BRIAN SHINSEKAI

Debut Album“Entrée”

2018.1.24 Release

Track List
  1. 首飾りとアースガルド

  2. TRUE/GLUE

  3. track3

  4. track4

  5. track5

  6. track6

  7. ルーシー・キャント・ダンス

  8. CICADA

  9. track9

  10. track10

  11. 2045(Theme of SHINSEKAI)

  12. track12

サブクスリプションサービスにて
順次先行Delivery!

11/22 3rd Delivery
  • 「ルーシー・キャント・ダンス」
10/17 2nd Delivery
  • 「CICADA」
9/20 1st Delivery
  • 「2045(Theme of SHINSEKAI)」
  • 「首飾りとアースガルド」
  • 「TRUE/GLUE」

WHAT'S NEW

VIDEO

interview

<第一章> 黎明期
――そもそも、音楽に興味を持ったキッカケは?
「小学生の頃からピアノをやっていたんです。だいたい学生時代にバンドを組んだのがキッカケという人が多いと思うんですが、そういうことはまったくなくて。誰かと共同作業で同じ目的のものを作るのが得意じゃなかったし、そこに楽しみを見いだせない性格だったんです。だから、自然にピアノで作曲したり、つたないながらも小説を書いたりするようになって。ひとりの世界で自分がイメージするものをチマチマ作りあげていくのが好きだったんですよね」
――いきなり作曲とは! どんな曲を作っていたんですか?
「最初はクラシックっぽいものを作っていたのが、ロックを聴くようになってから歌モノに変わっていった感じなんです。でも、同世代が聴くようなものは一切聴いてなかったですね(苦笑)。今はもちろん、現在進行形の音楽も聴いてますけど、ロックを知るキッカケはCMで流れていたクイーンだと思います。そこから一気に70年代中盤のイギリスのロックを聴き始めて。いろいろ聴きあさって、最終的にいちばんハマったのがデヴィッド・ボウイでした。ドンピシャでカッコいいと思って、そこから掘り下げていったんです。その流れでスパークスも聴きましたし……。ああいう濃い世界観で、メロディーに様式美もあって、ただ奇をてらっているだけではない個性的なアーティストにひかれましたね。そこは今も変わってないんです。だから、自分の血になっているのは、70年代から80年代のイギリスのロックだと思いますね」
――なるほど。デヴィッド・ボウイも音楽以外の表現方法を持っていたし、BRIAN SHINSEKAI自身も文章を書いたりしていたわけですよね。そこにも共感しているのでは?
「そうですね。彼に共感したのは、あくまでも自分が感じたことを音楽だけでなく、ビジュアルやパフォーマンスに落とし込んでいったところなんです。サウンドが時期によってコロコロ変わっていくのも、その時代にどういうストーリーで自分を表現するかを大事にしていたと思うし」
――では、最初からソロ志向だったんですね。
「ハードロックとかバンドサウンドも、聴くのは好きなんですが、自分がやるっていうイメージはまったくわかなくて(苦笑)。ただ、ソロでどう活動しようかとか考えるより、とにかく音楽を作らないとダメだと思っていて(苦笑)。なぜか自分を追い込んでました」
――表現欲が強かったんでしょうか。
「ひとりでもの作りをして、発表できる場で披露する喜びがすごく大きかったんです。それがいつか、もっと多くの人に聴いてもらいたいと思いに変わっていたんでしょうね」
――そうなると、ライブ活動が必要じゃないですか。バンドを組んでいなかったそうですけど、ライブ活動はどのように?
「15、6歳の頃にはシアトリカルでマニアックなグラムロックをやっていたんですよ。当時はすかんちさんとかMARCHOSIAS VAMPさんみたいな日本のグラムロックバンドや、80年代に活躍していたKATZEとかUP-BEATのような音楽も聴いていたんですが、何しろバンドではないので(苦笑)。オケだけを流す感じでしたね」
――オケを流してのひとりパフォーマンスだったんですね!
「今でこそDJがトラックを流すだけのライブも普通になりましたけど、当時はかなり珍しかったと思います。でも、僕はひたすらデヴィッド・ボウイみたいになりたいとナチュラルに考えていたので……。衣装も派手にして活動してました。今にして思えば同世代よりオトナの人に受けていたような気がします」
――そんな孤高の活動を経て、ついにデビューとなるわけですが、最新音源はグラム・サウンドというよりも、かなり80年代エレポップの要素を感じます。
「今回、表記も一新してのリスタートなんですが、直前までやっていたのが、グラムとニュー・ウェーブの中間みたいな音楽だったんです。でも、なかなかしっくりこなくて。しっくりこないというのは、今の時代とのクロスポイントがあまり見いだせなかったんですよ」
――ニュー・ウェーブも掘り下げていたんですね。やはりずっとブリティッシュロックは好んで聴いていたわけですか?
「そうですね。90年代中盤くらいにアンダーワールドやケミカル・ブラザーズが出てきた結果、EDMのアーティストが出てきましたけど、僕はその辺のアーティストに80年代のニュー・ロマンティックやニュー・ウェーブの影響を感じたんです。僕も流れでデュラン・デュランやジャパンも聴いてきましたからね。2015年には、エレクトロにディスコ・ミュージックを取り入れるような音楽も流行ってきて、そういうダンス・ミュージックの解釈の仕方が、自分の中でリンクしてきたんですよ。僕自身も古いロックの繊細さや叙情的な部分に影響を受けつつも、今の時代にリンクしたものを作りたくなってきて。そこで音楽制作の意識を変えたんですよね。作り方は変わってないんですけど、今の時代を生きている自分が今の時代にどういうものを作るのか……。最近になって、ようやくしっくりいくものが作れたんです。僕の血になっている70年代の音楽と、最前線のサウンドを、初めて融合できたかなって思ってます」
(インタビュー&テキスト:海江敦士)