ESCOLTA

ESCOLTA

プロフィール

吉武大地(よしたけだいち):Bariton
結城安浩(ゆうきやすひろ):Pops Voice
田代万里生(たしろまりお):Tenor


クラシック、オペラ、ミュージカル、ポップス界でそれぞれ活躍中のソリスト / ヴォーカリストから構成されたグループ。2007年9月メナード化粧品 JUPIER TV-CFソングに「月夜の夢」が抜擢、10月よりTOKYO FM(毎週金曜日25時00分〜25時30分放送)にて「ESCOLTA de escort/エスコルタ・デ・エスコート」と題したレギュラーラジオ番組をスタート。そして、11月14日アルバム「愛の流星群」でメジャーデビューを果たす。このデビューアルバム「愛の流星群」は作家陣に、阿久悠・谷川俊太郎・阿木耀子・石田衣良・白井明らが参加し、TOWER RECORDクラシックチャート⇒4位・HMVクラシッククロスオーバーチャート⇒4位・新星堂クラシックチャート⇒2位を記録、その“鍛えられた歌声”と“美しく重厚なアンサンブル”によって、日本のクラシッククロスオーバーシーンに新たな1ページを記す事となった。
た。アルバムタイトル曲でもある「愛の流星群」は20世紀を代表する作詞家 / 阿久悠氏の遺作となった作品である。また、全国主要都市で開催されたイベントの数々では、予備知識を全く持たない通行人を引き寄せる圧倒的なアンサンブルを披露。そして、2008年2〜3月に行われた1st Tourのチケットは追加公演も含めて全て即日完売となり、多くの観客に感動と興奮を与える事となった。
2008年4月よりテレビ東京系「ミューズの晩餐 My song,My life」で「愛の流星群」(7月より「今も好きだから〜時は流れて」)が起用。7月30日にはシングル「今もすきだから〜時は流れて〜」、10月1日セカンドアルバム「JOURNEY AROUND THE BLUE MARBLE」、同時に9月23日からは2nd Tourを開催するなど精力的に活動を行なう。
2009年にはメンバーの一人である田代万里生が、日本初演となるミュージカル「マルグリット」のアルマン役に抜擢され、個人の活動にも脚光が浴びせられ、今年のESCOLTAの活躍に注目が集まっている。