第10話
記憶の彼方にあるものは 世界
「エグザイルへの扉」であると言う言葉で、全部で4つの問いとその答えからなると思われる。

継承している使命 世界
エグザイルに関わる何らかの運命をアルは引き継いでると思われる。

500億クラウディア 世界
「エグザイルの扉」落札に最終的についた値段だが、機動部隊が一つ乗組員込みで作れる程の額で、当然アレックスが持っているはずは無い。またデルフィーネも指輪一つですませことから、結局あのオークション自体が茶番であったと思われる。

ごほうび 世界
デルフィーネが500億クラウディア分として、ホライゾンケイブオーナー、ジャンカルロに与えた指輪。実は暗殺用の道具であった。

スウィンドル サブタイ
「だます、ペテンにかける」と言う意味で、チェスでは「相手をはめ手にかける事」で、ここではそれぞれの登場人物達が、相手に対して色々なはめ手をかけようとしている様を表している。

ノウルズ侯爵 人物
ミナギスを含むアナトレー西方の有力領主。相当な親バカである模様で、息子の敵討ちの為にアレックスを罠にかけようとする。

ハミルトン家 人物
アルの実家で、今回出てきた執事のグラフ、#3で亡くなった乳母のギータの二人にアルは守られていたと思われる。アルを守る事と、「エグザイルの扉」の一つを守るのが役割だった。

ビット 軍事
ホライゾンケイブから撤収する際のマークとしてタチアナ機に搭載された小型発光信号。これをコース要所に打ち込む事で、タチアナ機はシルヴァーナまで帰還した。


トップページへ戻る前のページへ戻る