プロフィール

(L to R)
ロビン・グッドリッジ/Robin Goodridge <ds>
クリス・トレイナー/Chris Traynor <g>
コリィ・ブリッツ/Corey Britz <b>
ギャヴィン・ロスデイル/Gavin Rossdale <vo,g>


 ザラついたギターにメランコリックなサウンドで“英国産ポスト・グランジ”と称され、OASISやRADIOHEADより先に米国市場で成功したバンド。
 92年にギャヴィン・ロスデイル(vo,g)とロビン・グッドリッジ(ds)、デイヴ・パーソンズ(b)、ナイジェル・パルスフォード(g)により結成されたバンドは、当初ロンドン周辺のクラブで活動していたが、米インタースコープ傘下のインディ・レーベル、トラウマより94年に1stアルバム「SIXTEEN STONE」をリリース。全米で600万枚という驚異のセールスを記録した。さらに96年にリリースした2ndアルバム「RAZORBLADE SUITCASE」(職人スティーヴ・アルビニ録音)では全米初登場1位を獲得する。同年初来日公演、97年には再来日公演を果たし、その人気に違わぬ実力を十二分に証明した。同年、TRICKYやGOLDIEらによるリミックス・アルバム「DECONSTRUCTED」と映像作品「ALLEYS AND MOTORWAYS」をリリース。99年に3rdアルバム「THE SCIENCE OF THINGS」をリリース後、アトランティックへ移籍。2001年に4thアルバム「GOLDEN STATE」をリリースするも、ナイジェルが脱退。ツアーには元HELMET、ORANGE 9mmのギタリスト、クリス・トレイナーが参加した。
 しかし、一定の地点へ登りつめた事と、休憩の必要を語ったバンドは、2002年には解散を表明。その後2005年にベスト・アルバム「THE BEST OF: 1994-1999」とライヴ・アルバム「ZEN X FOUR」がリリースされた。一方ギャヴィンは、クリスと共にINSTITUTEというバンドで2005年に「DISTORT YOURSELF」(HELMETのペイジ・ハミルトンがプロデュース)を、2008年には夫人のグウェン・ステファニー(NO DOUBT)らも参加したソロ名義の「WANDERLUST」をリリースしている。
 解散から約8年が過ぎた2010年、バンドは再結成と新曲「The Afterlife」を発表。クリスとコリィ・ブリッツ(b)を新メンバーに加え、「EVERYTHING ALWAYS NOW」というニュー・アルバムのタイトルがアナウンスされたが、その後2011年6月にさらなる新曲「All My Life」を発表。ボブ・ロック(AEROSMITH, METALLICA)をプロデューサーに迎え、eOne Musicと共同で自身のZuma Rock Recordsより正式に「THE SEA OF MEMORIES」と題された10年ぶりのスタジオ・アルバムが完成!