プロフィール

国立音楽大学、同大学院オペラ科終了。伊藤京子に師事。その後いろいろなコンクールに挑戦して数多くの賞を獲得。同時に「フィガロの結婚」「電話」「霊媒」「ウィンザーの陽気な女房たち」「シモン・ボッカネグラ」「第九」「フォーレのレクイエム」他に出演するなど実績を積む。
1997年、文化庁オペラ在外研究員(フェロウシップ)に選ばれ、三年間ニューヨークのジュリアード音楽院教授ダニエル・フェロウ氏に師事し声楽を学び、ハンター大学では演劇を学ぶ。この留学を契機にアメリカ・オペラ、現代音楽、ミュージカルやポップスに無限の可能性を確信する。2000年に帰国後、六本木スイートベイジルにて「YZUMYポップ・オペラ・コンサート」を開催し、自らの音楽性をアピールする活動を開始する(以降毎年開催)。2001年、宮本亜門演出「キャンディード」で長期のプリマを務め好評を博した。2002年、イタリアの作曲家エンニオ・モリコーネからオリジナル曲をもらい、NHK大河ドラマ「武蔵」でその曲が披露される。2003年3月、デビューCD「ヒール・マイ・ハート」をリリースし、タイトル曲は2004年公開松竹映画「クイール」の挿入歌としてヒット。2004年10月、待望のセカンドCDをリリース。また、これまでにNHK総合「スタジオパーク」、NHK−BS「公園通りで会いましょう」、テレビ朝日「題名のない音楽会21」、テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」などテレビ出演も多数。これからの活躍が期待されるオペラ歌手。