第23話
御座船 軍事
皇帝の座乗艦の事。

キャスリング・ルシオラ サブタイ
チェスでは「王を守りながらルークが戦いに参戦する為の特殊動作」の事。動いていないルークとキングの位置を入れ替える事でそれを行う。この場合、アゴーンの試練を経てマエストロになったディーオがキングであり、キングを守るルシオラがルークである。

ギルド本拠 世界
ギルドの空中都市で、デルフィーネが「お城」と言った場所。名称は無く、ギルド側でも「城」、アナトレーでも「ギルド」「ギルド城」「ギルド本拠」などと呼んでいる。

グロワール 艦名
デュシスのレパラシオン型の一隻。意味は「名誉」。

ケラシオンのムース 世界
ブラックチェリーのムース。チェリーは、水の少ない乾燥した地域で生産されるので、アナトレーでは生産に適している。ここでのムースは、極上のブラックチェリーソースとカシスのソースを、ヨーグルトムースにかけた物。

コンケラン 艦名
デュシスのレパラシオン型の一隻。デュシス艦では、フランス語に由来する艦名が多く採用されており、意味は「征服者」。

フォルチュヌ 艦名
デュシスのレパラシオン型の一隻。意味は「運命」。

ルシオラの通信機 機械
ギルドメンバーのピアスは通信機になっている。これにより、ギルド本拠や他のギルドメンバーと自由に連絡をとる事が出来る。このタイプの通信機は、シルヴァーナをはじめとする各戦艦のユニットにも組み込まれている。ルシオラはあらかじめ、レシウスからシルヴァーナの通信周波数などを教えてもらい、それに合わせた状態で通信機をアルに渡したと思われる。

レインバードの道 世界
グランドストリーム中の風の弱い部分で、レインバードが渡りに使っている事から「レインバードの道」と呼ばれる。その本流と呼ばれる流れは、ギルド本拠への道であり、ギルドが人為的に作った物ではないか、という説もある。


トップページへ戻る前のページへ戻る