プロフィール

C⇔Yプロジェクト
〔野口千代光(ヴァイオリン)神田佳子(パーカッション)〕    
C⇔Y PROJECT
〔Chiyoko Noguchi(violin)Yoshiko Kanda(percussion)〕

神田佳子(パーカッション)Yoshiko Kanda,percussion
横浜生まれ。
4歳より電子オルガン、11歳よりドラムを始める。東京芸術大学打楽器専攻卒業、同大学院修了。1996年、98年ダルムシュタット(ドイツ)国際現代音楽奨学生賞を受賞。これまでに、ソリストとして国内外の音楽祭に招かれ、また東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。
 在学中より開催しているリサイタルシリーズ「音、生まれる」や、98年の東京オペラシティ主催のリサイタルシリーズ「B→C」等のソロ活動に加え、PERCUSSION TRIO [The Birds] 、Ensemble contemporary α、アンサンブル・ダーム等のアンサンブル活動も展開。一柳慧、松平頼暁、高橋悠治、近藤譲等をはじめとする多くの作曲家の作品を初演。また、高橋悠治プロデュ−スの伝統楽器バンド「糸」、古楽集団トロヴァトーリ・レヴァンティのメンバーとしても活動するほか、正倉院復元楽器「方響」の演奏や、美術やダンス等とのコラボレーションや様々な分野での即興演奏も行なうなど時代やジャンルを越えた活動を精力的に行なっている。
作曲家としても、打楽器作品をはじめとする様々な編成の作品を多数手掛け、2002年MATAフェスティバルでのニューヨーク・デビューを果たすなど、その作品は国内外にて頻繁に演奏されている。

野口千代光 (ヴァイオリン) Chiyoko Noguchi,violin
東京生まれ。2歳よりヴァイオリンを始め、蓼科音楽祭「音楽祭賞」受賞、日本音楽コンクール入選後、東京芸術大学を経て、91年ジュリアード音楽院に入学。同年、ジュリアード・コンチェルト・コンペティションに優勝し、リンカーンセンター・アリスタリー・ホールにてコンチェルト・デビューを果たす。93年、卒業に先立ちアーティスト・インターナショナル・オーディションに優勝、ヤング・アーティスト・デビュー賞を受賞。翌年カーネギーホールにおいてニューヨーク・リサイタル・デビュー。
ジュリアード音楽院卒業後、東京芸術大学を首席で卒業。96年ヴィニアウスキー国際ヴァイオリン・コンクール特別賞を受賞。東京都交響楽団ほか数々のオーケストラとソリストとして共演。東京ゾリステン・コンサートミストレス、紀尾井シンフォニエッタのメンバーとして、また在京オーケストラのゲスト・コンサートミストレスとしてしばしば招かれ活動しているほか、アンサンブル・ノマド、Ensemble contemporary αのメンバーとして数多くの新作初演を行ない、バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーで精力的な演奏活動を展開している。現在、桐朋学園大学短期大学部専任講師。