冨田 ラボ

Tomita Lab

プロフィール

音楽プロデューサー冨田恵一のソロプロジェクト。

“アーティストありき”で楽曲制作を行うプロデュース活動に対し、“楽曲ありき”でその楽曲イメージに合うヴォーカリストをフィーチャリングしていくことを前提として立ち上げたプロジェクト。ラボ(Lab)=研究所(Laboratory)の意で、自身のサウンドを追及し形にしていくことを目的として命名された。

2003年にアルバム『Shipbuilding』を東芝EMIよりリリース。松任谷由実、ハナレグミ、畠山美由紀、キリンジ、bird等を迎えた話題作となる。2006年、ソニーミュージックアソシエイテッドレコーズからセカンドアルバム『Shiplaunching』をリリース。ゲストヴォーカルに、高橋幸宏、大貫妙子、CHEMISTRY等を迎えた。また、その発売記念イベントとして「冨田ラボCONCERT」をSHIBUYA-AXにて開催。大貫妙子、キリンジ、CHEMISTRY、SOULHEAD、高橋幸宏、畠山美由紀、ハナレグミ他、2枚のアルバムに参加した豪華アーティストをゲストに迎え、話題となる。2009年リズムゾーンへ移籍、シングルとして秦 基博をヴォーカルに迎えた「パラレル feat. 秦 基博」はオリコンシングルチャートで最高7位、ウィークリーでも11位というスマッシュヒットを記録した。2010年、前作『Shiplaunching』から4年ぶりとなる“Shipシリーズ3部作”完結編『Shipahead』を発売。佐野元春、秦 基博、安藤優子、吉田美奈子、キリンジ等をゲストヴォーカルに迎えた。

2011年、イルリメ(作詞)&坂本真綾(ヴォーカル)という異色コラボレーションで制作された、新曲「エイプリルフール feat. 坂本真綾」も収録した、プロデューサーとしてのキャリアをまとめた初のワークスベストアルバム、『冨田恵一 WORKS BEST 〜beautiful songs to remember〜』を発売。初のWORKS BEST発売を記念して、BLUE NOTE TOKYOにて5年ぶり一夜限り行われたライブが話題になる。

音楽業界を中心に、耳の肥えた音楽ファンに圧倒的な支持を得るポップス界のマエストロ。