第19話
音響魚雷 軍事
一定の距離を飛行した後、爆発音だけを出す魚雷。爆発の周囲に何らかの物体があれば、その反響音が発生する。それをシルヴァーナ、ウルバヌス双方の聴音機で聞き取り、それぞれへの伝わり方の違いで、距離と位置を割り出す。

給金 世界
今までシルヴァーナでは、給金の分配はソフィアの任務であり、ソフィアが降りてからは支払いが滞っていた。空を飛んでいる間は別に使い道も無いが、タチアナの様に実家に送金している者にとっては結構深刻でもある。

皇帝旗 世界
皇帝の座乗している艦には、皇帝旗を上げるが、ウルバヌスの副官はソフィアが戻ってこないことを見越して既に降ろしていた。

シシリアン・ディフェンス サブタイ
「シシリア人の防御」と言う意味だが、チェスではクィーンを制圧する為の定石の一つ。更に言うならば、シシリアン・マフィアは殺そうとする相手に贈り物をする、と言われている。戴冠式への盛大な薔薇の贈り物、それはデルフィーネからの宣戦布告という暗喩であるのか?

誓約の印 世界
ディーオの額に浮かび出てきた紋章。ギルドの人間は17歳が近付くと、この印が額に浮かび出て、デルフィーネへの誓約と忠誠を誓う証とされる。本来この紋章には、忠誠の強制力はなかった。しかし、デルフィーネがマエストロになった時に、その効果を持つように全ギルド員に操作を行った。レシウスたちは、その強制力が発効する前にギルドを後にしている。

誕生週 世界
ギルドでは一般とは異なり、誕生日をその一週間前から祝うことになっている。その一週間を誕生週と言う。

デュシスの最新式 軍事
#13で登場したドゥーニャの持っていた連発式銃の事。詳しくは「ドゥーニャの銃」参照。


トップページへ戻る前のページへ戻る