寄付金総額   ¥5,844,876

2015年9月~2016年2月までの We're not alone / HANDのチャリティーTシャツ、トート 、バッグ、ステッカーの収益金を、AA= AiD協力団体で現在も東日本大震災への支援を継続して行っている日本赤十字社、WWFジャパン、MUSUBU、桃・柿育英会へ等分の上、2016年3月末に寄付致しました。

2016年3月末付 寄付金額 ¥54,901-
尚、チャリティーTシャツは引き続き販売致しますので、ご協力宜しくお願い致します。

What's New

3/31
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
10/5
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
7/1
チャリティーTシャツ新デザイン販売スタート
6/29
チャリティーTシャツ新デザイン発売
4/1
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
10/1
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
5/23
いわき万本桜プロジェクト
5/16
MUSUBUより活動紹介および写真到着
5/6
チャリティーTシャツ新デザイン販売スタート
5/3
チャリティーTシャツ新デザイン発売
4/2
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
10/4
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
4/5
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
3/22
TakeshiがMUSUBU「桜の森夜の森」移動写真展へ伺いました。
2/18
MUSUBUより活動紹介および写真到着
12/6
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
10/12
MUSUBUより活動紹介および写真到着
9/21
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
7/6
チャリティーTシャツ新デザイン販売スタート
6/30
『We're not alone』FREE DOWNLOAD終了
6/29
10万DL達成!&チャリティーTシャツ新デザイン発売
6/19
『We're not alone』FREE DOWNLOAD終了のお知らせ
6/18
MUSUBU×AA= AiD コラボレーションTシャツ期間限定発売中
6/11
MUSUBUより5/10@赤坂BLITZでのブース出展コメントならびに写真到着
5/4
【MUSUBU】× AA= AiD コラボレーションTシャツ販売決定
3/30
AA= AiD協力団体への義援金・支援金振込のご報告
3/23
いわきありがとうプロジェクト・メッセージ動画到着
2/21
MUSUBUの新たな活動紹介
12/6
協力団体「桃・柿育英会」追加のご報告
11/25
Arigato Blueprintから写真到着
11/11
MUSUBUからコメントならびに写真到着
10/27
Arigato Blueprintからコメント到着
10/13
MUSUBUからコメント到着
10/3
AA= AiD支援金に関する収支報告
9/21
AA= AiD支援金受付終了のご案内
8/4
『We're not alone』
MUSIC VIDEO 完成!
7/8
AA= facebookページにて
「We're not alone」REC風景写真を追加
7/1
AA= AiD 『We're not alone』
FREE DOWNLOAD START!!
6/30
AA= AiDゲストミュージシャン発表
6/23
AA= AiD新曲無料配信決定!
7/1よりフリーダウンロードスタート!
6/22
協力団体Arigato Blueprint追加、
ならびに寄付・支援内容更新
6/16
AA= AiDプロジェクト内容更新
6/1
AA= AiDプロジェクト内容発表

東日本大震災の復興支援プロジェクトとしてスタートしたAA= AiDが8組のゲストミュージシャンを迎え制作し、2011年7月1日よりフリーダウンロードをスタートした「We're not alone」は配信日から丸1年が経った2012年6月30日(土) 23:59をもちまして、 ダウンロード配信を終了させていただきました。

沢山の皆様のご協力、ありがとうございました。

上田剛士よりコメント

2012年6月30日までにおける『#3』から得られた収益、ならびに全参加アーティスト印税・著作権印税の内、「We're not alone(AA= Ver.)」1曲相当、そして2012年8月、9月のチャリティーTシャツ、ステッカーの収益金を、AA= AiD協力団体である日本赤十字社、WWFジャパン、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、MUSUBU、桃・柿育英会へ等分の上、2012年11月末に寄付致しました。

2012年11月末付 寄付総額 ¥529,293-

その未来へ行こう!We're not alone!!

AA=AiDとは

上田剛士を中心としたミュージシャン、音楽プロダクションおよび音楽関係スタッフ、
さまざまなジャンルのクリエイター、レコード会社等の賛同と協力のもと、
現在制作中の「復興支援曲」を本サイトで聴いていただくことをきっかけに、
東日本大震災からの復興支援に関して1人でも多くの音楽ファンに考え、行動してもらうことを目的とした復興支援プロジェクトです。

尚、プロジェクト内容については今後も随時、追加・更新をしていきます。

pageup

AA=AiD参加メンバー

AA= AiD には以下の方々に参加頂いています。

AA= AiD are

  • avex management inc.
  • avex live creative inc.
  • CREATIVEMAN PRODUCTIONS CO.,LTD.
  • C&S Design
  • EVILEGEND 13
  • Flying High Co.,Ltd.
  • gil soundworks / GRIP CO.,LTD.
  • GROWING UP INC.
  • INNOVATOR inc.
  • Junichi Yajima(Instruments Technician)
  • Kei Kusama from Fukushima(Kurid International / Synth Programmer)
  • Koni-Young(Kurid International / Recording & Mixing Engineer)
  • kukuru inc.
  • Maki Tsuzuki
  • Meuniere Nakamura(Video Director)
  • PARADOX Inc.
  • POSITRON
  • SPEEDSTAR RECORDS
  • SWEEP-ZWEEP
  • TAKAYUKI(BALZAC)
  • UK.PROJECT INC.
  • VICTOR STUDIO

and You !!

Special Thanks to
DIWPHALANX RECORDS, Dynamord Label, Ki/oon Records, Machine Records, MOB SQUAD, tearbridge records, VAP Inc.

Akihiro Namba (Hi-STANDARD) appears by the courtesy of tearbridge records / AVEX ENTERTAINMENT INC.
Hayashi (POLYSICS) appears by the courtesy of Ki/oon Records Inc.
K (Pay money To my Pain), Masato (coldrain) appears by the courtesy of VAP Inc.

pageup

AA= AiDは、活動に賛同する複数の復興支援関連団体を
音楽ファンの方々に紹介し、寄付や支援の呼びかけを行っています。
各団体の活動主旨にご賛同いただける方は、ぜひ団体への直接の寄付をお願いいたします。
もちろん、お金の寄付だけが支援の形ではありません。
各団体のホームページなどをご覧の上、皆さんの気持ちを、それぞれの支援、行動へとつなげていただければ幸いです。

pageup

AA=AiD協力団体

AA= AiD は、人と人とのつながりから生まれる「顔の見えるAiD(支援)」を重視しています。
多くの人々に対して支援が可能な国際団体のみならず、
地域的に被災地で活動されている復興支援団体に対しても協力をしていきます。


日本赤十字社

赤十字は「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則のもとに、
世界最大のネットワークを持って活動する人道機関です。
被災者の皆さんに直接届けられる義援金は、日本赤十字社に全国から集められます。
そこで集められた義援金を、被災者の皆さんに対して公平・平等に各被災都道府県に配分され、
各県ごとに個別の被災世帯へ配分されます。

WWFジャパン

WWF は世界約100 カ国で活動している環境保全団体です。
被災地の自然環境が回復することは、被災地の復興には欠かせないことです。
例えると、健全な海がなければ被災地の漁業は成り立ちません。
そして復興に際しては、自然エネルギー100%を目指す、新しいエネルギー社会を実現する必要があります。
暮らしと自然のあり方を考える、そのために地域を支援する活動を行っていく団体です。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

セーブ・ザ・チルドレンは国連に公式に承認された、子どもたちのための民間の国際援助団体で、
「子どもの権利条約」草案にも携わった団体です。
被災した子どもたちに必要なのは、できるだけ早く非日常から日常の生活に戻ることです。
安心・安全に遊べる場所「こどもひろば」の提供や、学用品の配布など、子どもたちへの支援を展開しています。

福島県いわき市地域活性プロジェクト【MUSUBU】   活動紹介はこちら

MUSUBUはSPEEDSTAR RECORDS* の元スタッフが主宰しているプロジェクトで、
2011年3月11日の東日本大震災後に出会った、福島県いわき市小名浜出身者で結成されました。
人、地域、芸術、デザイン、情報などあらゆる分野を結びクリエイティブな産業を生み出すプロジェクトです。
MUSUBUを通して個々が主体となる地域活性を促進し持続可能な街づくりを
福島から全国、そして世界へ発信していきます。

*今回のプロジェクトよりAA=のリリースを行うロックレーベル

Arigato Blueprint   活動紹介はこちら

Arigato BlueprintはPalm Pictures* の元プロデューサーが主宰しているサイトで、
東日本大震災の被災者を支援するために発足された海外発信の復興支援サイトです。
被災地で今何が必要とされているのかという事に重点を置き、復興に向けて現地自治体や支援者と共に考え活動していきます。
被災地の人々の現状とこれからのビジョンを、各国のメディアや人々の協力を得て世界へと伝えていきます。

*THE MAD CAPSULE MARKETSの欧米リリースやツアーを展開したメジャーレーベル

桃・柿育英会

桃・柿育英会は、東日本大震災で、両親や兄弟姉妹たち、祖父母を失った、
多くの孤児や遺児たちを支援し、励ます資金を集めるべく立ち上げられた団体です。
1995年1月17日、阪神・淡路大震災の際にも、10年間募金を続け4億5千万円を超える金額を集め、
育英資金として遺児たちに分配しましたが、今回の東日本大震災を機に再び立ち上げられました。
被災地で力強く生きようとする孤児や遺児を共に生きる育英会です。

pageup

Message from AA=AiD

今、自分達に出来る事は何だろう?

信じられない程の恐怖と大きな悲しみに出会った時、日本中の人達が考えた事です。

僕らは自然の力に逆らうことは出来ません。
そして未知のエネルギーをコントロールする事も出来ませんでした。
それでも下を向いている仲間を見た時に、沢山の人達で力を合わせて助け合いたいと思いました。

僕と僕の周りの仲間、共感し合ったミュージシャン、クリエイター達が集まり、僕らに出来た事がこのAA= AiD です。
もしも僕らのこの形が皆の何らかの新しい行動のきっかけになれたらと思います。

僕らはいくつかの協力できる団体を紹介しています。
また、どこが良いのか分からないけどAiD に協力したいと思う人にAiD の口座も作りました。
これは短い期間開設するつもりです。

ここで僕らが行う支援が全てではありません。
他にも多くの素晴らしい支援先もあります。
それに、お金を寄付する事だけが支援では無いでしょう。

僕らに出来る事はきっとこれからも沢山あると思います。

そんな今自分達に出来る事で、皆で一緒に少しずつでも前に進んで行けたらと思います。

上田剛士

決して短くはない道程、いい機会での発表曲ではない事は確かですが、風化しないよう鳴り続けたらと思っています。
共に行きましょう。

Takayoshi Shirakawa

自分に何かできる事はないかと模索していた時、AA= AiDへ誘ってくれた剛士には感謝の気持ちでいっぱいです。
僕にも何かが出来て、大変嬉しく思っています。
音楽の力を信じて、復興を信じて皆で頑張って行きましょう。

Minoru Kojima

We're not alone.

金子ノブアキ

今回AA= AiDに参加出来た事を本当に光栄に思っています。
タケシくんから連絡をもらった時ボクは自分の作品のレコーディングをしていました。
ボクもまさに復興への気持ちを込めた楽曲を作っていた真っ最中でした。
やはり、ミュージシャンとして想いは一緒なんだな?とつくづく思いました。
オレ達は決して一人ではない!オレがいて皆がいる。皆がいてオレがいる。
この「We're not alone」を聴くと、復興への長い道のりをしっかりと歩いていける気がする。皆で歩調を合わせて。

難波章浩 (Hi-STANDARD)

TAKESHIさん、僕をAA=AiDに誘ってくれてありがToisu!!!
POLYSICSは今、自分達に出来ることを全力でやっていこうと思っているので、このお話をもらった時はすぐに参加を決めました!
この曲を聴いて沢山の人が元気になってほしいです!FighToisu!!!

Hayashi (POLYSICS)

「今の自分に何が出来るだろうか?」そう考えていた時、剛士さんから声をかけてもらい、チャリティーTシャツの制作、そして今回AA=AiDに参加させていただきました。
この曲が、今後を考えるきっかけとなり、皆さんと共に祈り、願い、そしてここから行動し一歩ずつ前に進んでいけたらと思います。

HIROSUKE (BALZAC)

Pay money To my PainというバンドでVo.をやっているKです。
今回の楽曲が少しでも早い復興につながりますよう、心からお祈りいたします。
同時にこの曲を聞いて元気になってくれるといいな!みんながんばろう。

K (Pay money To my Pain)

この曲が誰かを包むモーフになる訳じゃない。雨を凌ぐ屋根になる訳でもない。
それでも俺達が奏でるのは、この曲が誰かを奮い立たせ、何かを射抜くと信じているから。
俺が歌うには十分過ぎる理由かな…きまったぜ…。

Kj(Dragon Ash)

たくさんの人が長い年月「復興」という言葉のもと様々な支援を被災地にしていくと思います。
僕自身も人間としてできる支援、歌を歌う者としてできる支援を今だけでなくこの先も続けていきたいと思います。
みんなで力強い日本を作りましょう。
We stand as one against all walls!

Masato (coldrain)

TAKESHIさんから今回の話をいただいて、自分も少しでも力になれればと思い参加させてもらいました。
この曲が一人でも多くの人に届いて、そして大きな力になることを願っています。

生形真一 (Nothing's Carved In Stone)

“こんな時こそみんなで力を合わせて1つになろう”
TAKESHIさんからこの曲のデモが届いて聴いた時、そんなメッセージが胸に伝わってきました。
それくらい強い光を放つような曲で、それでいてみんなですぐ歌えるくらいすごいポップ。
この曲が被災地のみなさんの力になったら嬉しいです。

SUGA (dustbox)

pageup