プロフィール

本名アリーシャ・ディクソン。
5歳の時からタップとバレエのレッスンを受け、13歳でダンス・グループ“SUPER DANCE”に加入、イギリス国内をツアーする。ヴォーカルのスキルを磨くとともに、当時UK中を席巻していたダンス・ミュージック“2ステップ”へと接近、MCの腕を磨いていく。
1998年、ロンドンの有名なダンス・スクール“Dance Attic”でメンバーと出会い、ミスティークを結成。その後世界を席巻したUKの3人組R&Bガールズ・ユニットとして成長していく。
当時クレイグ・デイヴィッド、BBマックらの大ヒットで最も注目を集めていたUKのTELSTARレーベルと契約し、2001年にデビュー・アルバム『リッキン・オン・ボース・サイド』をリリース、シングル「ALL I WANT」は全英2位を記録するなど大ヒットを記録、「デスチャへのUKからの回答」と評されるなど、一躍トップスターの仲間入りを果たした。2003年に2ndアルバム『アイ・キャンディー』をリリース、日本でも大ヒットし、来日ツアーも実現する。2005年に惜しまれながらも解散。
ミスティーク解散直後、50万ポンド(約1億2000万円)で英ポリドールと契約、デビュー盤の制作に取り掛かる。ちょうど同じ時期にN.E.R.D「She Wants To Move」のビデオ・クリップに出演。その妖艶なパフォーマンスが話題となる。また音楽活動と平行し、UKではその明るく天真爛漫なキャラクターが人気となり、イギリス最大の音楽賞BRIT AWARDでのメイン司会を担当する。最近ではイギリスで大人気のTV番組「STRICTLY COME DANCING」(イギリス版“芸能人社交ダンス部”のようなダンス番組で土曜日のプライムタイムに放送)にも出演中で、来年には映画にも出演予定と大活躍中。