プロフィール

マスタープラン 2010

ヨルン・ランデ (vo)
ローランド・グラポウ (g)
アクセル・マッケンロット (key)
ヤン・S・エッカート (b)
マイク・テラーナ (ds)

HELLOWEENに1989年に加入したローランド・グラポウ(g)と1994年に加入したウリ・カッシュ(ds)は名盤「MASTER OF THE RINGS」「THE TIME OF THE OATH」等を発表したHELLOWEENの活動を支えるも「THE DARK RIDE」発表後の2001年にマイケル・ヴァイカートと対立の末脱退を表明。彼らがその後に結成したのがこのメロディック・パワー・メタル・バンド、MASTERPLAN。 ヴォーカルにはMILLENIUM、THE SNAKES、ARK等の活動で知られる実力派シンガー、ヨルン・ランデを迎え、ベースには元IRON SAVIORのヤン・S・エッカートが迎えられ、 キーボードには数々のツアー・サポートで知られるアクセル・マッケンロットの参加が決まり、2002年にデビュー・アルバムを制作する。2003年にデビュー・アルバム「MASTERPLAN」を発表。ローランドやウリと同じく元HELLOWEENのシンガーでもあったマイケル・キスクが参加するなど、 話題性も多かったこのアルバムは大ヒットを記録し、同じ年に来日公演も行った。そして2005年には2ndアルバム「AERONAUTICS」が完成。来日公演も行う。しかしその後ヨルン・ランデとウリ・カッシュが脱退。バンドは新ヴォーカリストとしてRIOTでの活動で知られるマイク・ディメオ、ドラマーにはRAGEやキコ・ルーレイロのソロ・アルバムでもプレイしていたマイク・テラーナを加入させ、3枚目となる「MK K」を2007年に発表、同年には来日も行っている。その後マイク・ディメオの脱退が発表となり、ヨルン・ランデのバンド復帰がアナウンスされた。