風味堂

interview

ソロ活動の話を聞いた時、正直、僕は駄々をこねたんです。

—— 風味堂として休止することが決まった時、中富さんはどういう思いを持ってらっしゃいましたか?

中富 その提案をスタッフからもらった時、正直、僕は活動を止めたくないと思ったんです。止めるよりも、やり続けていくこと、このまま風味堂でやっていく方が、結果いいんじゃないかなというふうにしか思ってなかったので、ちょっと駄々をこねたんですね。でもメンバー本人が見ている風味堂と、外から見る風味堂って絶対違っていて、外側のスタッフから「メンバーそれぞれが外を向いた方がいい」という提案があるのならそれに乗っかろうかなと、少しずつ気持ちは変わってきましたね。で、実際2年経ってみると、このソロの期間はすごく大事で、やった方がよかったなと今は思っているんです。

—— アルバム4枚を作って、風味堂としてその先に行くために、必要な時間だったということですね。

中富 タイミング的にもそうだったと思います。ソロをやるタイミングがあれより遅かったとしたら、本当にハッキリと「遅すぎた」と思ったんじゃないかと思うくらいです。ソロ活動の話が出たくらいかな、ビクターのディレクターの高垣さんと話したことがあったんですよ。僕はその時「ソロ活動という言葉が個人的にはイヤだ」という話をしていて、「まだもうちょっと後でもいいんじゃないか」って言ったんですね。そしたら高垣さんは、「逆に今じゃないと出来ないかもしれないよ。それが一年後にとなった時に、今度はその一年後、ソロ活動やらせてもらえる立場にあるのかどうかはわからない。今やれることは今やっといたほうがいい」と言われて、なんかその言葉がすごく心に残っているんですよ。それで「今やろう」と思えたから、タイミングとしてもあの時だったんだと思うんですよね。

これから「いちドラマー」としてどうなっていきたいかを実践した2年間

—— メンバーはそれぞれ、ソロ活動が「ゆくゆくこれが風味堂に続いていく」という気持ちで、この2年間を過ごしていたようですね。

中富 そうですね。だから僕はまず、なんとなくソロ期間を過ごすのだけは避けようと考えました。前にダメだったものができるようになったとか、ちゃんと正面に向き合ってそう言えるものがほしいなという気持ちで過ごしていました。その上で、「いちドラマー」としてどうなっていきたいかということを考えましたね。

—— 広沢タダシさんをはじめ、いろいろな方のアーティストのライブのサポートをされていたそうですね。

中富 すごく勉強になりましたよ。風味堂って「3人」であって、ベースもドラムも表に出ないといけないけれど、サポートとして関わるので、どれくらい自分が出ていいのか? 出過ぎだとでしゃばるし、あまりに引っ込むとバンド感がなくなってしまうし、その加減が勉強になったというか、それは風味堂だけだとわからなかったな。

—— 風味堂では求められないことも求められていきますよね。つまり、演奏力としての幅みたいなことも含めて。

中富 風味堂ってわりとアグレッシブな曲のワンパク感を出していく曲も多くて、そのワンパク感って、悪く言うと勢いでごまかせるところもあるんです。今回広沢くんの現場で言われたことで、自分ではゆっくり叩いているつもりなんですけど「その半分くらいのテンポでもっとどっしり叩いてくれ。そうじゃないと特にバラードは伝わりづらい」と。それが一番難しかったことでした。なんとなく今までそこをごまかしてきてたんだなと自分の中でわかったんです。風味堂の場合だと、「よっしゃ行くぞ!」っていうテンションが大事で、どれだけそれを高めるかだと自分では思っていたんですけど、それが他の現場だと足を引っ張ることが多くて、落ち着いて1音目を出せるか、自分のカウントが早かったら、そこが全部変わっちゃうわけだから、いかにテンポキープができるか、そういうことがすごく勉強になったんですよね。

—— 自分になかったものを気づかされて、それを会得していった現場だった、と。

中富 そう思います。だから風味堂でも、バラードをちゃんと聴かせる時、もっと伝わりやすくなるんじゃないかと再始動したときに思いましたね。ゆっくりの中ででもグルーヴすることができて、ワンパクなところはワンパクで、という振り幅が広くなるんじゃないかと思うんです。それは楽しみですね。

—— 渡さんのソロでのレコーディングも見に行ったりされたそうですね。

中富 レコーディングはめちゃくちゃ勉強になりましたよ。玉田豊夢さん(渡wataryのアルバムに参加したドラマー)の存在は当然知ってたんですけど、初めて生のプレイを観て、で、話をして、叩かしてもらったりして、「ここどうなってるんですか?!」みたいな、本当にドラムキッズのような気持ちになれて。

—— セット自体が違うわけですもんね。

中富 「ここはこうしてるんだよ」というのを聞いて、早速次の日スタジオでそれを真似して試したりして。今実際自分の楽器で1つ、豊夢さんの真似をしている楽器があります(笑)。

—— この2年で、自分が持ち得た宝みたいな物ってどういう物がありますか?

中富 ひとつはさっき言った広沢くんの現場で学んだ「どっしり」というのと、もうひとつは、コーラスの重要性ですね。というのはどの現場でもコーラスをお願いされたんですが、その意識の持っていきどころが今回得たことかなあと思っていて。それは風味堂のためにもだし、今後風味堂とは別で、いちドラマーの中富雄也として確立していくためにも、コーラスはすごく大事だなって思ったんです。叩けるドラマーはたくさんいても、しっかり歌いながら叩けるドラマーって意外と少ないので、そこをしっかりとやっていこうと思っています。ボイトレの練習とかもやってるんですよ。教則本とか買って、そこに付いているCDを車でかけて、声の出し方とかで練習したり。今でもどこかに行く時の朝、ボイトレの練習をしてから行くっていう、その癖がついたのもこの期間中ですね。

—— 中富さんは自身のブログに「バンドにおいて、スコッティピッペンのような存在でありたい」ということを書いていましたよね。つまり、いちプレイヤーとして確立しながら、バンドでの自分の役割を果たしていくことを実感した2年間ということになりますね。

中富 それは本当にそう思っています。自分ができることと言ったら、音楽での支え方も当然そうなんですけど、人間関係における、バンドにとっての自分の役割をおろそかにしちゃいけないなと思って。今までも風味堂の中で僕の役割として、「こっちに行こうよ」って引っ張らなくてはという意識があったんですが、それは本当に大事なことだったんだなと思うんです。それが人間的に自分がバンドにとって必要な部分なのだと思いますね。

カメラマン:Nohagi Naka
インタビュー:Miho Kawaguchi (SWITCH)