プロフィール

5月11日にリリースとなる7年ぶりのオリジナルアルバム『JaPo』(ヤポ)に大きな注目が集まるUAが、1990年代にリリースした初期マスターピース『PETIT』『11』『アメトラ』『turbo』を、デビュー20周年を記念した豪華デラックス・エディションで5月25日にリリースすることが決定しました。

オリジナル・マスターテープよりリマスタリングしたオリジナルアルバムに、スペシャル音源をフル収録したアニヴァーサリー盤をセット(*)。
「COLONY」(1995)、「太陽手に月は心の両手に(single ver.)」(1996)、「甘い運命」(1997)といったアルバム未収録全シングル曲とカップリング曲。アナログ盤のみでリリースされたバージョンを多数含むリミックス。新作『JaPo』でもサウンドプロデューサーを務める青柳拓次(LITTLE CREATURES)との貴重なデュエット「男と女(dub)」や竹村延和のトラックによる「バラ色(alternate ver.)」などアルバム収録曲の未発表アナザーバージョン。藤原ヒロシ「SWEET VIBRATIONS」、TOWA TEI「Last Century Modern」、こだま和史「月光ワルツ」といった他アーティストの作品に参加した楽曲。そしてかねてからCD化が切望されていた未発表曲を含む、菅野よう子「涙目の恋」「夢で逢いましょう」(きもの会社CM曲)、藤原ヒロシ「かすかなしるし」(JR東日本CM曲)、三宅純「YOU AND ME」(NTTグループCM曲)といったコンポーザーと制作されたCMソングを遂に初収録。
実に24曲に及ぶ初CD化音源を含む全94曲、90年代にUAが奏でたすべての歌を網羅するスペシャルな内容となります。更に、貴重な写真多数と書き下ろしライナーノーツを掲載したブックレットを封入。
(*『PETIT』は1CDになります)

時代を物語る国内外の音楽家との真摯なものづくりを重ねて来たが故に強力な波動が記録されたUAの90年代サウンド。当時よりUAの声に親しんだファンにはより深い喜びを、新作『JaPo』で初めてUAの歌に触れる方には90年代の空気を追体験しながら新たな感動をお届けする愛着溢れるパッケージとなっています。