プロフィール

本名・・・・長山洋子
生年月日・・昭和43年1月13日
出身地・・・東京都大田区
血液型・・・AB型

‘84年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。’86年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、‘88年に映画「恋子の毎日」に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。

デビュー10年目の’93年、25才で演歌歌手に転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『蜩(ひぐらし)』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後もヒットを連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。

また、ビクター少年民謡会時代の経験を生かした津軽三味線と民謡の披露など、コンサートにも一層の磨きがかかっていく中、立ち弾き三味線で唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深みを増した表現力で独自の世界を創出し、演歌ファンに強烈にアピールした。

2005年からはタイトルに『洋子の・・・』と冠した3部作をリリース。「美しい日本の原風景」をテーマに長山洋子自身も制作に参加した連作で、オリジナルアルバム『洋子の紙芝居』はそれらを集約した意欲作である。
2006年は作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒットを記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。
2007年は「演歌転身15周年」の記念の年!3月のスペシャルCDボックスの発売に始まり、8月には記念シングル『悦楽の園』を発売、9月には千葉県市原市有秋公園にて記念コンサートを開催し、その模様を完全収録したDVDを12月にリリースした。
そして演歌転身15周年記念シングル第2弾として『望郷ひとり泣き』をリリース、2008年の幕を開けた。

QRコード

長山 洋子の着うた®etc.の配信、最新情報は携帯サイトでチェック!