創作秘話・1 冨原眞弓
● 個性を尊重しあい、自分を大切にするムーミン谷の素敵な人間関係
● 日本で出版されたムーミンの本すべて見せます!
● 新しいムーミンを描くカーラ夫妻のアトリエへ
● ムーミンの創作秘話・2 ソフィア・ヤンソン
● ムーミンの創作秘話・3 ヘレン・スヴェンソン
● マグカップの中のムーミン
● フィンランドのコレクターが集めた宝ものムーミン
● 大人かわいい最新ムーミン雑貨
http://www.moe-web.jp/moe/

PAGE TOP

アーティスト情報について

テレビ、ラジオのOA日時・出演時間、掲載誌の発売日等は、変更になる場合があります。予めご了承下さい。