プロフィール

1979年生まれ。幼少時代より、世界の音楽に慣れ親しむ。
19歳の頃、ポルトガルのファドに自己表現の形を見い出し、歌い始める。
2002年よりポルトガル訪問を重ね、2003年、1年間ロータリー財団の奨学生としてリスボンに留学、本場でのファドを習得。
2004年、ブラジル、ミナス・ジェライス州における冬の音楽祭のイベント "Na Ponta da Lingua" にポルトガル代表グループのヴォーカリストとして出演する他、大西洋の諸島国カーボ・ヴェルデに歌手として1ヶ月滞在。
以後、活動の拠点をブラジルに移し、リオ・デ・ジャネイロにて、ポルトガル、ブラジル、カーボ・ヴェルデの海の歌を綴ったファーストアルバム『アトランティカ(Atlantica)』をレコーディング(ビクターより2005年8月リリース)。
現在、日本、ブラジル、ポルトガル、アンゴラ、東欧など様々な地域のアーティストと共にハイブリッドな独自の音楽世界を構築中。歌手であるとともに、執筆者としても注目されている。
愛情のこもった個性的な歌声と独特の感性に根付いた表現には彼女が旅する様々な地域の情感が宿っている。

2006年4月には六本木ヒルズ限定で、初のミニアルバム『イグノポール(Ignopor)』(JVC Entertainment Networks Inc.) をリリース。J-WAVE CD ON LINE にて、2週続けて売上げ1位を獲得するとともに、タイトル曲「イグノポール」は、朝日生命「保険王」CM曲としてもオンエアされた。
7月、久保田麻琴プロデュースによる全曲ブラジル・レシーフェ録音のミニアルバム『カルナヴァリスタ』を発売。
11月には、待望のセカンドアルバム『ピタンガ!(Pitanga!)』をリリース予定。