第12話
ウルバヌス級 艦名
全部で6隻起工され、その内1番艦から5番艦までが今回戦闘に参加した。その名称は一番艦から、ウルバヌス、マルティヌス、ゲオルギウス、セバスティアヌス、ユリアヌス、エウスタキウスである。

強速前進 軍事
巡航速度である原速の上の速度で、戦闘体制ほど急がないが、巡航よりも急ぐ場合に使用する。

近、近、近、遠、夾叉 軍事
発射された砲弾のうち、3発が敵艦の手前、1発が敵艦の向こうで炸裂した為、弾着地点が敵艦を挟み込む形となって、このまま本射を行えば、命中弾が出ると言う状況。

黒2つ 信号
「敵艦2隻発見」を知らせる信号弾。

三方交差攻撃 軍事
ウルバヌスの艦首にある衝角(ラム)にて、少しずつタイミングをずらして、複数の方向からシルヴァーナにラム戦を挑む事。逃げ道を無くし、同士討ちをしてもいいから敵に吶喊する覚悟の程が現れている。

16点回頭 軍事
180度反転する事。

初弾観測二段打ち方 軍事
艦に装備された砲を斉射し、その弾着を見て苗頭(左右の修正量)と遠近を調節し、出来るだけ早期に命中弾を得ようとする打ち方。この世界の従来行われている近距離での直接照準射撃とは異なり、遠距離射撃用の射撃方で、現時点ではシルヴァーナのみが行っている。

スモーク 機械
信号弾やエンジンの不完全燃焼で煙を出し、目くらましを行う事。信号弾はヴァンシップに標準装備されており、2話でもクラウスが青のスモークを使っている。

弾種焼夷榴散 軍事
砲弾の中に、多数の薬液式の焼夷弾を詰め込み、時限信管で炸裂させ、広範囲に燃焼効果を与える弾で、シルヴァーナ独自の装備。装甲貫徹力は無いに等しい。

ディスカバード・アタック サブタイ
「発見された攻撃」と言う意味だが、チェスでは「目くらましの駒を移動させることで、その後ろの駒を攻撃に参加させる罠」と言う意味。アレックスとヴィンセントが双方互いの罠を読みあい、裏をかきながら自軍に有利な戦闘状況に持ち込もうとする状況を表している。

ヴィンス 人物
ヴィンセントの愛称。

噴進弾拡散発射 軍事
多連装徹甲噴進弾自体は真後ろにしか発射できないが、弾頭の回転を調整することにより、微妙に軌道を変化させる事が可能。

無音航行 軍事
ギルド管理下にある艦は、ユニット出力調整がギルドによってなされるため、本来無音航行は出来ない。それが可能なウルバヌスは特殊なユニットを搭載していると推測できる。

良き風と共に 世界
シルヴァーナのヴァンシップ乗りの間でよく使われる、幸運を祈る言葉。

龍の牙 地名
雲の中から多くの岩礁が突き出している上に、常時強い上昇気流が湧き上がっている暗礁地帯。シルヴァーナが作戦によく利用している。


トップページへ戻る前のページへ戻る