プロフィール

(L. to R.)
マーティン・サンドヴィック/Martin Sandvik (b)
ヨッケ・ベルグ/Jocke Berg (vo)
ヴィック・ジーノ / Vic Zino (g)
アッデ・ムーン / Adde Moon (ds)

ヨッケ・ベルグ(vo)とマーティン・サンドヴィック(b)が、以前在籍していたLINKというグランジ・バンドをやめた直後の97年8月、「ロックンロールをやろう」とスウェーデンはイエテボリにて結成。メンバーは、ヨッケ、マーティン、そしてダイナマイク(ミカ・ヴァイニオ)(ds)の3人。当初はヨッケがギターを弾きながらヴォーカルをとっていたが、その後、ヨッケが7才の時からの付き合いで、一緒にLAZY BONES、WARHOL、GANG BANG BOYSなどのスリーズ・ロック・バンドをやっていたことのあるシルヴァー(g)が加入し、ヨッケはヴォーカルに専念。

98年スウェーデンのGainというインディ・レーベルよりアルバム「IT’S ONLY ROCK’N’ROLL」をリリース。昔からの知り合いだったMOTORHEADのミッキー・ディー(ds)を通じて、MOTORHEADのレミー(b,vo)の手に渡ったそのアルバムが気に入られたことから、MOTORHEADの北欧ツアーのオープナーに指名される。さらにレミーは「Metal Edge」誌にて、このアルバムを98年度のベスト・アルバムに選出。その後、ダイナマイクが脱退することになり、以前LINKに在籍し、2年半程LAにドラムの勉強をしに行っていたアッデ(ds)をLAから呼び戻し、後任とする。

99年、英国のレーベルMusic For Nationsが興味を持ち、ワールドワイドでのリリースを申し込む。ドラムが交替していたため、「IT’S ONLY ROCK’N’ROLL」収録曲6曲をアッデのドラムで新たに録音したものに、新曲7曲を組み合わせて、正式なデビュー・アルバム「BAD SNEAKERS & A PINA COLADA」が00年に完成。このアルバムからシングル・カットされた“Someone Special”や“Liberation”、“Have You Been Around”は、それぞれスウェーデン・チャートの1位に輝く快挙を成し遂げ、人気が爆発。“Liberation”のビデオはスウェーデンのグラミー賞にノミネートされ、初の欧州ツアーを行い、同年7月には初来日公演も実現。01年には、シングル「SHAME」と「MOTHER’S LOVE」を収録した2ndアルバム「THANK YOU (FOR LETTING US BE OURSELVES)」をリリース。再び欧州ツアーを行い、翌年3月に2度目の来日。夏には、イエテボリでAC/DCの前座を務め、イタリアではAC/DCとMOTORHEADというロックンロール2大巨頭のサポートという大役を果たす。03年8月には、3rdアルバム「NO REGLETS」を発表。同年秋から04年初頭は、スウェーデン、ヨーロッパ各国、そしてアメリカン・ツアーを敢行。

ところが、米国ツアーを終えたバンドは無期限の活動休止。しかし05年、バンドは見事カムバック。そしてセルフ・タイトル作となる「HARDCORE SUPERSTAR」で完全復活。4枚のヒット・シングル「WE DON’T CELEBRATE SUNDAYS」、「WILD BOYS」、「MY GOOD REPUTATION」、そして「BAG ON YOUR HEAD」が生まれたこの作品は、スウェーデンのナショナル・アルバム・チャートで第1位を獲得し、またもスウェーデンのグラミー賞にノミネート。07年春までワールド・ツアーを続け、その中には日本も当然ながら含まれていた。06年3月に行われた3度目の来日公演のあと、『LOUD PARK 06』で年内に再び来日。その流れでNEGATIVEとのカップリングでジャパン・ツアーも敢行。

そして07年11月、約2年振りとなる5thアルバム「DREAMIN’ IN A CASKET」を発表。08年2月には『LOUD PARK 06』以来の来日となる単独ジャパン・ツアーの直前、シルヴァーが音楽に対する情熱を失ったという理由で突如脱退。バンドは、ヨーロッパ・ツアーでいた自分たちのサポートを務めた同郷のロック・バンドCRAZY LIXXのヴィック・ジーノ(g)をヘルプ・ギタリストとして、来日公演を乗り切る。その後、ヴィックが正式ギタリストの座に。

08年から新生HCSSとしてニュー・アルバムの制作に突入。09年春に「BEG FOR IT」を発表。ヨーロッパのフェスやツアーに精力的に参加する。2010年6月には、AC/DCのスウェーデン公演のサポートも務めた。そして同年11月、通算7作目のフル・アルバム「SPLIT YOUR LIP」をリリース。翌年の6月には、MICHAEL MONROEとともにジャパン・ツアーを行なった。そして11年秋、ベスト・アルバム「THE PARTY AIN’T OVER ‘TIL WE SAY SO」をリリース。

2013年に通算8作目となる「C’MON TAKE ON ME」を発表したのち、同年夏にスウェーデンで行われたKISSの公演のスペシャル・ゲストに抜擢。そして、秋にはBUCKCHERRYとのカップリングでヨーロッパをツアーした。

2014年10月、ニュー・アルバムからの新曲として“Glue”をウェブ上で先行公開。2015年2月には、さらなる新曲“Don’t Mean Shit”を同様にウェブ上で解禁した。そして、ついに通算9作目「HCSS」を2015年4月にリリースする。

QRコード

ハードコア・スーパースターの着うた®etc.の配信、最新情報は携帯サイトでチェック!