kokua

1st Album『Progress』6月1日(水)発売&東名阪福ホールツアー開催!

最新情報

リリース情報

あと一歩だけ前に進もう どこにでもある人生のシーンを鮮やかに切りとった“kokua”という旋律。
明日を生きるための言葉が詰まった名盤『Progress』、10年の時を経て遂に誕生!

スガ シカオ(Vocal)、武部聡志(produce,keyboards)、小倉博和(guitar)、根岸孝旨(bass) 、屋敷豪太(drums)という日本を代表するトップミュージシャンが参加するスペシャルバンドkōkua。ハワイの言葉で「協力する、協調する」の意味を持つkōkuaは、ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌をきっかけに2006年結成、「Progress」を発表した。その後、kōkuaは同番組の放送開始10年という節目を受け同曲に続く新曲「夢のゴール」を制作し同番組で初披露、大きな反響を呼んだわけだが、なんと今年バンド結成から10年越しのファーストアルバムが6月1日(水)にリリース決定!
「Progress」の世界観をベースに構築された今作には「夢のゴール」を筆頭にスガ シカオ作詞・作曲の書き下ろしとなる新曲「砂時計」「Blue」「幼虫と抜け殻」に加え、武部聡志プロデュースによるメンバー個々のテクニカルな演奏が織りなす、壮大なインストゥルメンタル楽曲「BEATOPIA」、根岸孝旨プロデュースによるエモーショナルなメロディとリリックが特徴的なロックナンバー「黒い靴」、屋敷豪太プロデュースによるどこかノズタルジックな原風景を想像させるバラード曲「1995」、小倉博和プロデュースによるライブ感満載の「道程」といった各メンバー自身がプロデュースを手掛けた楽曲を収録。更には屋敷豪太がかつて所属したイギリスのバンドSimply Redが1991年に発表した世界的大ヒット曲「Stars」(訳詞はスガが担当)、1970年に発表された岡林信康「私たちの望むものは」のカバーを含む全12曲が収録される。ハードな質感とポップさを兼ね備えた本作は、凄腕のミュージシャン揃いのメンバーならではの切り口で、様々なロックスピリットを具現化したような作品だ。どこにでもある人生のシーンを鮮やかに切り取った“kōkua”という旋律。明日を生きるための言葉が詰まった名盤『Progress』、10年の時を経て遂に誕生!
また、バンド史上初となるホールツアー kōkua Tour 2016「Progress」が6月4日福岡国際会議場メインホールを皮切りに、東京・大阪・愛知と全国4カ所で開催!プレミアムなツアーを是非ともお見逃しなく!

1st Full Album「Progress」

  • 2016.6.1 Release
  • VICL-64578 / ¥3,000+税
  • order
  • <初回プレス分>“プログレス 音楽の流儀”ステッカー封入
  • 収録曲

    1. 夢のゴール(NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」挿入歌/田島ルーフィングCMイメージソング)作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:武部聡志, 小倉博和

    2. 幼虫と抜け殻作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:kōkua

    3. 砂時計作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:kōkua

    4. 1995作詞:スガ シカオ 作曲・編曲:屋敷豪太

    5. BEATOPIA作曲・編曲:武部聡志

    6. Blue作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:kōkua

    7. Stars原作詞・作曲:MICK HUCKNALL 編曲:kōkua 日本語詞:スガ シカオ

    8. 道程作詞・作曲・編曲:小倉博和

    9. kōkua's talk 2作詞:スガ シカオ 作曲・編曲:武部聡志

    10. 黒い靴(NHK BS プレミアムよるドラマ「ふれなばおちん」主題歌)作詞:スガ シカオ 作曲・編曲:根岸孝旨

    11. 私たちの望むものは作詞・作曲:岡林信康 編曲:kōkua

    12. Progress(NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」主題歌)作詞・作曲:スガ シカオ 編曲:武部聡志, 小倉博和

店舗別特典

2016年6月1日(水)発売のアルバム「Progress」を下記対象店にて購入頂いた方に先着で特典「プログレス 音楽の流儀」クリアファイルをプレゼント!各対象店の特典数量には限りがあるので、無くなり次第終了となります。ご予約・購入はお早めに!

対象商品:アルバム「Progress」VICL-64578

  • A

    タワーレコード全国各店/
    タワーオンライン

  • B

    TSUTAYA RECORDS セルCD取り扱い店/TSUTAYAオンライン ショッピング

    • ※一部、取扱いの無い店舗もございます。
    • ※TSUTAYAオンラインショッピングでの特典提供はご予約分のみ対象です。
  • C

    HMV全国各店/ローチケHMV

comment

  • スガ シカオ

    NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌『Progress』誕生から10年を経て、ついにkōkuaというバンドのフルアルバムが完成しました。
    ポップでロックなオリジナル曲、まさかの洋楽日本語カバー、ずっとやりたかったあの曲・・・聴いた誰かの人生がキラキラ輝きだすような、そんなアルバムです!!スガ シカオ

  • 武部聡志

    約10年ぶりのkōkuaのレコーディング、そして10年目にして初のアルバムリリース、気心知れたメンバーとの楽器を通しての会話を存分に楽しみました。ミュージシャン同士の息遣い、スタジオセッションのキラキラした輝きを感じ取って欲しいです。完全武装した作品が多い昨今、額縁からハミ出した我々の奏でる音が、多くの人の心を動かすことを願っています。そして今回もやっぱりスガシカオの唄の切れ味、歌詞の素晴らしさに脱帽でした。大人のロックバンドここにあり♪武部聡志

  • 小倉博和

    スガシカオ 20thアニバーサリー企画 第2弾として、10年ぶりに動き出したkōkua
    待ってました!と思うあなた、大正解です!!

    ソロアルバム “THE LAST” では表現されなかった
    彼のアナザーサイドが、存分に味わえる事でしょう

    シャッフルするもよし、続けて聴くもよし
    唯一無二、シカオのセカイ、二枚合わせて、ご堪能下さいませマセ小倉博和

  • 根岸孝旨

    kōkua結成10年目にして初のアルバム!
    ソロとはまた違うスガくんの世界はもちろん、他のメンバーも他では見られない色々な顔を見せていて、とてもバラエティーに富み、オトナもニヤリと聴けるアルバムになりました。
    我々以上に、皆さんにも楽しんでいただけると確信しています!根岸孝旨

  • 屋敷豪太

    最高の仲間と最高の音楽が出来ました。
    このメンバーでアルバムを制作出来た事に感謝です。
    Starsという僕にとって、とても思い入れのある曲をスガ君の日本語詞でカバー出来たことに喜びを感じると共に感慨深いものがあります。

    そして、ツアーが楽しみです!屋敷豪太

Movie

  • kōkua - 1st Album 「Progress」スペシャルトレーラー

  • kōkua - 「夢のゴール」 MUSIC VIDEO

  • kōkua - 1st Album『Progress』予告編

Live

kōkua Tour 2016「Progress」

  • チケット情報

    ・前売り:全席指定 ¥7,800(税込)

    ・チケット一般発売:5月14日 AM10:00~

6.4(土)

17:00 / 18:00

福岡福岡国際会議場メインホール

(問) BEA092-712-4221

6.14(火)

18:00 / 19:00

愛知(名古屋)日本特殊陶業市民会館ビレッジホール

(問) サンデーフォークプロモーション052-320-9100(全日10:00~18:00)

6.17(金)

18:00 / 19:00

大阪NHK大阪ホール

(問) キョードーインフォメーション0570-200-888(毎日10:00~18:00)

6.24(金)

18:00 / 19:00

東京NHKホール

(問) HOT STUFF PROMOTION03-5720-9999(平日12:00~18:00)

Profile

kokua NHK総合テレビジョンで2006年より放送されているドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』の主題歌をきっかけに日本のトップミュージシャンが集結したスペシャルユニット。

  • スガ シカオ(Vocal)
    1997年「ヒットチャートをかけぬけろ」でデビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがオリコンTOP10入りを記録。
    2011年、所属事務所からの独立を発表、メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年、シングル「アストライド/LIFE」でメジャーフィールドに完全復帰。
    2016年1月には通算10枚目にして、2度目のメジャーデビューアルバム『THE LAST』をリリースした。
  • 武部聡志(produce, keyboards)
    一青窈、今井美樹、華原朋美、JUJU、ゆず、平井堅等のプロデュースで知られる音楽プロデューサー。作曲家、キーボーディスト、アレンジャーとして数多くのアーティスト手掛ける。
    1983年より松任谷由実コンサートツアーの音楽監督を担当。CX系ドラマ「BEACH BOYS」「西遊記」etcの音楽担当、CX系音楽番組「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭」の音楽監督、スタジオジブリ作品「コクリコ坂から」の音楽担当等、多岐にわたり活躍している。
  • 小倉博和(guitar)
    ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー、サウンドプロデューサー。
    サザンオールスターズ、桑田佳祐、福山雅治、槇原敬之ほか数多くのアーティストのライブ、レコーディングに参加。 ギターデュオ山弦、Bank Bandとしての活動も注目される。
    2014年11月に1852年製のMartinギターをフィーチャーした初のソロアルバム「GOLDEN TIME」をリリース。名実ともに日本屈指のギタリストとして活躍を続けている。
  • 根岸孝旨(bass)
    Cocco、GRAPEVINE、つじあやの、くるり、中島美嘉、aiko、miwa等数多くのアーティストの作品をプロデュース。また、Dr.StrangeLove、JUNK FUNK PUNKでバンド活動を行う他、ベーシストとして、奥田民生、吉井和哉、藤井フミヤ等のアーティストをサポート。
  • 屋敷豪太(drums)
    世界を舞台に活躍するドラマーにして、プロデューサー。88年、英国のSoulIISoulに参加。世界のダンス・ミュージックシーンに一石を投じた“グランド・ビート”を生み出す。
    91年、Simply Red「Stars」に参加し、英アルバムチャート2年連続1位を記録。その後、ソロ活動の他、nokko、藤井フミヤ、サッカー国際試合選手入場曲「WORLD SOCCER ANTHEM」などをプロデュース。