プロフィール

(L to R)
坂本英三 / Eizo Sakamoto (vo)
柴田直人 / Shibata Naoto (b)
清水昭男 / Shimizu Akio (g)
本間大嗣 / Hirotsugu Homma (ds)
(※ビクター期ラインナップ)

81年、柴田直人(b)を中心に結成。メジャー・デビューを目前に控えた84年にヴォーカリストのトニー前田が脱退。後任として坂本英三を迎え、柴田、坂本、福田洋也(g)、大内“MAD”貴雅(ds)というラインナップで、85年「ANTHEM」でデビュー。 その後「TIGHTROPE」(86年)、「BOUND TO BREAK」(87年)とリリースし、順調に活動を続け人気を上げていく。L.A.でのライヴ実施など順風満帆に見えた活動の中、突如坂本が脱退、新たに森川之雄を新Vo.に据え「GYPSY WAYS」(88年)、「HUNTING TIME」(89年)とクオリティの高いパワー・メタル・アルバムを発表し続けるが、「NO SMOKE WITHOUT FIRE」(90年)のリリース直前に福田がバンドを去る。その後、中間英明(元HURRY SCUARY)を後任ギタリストとして迎え、新編成でのロング・ツアーを行い、レコーディングに突入しようとするが、音楽性の違いから中間が脱退。長期にわたるオーディションの末、当時20歳の清水昭男を後任に迎え、「DOMESTIC BOOTY」(92年)を発表するも、バンドは解散を表明。同年7月にラスト・ライヴ(同年リリースの「LAST ANTHEM」に収録)を行い、10年以上にわたるその歴史に幕をおろした。

00年、グラハム・ボネットをヴォーカルに迎えて制作された、セルフ・カヴァー・アルバム「HEAVY METAL ANTHEM」をリリースし、久しぶりにファンの前に姿を現したANTHEMは、01年ついに本格的に活動を再開。坂本英三、柴田直人、清水昭男という歴代メンバーに元E・Z・O − LOUDNESSの本間大嗣(ds)というラインナップによる復活第1弾アルバム「SEVEN HILLS」(01年)を完成させる。そして復活第2弾アルバム「OVERLOAD」を02年に、通算10作目のオリジナル・アルバム「ETERNAL WARRIOR」を04年に発表。

そして迎えた05年。7月には旧メンバー3人(大内、福田、森川)を全公演ゲストに迎えたアニヴァーサリー・ツアーを全国6ヶ所で行い、そしてアニヴァーサリー・イヤーの集大成とも言うべきDVD「ANTHEM 20th ANNIVERSARY TOUR 2005』をリリース。10月には『LOUD PARK』へ出演。06年には、傑作と呼ばれる通算11作目「IMMORTAL」を発表。

「IMMORTAL」発表後は、長期ツアーに出発。ツアーの合間には新生ANTHEMを総括するベスト盤「CORE〜BEST OF ANTHEM」をリリース。そして08年、ニュー・アルバムの制作時の7月上旬に、本間が交通事故で重傷を負う。不幸中の幸いにもドラム・トラックは全て録り終えていたことから、通算12作目となる「BLACK EMPIRE」は予定どおり同年10月に発表。『BLACK EMPIRE TOUR』では、完治していない本間は帯同せず、オリジナル・ドラマーの大内をヘルプに迎えての敢行であった。

そして09年には、2010年のデビュー25周年を見据えて、ライヴDVD「LIVE IMMORTAL」をリリース。2010年2月には『PROLOGUE 1』、『同2』と銘打ち2夜連続ライヴを行い、4月にも『PROLOGUE 3』を実施。6月には、『PROLOGUE 1&2』における「GYPSY WAYS」と「HUNTING TIME」の完全再現パートを収録した「PROLOGUE LIVE BOXX 2」をリリースし、7月には25thアニヴァーサリー・ツアーの本編を迎えた。そして、2011年に13thアルバム「HERALDIC DEVICE」をリリース。

翌2012年にユニバーサル・インターナショナルへ移籍し、14thアルバム「BURNING OATH」を発表。2013年に柴田が胃に癌が見つかるも、治療により完治。その後、体調不良で活動を休止していた本間が正式にバンドを離脱。2014年にはバンドと坂本が、それぞれの目指す音楽活動のため、別々の道を歩むことを決意。それを受け、柴田の強い要望により、森川之雄が電撃的に復帰し、新ドラマーとして「BURNING OATH」でもほとんどのドラムを叩いた田丸勇が正式加入。ニュー・ラインナップとなったANTHEMは、2014年に15作目「ABSOLUTE WORLD」をリリース。2015年、デビュー30周年のアニヴァーサリー・イヤーを駆け抜ける。