第5話
エアブレーキ 機械
小さな翼を開く事で空気抵抗を大きくし、急減速や降下を行う為の装置。因みに1話の、クラウスのヴァンシップの前翼で稼動していた部分はエルロン。

コーキング剤 機械
ちょっとした破損や穴等を塞ぐ為の充填剤で、仕事柄色々な事がある運び屋のヴァンシップには常備されている。

チェックリスト 機械
アリスティアがヴァンシップ発進前に行っていた各種チェックで、操舵系の確認、各種計器と時計の確認、燃料タンクの切り替え確認、燃料の濃さなどのエンジン始動前に最低限必要な項目の事である。1話のクラウス機と比べると、システムの違いが判る。

半金 世界
ヴァンシップの運び屋の報酬は、組合から受け取る連絡筒と一緒に、前金として半金を受け取り、残り半分は届け先で貰うか、もしくはそこで受け取りを貰い、それを依頼人に見せる事で貰う。2話でラヴィが受け取りにこだわったのは、残り半金を確実に貰う為でもあった。

ポジショナル・プレイ サブタイ
チェスでは、「大局から状況を判断し、徐々に相手を追い詰めていく陣形作り」の事。

リフト 軍事
シルヴァーナ後甲板に設置された、ヴァンシップを上下させる為の機械。二段式になっており、上下の発着甲板に交互に機体を送る事が出来る。


トップページへ戻る前のページへ戻る