斉藤和義 Special Web Site

斉藤和義 ニューアルバム「風の果てまで」 2015年10月28日発売

最新情報

リリース情報

初LAレコーディング敢行!孤高の歌うたい、ニューアルバム完成!!

ハウス「ウコンの力」TV-CMソング「攻めていこーぜ!」にチャーリー・ドレイトンがドラム参加したアルバムバージョン、ドラマ「婚活刑事」主題歌「傷口」、昨年TV-CMやWEB上で公開された「タイムスリップ!堀部安兵衛」主題歌の「Endless」アルバムバージョン、夏木マリへ提供した自身のプロデュース曲「Player」のセルフカバーなどを含む全12曲収録

斉藤和義 ニューアルバム「風の果てまで」

2015年10月28日発売

    • 初回限定盤A(2CD+DVD)
    • ■初回限定盤A(2CD+DVD)VIZL-1020 / ¥4,400+税
    • ORDER
    • 初回限定盤B(2CD)
    • ■初回限定盤B(2CD)VIZL-1021 / ¥3,500+税
    • ORDER
    • 通常盤(CD)
    • ■通常盤(CD)VICL-64600 / ¥3,000+税
    • ORDER
  • ダウンロード

  • CD※初回限定盤A・B・通常盤 共通
    1. あこがれ

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「あこがれ」

         冒頭を飾るのはアルバム用にチャーリー・ドレイトンと最初に録った曲。「去年12月のRUMBLE HORSESのツアーの合間に1日だけチャーリーと2人だけでスタジオに入ることになって、急遽仕上げて録音しました。チャーリーはドラムの他に12弦ギターも弾いてます」。合図のようなシンバルと、それに続く低音のギターのカッティングが曲の展開を楽しみにさせる。加速していく疾走感、サビで明度を増す曲調はアルバム全体への期待をあおるよう。「歌詞を書く時にイメージしたのは、アメリカンコミックに出てきそうなスカした感じの白猫。とんがった丘の上に住む伝説の美人猫、みたいなね」。歌詞は自分の心の声をもっと聞いていいと思うけどな、と囁いてくる。「流行は悪いとは思わないけど、それを追いかけてばかりだと誰かのコピーにしかなれない気がする。俺はあんまり追わないかな」。骨太でどこか軽やか。雰囲気がガラリと変わる間奏も印象的。

    2. さよならキャディラック

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「さよならキャディラック」

         イントロの細かく刻むギターの音色に、足と腰はそわそわし出す。ドラムが鳴るとじっとしていられるのはほんの数秒。歌い出だしの“さ~よな~らキャディラック♪”を耳がとらえた瞬間、そのフレーズをなぞりたい衝動に駆られる。絶妙すぎる言葉とメロディの一体感に、口が喜ぶのだった。「この組み合わせしかないっていう感じで、メロディと歌詞が一緒に出て来たんですよ。タイトルも他に考えられなかった。歌詞は“さよならキャディラック”って何だろう? から広がっていきました」。結果、変化し続ける音楽と聞き手の関係への嘆きや怒りや抗いを感じさせる歌に。「ダウンロードやストリーミングが主流になりつつあるのはわかるけど、単純にもっといい音で聴いてほしい。あと、音楽は芸術で、みんなが聴くまでも作り手だけじゃなくたくさんの人が汗をかいていることを忘れないでほしい」。斉藤の人生観も透けて見えてきそうだ。

    3. 傷口

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「傷口」

         ドラマ「婚活刑事」の主題歌で、9月2日に両A面シングルにタイトル曲として発売。予想以上に順調に進んだロスでのレコーディングの後半、斉藤は急遽作りかけだった何曲かをホテルの部屋で仕上げスタジオへ。「自分のスタジオで録ってあったドラムをチャーリーに聴かせたらおもしろがってくれたので、それをループにして前からあったギターのリフをのせたり、チャーリーがドラムを叩いたりして最終的に仕上げてきた曲」。帰国後、歌詞を書き、歌入れをした。「最初、主人公の女性にエールを贈るようなものにしようと思っていたけど、書いてるうちに主人公に恋する男の歌になりましたね。自分が女性をどう見ているか、どんな女性を魅力的と思っているかが出てると思う」。当初、「曲としてはすごく気に入っているけどアルバムに入らないかも」と思っていたというが、ドラマ主題歌になったことで曲の運命は変わり、アルバムの3曲目に収まることになった。

    4. 攻めていこーぜ!(Album ver.)

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「攻めていこーぜ!」(Album ver.)

         「ウコンの力」のCMとして5月からオンエア。3曲目の「傷口」と同じく9月2日発売された両A面シングルにタイトル曲として収録。5月からのオンエアに向け、アルバムの曲作りが始まったまだ寒さの残る時期に作られた。「ずっと好きだった」の流れをくむ斉藤和義節の王道。「依頼書みたいなのを見ている途中でなぜか突然1番のサビが詞、曲同時に出てきて、それに続いてAメロ、Bメロもバーって。ひねらない、がテーマだったので、勢いに任せて詞、曲を同時に作った感じです。でき上がるのに30分もかからなかったんじゃないかな」。オリジナルは斉藤、山口寛雄(B)、玉田豊夢(D)で収録し、今回、「アルバム全体をチャーリーのドラムで統一したい」とドラムのみ差し替えた。「豊夢くんのドラムとはまた違う、大きなノリになった気がする」。デビューから20年を超えなお突き進む斉藤。「“攻めていこーぜ”っていうのは、結局、自分に言ってるんでしょうね」。

    5. アバリヤーリヤ

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「アバリヤーリヤ」

         音が鳴ると景色は一変。夕日に染まる砂漠、ベリーダンスの美女、魔法のランプ、と中近東のイメージが浮かんできた。「去年買って以来はまっているドラムマシンがあるんですよ。おもしろそうなリズムを鳴らしては、それにギターやピアノを乗せて一人で遊んでる。スタジオでも同じようにして遊んでいたらこの曲ができてきた。こういう四つ打ちの、自然に踊りたくなっちゃうようなビートは好きだし、作りながら“これはライブ映えしそうだな”とか思ってました」。曲の世界観を決めたのはタイトルでもある“アバリヤーリヤ”というフレーズ。「曲に導かれるように口をついて出てきたんですよ。なんで出てきたのか、どういう意味なのかぜんぜんわからないけれど、これを活かすしかないな、と思って」。LOVE&PEACEという願いがこもっているように思える。

    6. 夢の果てまで

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「夢の果てまで」

         深く閉じられた闇の中で揺らめくロウソクの灯りが似合うような、気だるく濃密な雰囲気に包まれる曲。そのロマンティックな大人っぽさにほんのり酔ったような気持ちにもなる。70年代後半から80年代に流行したAORにも通じる曲調が新鮮。曲の作ったのはかなり前だという。「ドラムとベースだけのオケは5年前に出したアルバム『ARE YOU READY?』の頃にはすでにできていたはず。早く仕上げたいと思ってレコーディングのたびにメロディを考えてはいたんだけど、あまりないタイプの曲調だったから、なかなかうまくまとまらなくて。チャーリーだけでなくダリル(ベーシストのダリル・ジョーンズ)とも一緒にやれる今回こそ絶対に完成させるぞ! と思って作ったら、こんなメロディになった。メロディができたら歌詞もすっと見えてきて、男と女の歌になりましたね」。斉藤の歌声もセクシー。

    7. 小さなお願い

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「小さなお願い」

         こちらも男と女の歌、と言っていいと思うのだけれど、浮かんでくるのは初々しい2人。「曲ができたときからサビの締めの“小さなお願~い♪”はあって、タイトルはこれかな、と。いったい何が小さなお願いなのかな、と思いながら3、4回歌詞を書き直しました。ロスでは歌も一緒に録ってきたけど、曲の長さと歌詞の情報量のバランスがうまくとれてない気がして、再度日本で書き直して歌い直しました。悩んでいたときに、何となく浮かんで書いていた詞をちょっといじっていたら、見事にこの曲にはまって、ああ、これだったのか、と。いう感じでした」。2人の関係は? なぜ、何に、そのままでいてと言っているの? と想像が膨らむ。哀愁を帯びたメロディだが、アレンジ全体、また間奏のピアノにはほのかな明るさもにじむよう。3分に満たない曲だが味わいは深い。

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「恋」

         アコースティックギターのゆっくりとしたストロークで語られる、恋する男子の心のつぶやき。「ロスから帰った後に届いた、ギブソンさんにいただいた12弦のアコギがものすごくいい音で。それをポロポロ弾いてたら、ほぼ詞曲同時にできましたね」。今回、一人多重録音はこの曲だけ。「Macに入っているGarageBandっていうお手軽な録音ソフトで録ったデモテープの雰囲気がよかったんですよ。あんまり声を張ってない歌とか、自分でもどうやったか覚えていない、味付け程度に足したいろんな音とか。これはスタジオでは再現できないな、と思って。ベースとドラムだけは、あとでスタジオで録りましたけどね」。男子はいくつになってもこんな感じ? と尋ねると「そうですよ」と即答し「多分」と付け足した。しょうもないなあ、と思うほどに愛おしいような気持ちも募る曲。斉藤和義ならでは、かもしれない。

    8. シンデレラ

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「シンデレラ」

         作っていたのは、サラリーマンのように規則正しくスタジオに通っていた早春の頃。「広いスタジオの隅でギターを抱えて一人で曲作りをしているとだんだん煮詰まってくるんですよ。そういう時にはたいてい、ドラムマシンのつまみを適当に回して、出て来たパターンに合わせてドラムを叩いて遊んでました。それをいくつも録って、そこにギターやピアノを重ねたりして一人でジャムっているうちに、いろんな断片がまとまってひとつの曲になってくるんですよね」。この曲も、そうやってできたうちのひとつ。「作りながら、ちょっとOASISみたいかもな、まあそれもいいか、と(笑)。最初は全く別の歌詞を書いていたけど、途中で“シンデレラ”という言葉が出て来て、タイトルとシンデレラのその後、という方向性が決まった感じです」。 甘やかなファンタジーのイメージの対極にありそうな重層的な響きと内容だが、厚い雲を抜けたら見える青空のような広がりと明るさも感じ取ることができる。

    9. 時が経てば

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「時が経てば」

         衝撃作。“ビルの屋上から男が飛び降りようとしている“で始まりも”がんばれ、負けるな“という後半のフレーズも。「ボブ・ディランをやろうと思ったんです(笑)」という斉藤の言葉がすとんと腑に落ちる。60年代、70年代の匂いがする。「1番の詞だけは17、8年前からあって、いつか曲にしたいものだと思って何度も試してはいたんですよ。今回、曲作りに煮詰まって一人でジャムって遊んでいた時にできてきた曲がこの歌詞を思い出させて、残りの歌詞もメロディも一気に出てきた。かなり殺伐とした歌詞だったけど、との時はそれもいいかな、と」。歌は一度、ロスで”せーの“で収録。「でもやっぱりこれじゃあ、救いがなさ過ぎる、と思って、そのままミックスする気にとてもなれなかった。ず~っと考えて、やっと出て来た言葉と何カ所か入れ替えて、そこだけ、日本で歌い直しました」。斉藤が”がんばれ“と歌ったのは今回が初めて。意外だった。「自然に出て来たから、まあいいか、と。昔からそうだけど、曲は誰かに向けて作ってるわけじゃない。結局、自分に向けて言ってるんでしょうね」。

    10. Player

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「Player」

         去年、夏木マリさんに提供した曲。“60歳になる私に向けて書いて”と依頼され、斉藤自ら夏木さんにインタビューも。「歌詞のほとんどはマリさんから出て来た言葉。”傷口なんて舐めれば直る“とか、すごいマリさんぽいと思うし、自分もそうありたいもんだね、と思う。playerという言葉は、メロディに合わせて出て来たんですよ。まだ歌詞がし上がる前に、マリさんが自分の肩書きを”プレイヤー”と言ってると知って、ああ、この方向は間違ってないぞ、と思ったのを憶えてますね」。曲作りでは的を外さない人なのだ。「自分でもすごく気に入っている曲だから、ぜひチャーリーやダリル、マニーと録っておきたかったんですよ。特典CDに入れるかシングルのカップリングかな、と思っていたけど、スタッフからも“これは本編に入れましょうよ”、と。最後、日本で高田漣さんに入れてもらったペダルスチールギターが、かなり効いています」。いい具合に年を重ねた斉藤にぴったりの歌になっている。

    11. Endless(Album ver.)

      • 試聴
      • 楽曲解説
        「Endless」(Album ver.)」

         昨年秋にWEB上で公開されたドラマ「タイムスリップ!堀部安兵衛」の主題歌。「“経年劣化”とは逆で、年月を経るに従って良くなることをテーマに曲を書いてほしいと言われた時に思い浮かんだのがギター。これまでも何度か曲にしようとしてはボツになっていた、一本の森の木がギターになって、いろんな人に弾き継がれていくという長い詞の内容を凝縮して歌にした感じです」。今回、玉田豊夢のドラムをチャーリー・ドレイトンのどラムに差し替えて収録。作っていたのはアルバムとは関係ない時期だけれど、どこまでも吹き渡っていく風をイメージさせる軽やかな曲調といい歌詞の内容といい、タイトル曲のように聞こえて仕方がない。「確かに、歌詞の内容がタイトルとも合うなあと自分でも思う。この手の曲はだいたい3、4曲目なんだけどね。最後にもって来たことでアルバム全体も締まった気がする」。シャッフルせずに曲順のままで聴くことで、タイトル曲としての意味合いが、さらに深まるはずだ。

    特典CD※初回限定盤A・Bのみ付属

    栃木発地域ドラマ「ライド ライド ライド」主題歌として書き下ろした「ワンダーランド」をはじめ、泉谷しげる「明日も今日の夢のつづきを」のカバーを含む3曲の新録音源収録

    1. NO!

      • 楽曲解説
        「NO!」

         ひとつの言葉を3回繰り返すと、強調とおかしみが生まれてくるのだなあと改めて思う。38行の歌詞のうち、ひとつの言葉が3回繰り返されるのが14行。あっという間に歌詞が頭に入っていた。「家にはテレビがないので、今の日本がどうなっているのか、世界情勢がどうなっているのか、ほとんどわかってないんですよ。よっぽど気になるものは、ネットのニュースで見てますけどね。よしあしはあると思うけど、すっきりしてる。ある意味『45STONES』(2011年発表)の頃とは真逆なんでしょうね」。今回、時事をはっきりと感じさせるのはこの曲だけ。「まあ、このままの歌ですね」と斉藤。何に対して”NO!”なのかは、タイトルだけで想像がつく人も多いだろう。怒りや嘆きややるせなさや悔しさがないまぜになっている。歌詞を書いたのは日本。レコーディング後半、急遽チャーリーと2人で仕上げた曲で、ロスではオケのみ録って来た。帰国後、日本で気鋭のギタリスト・真壁陽平にギターを依頼。真壁はツアーにも参加する。

    2. "明日も今日の夢のつづきを

      • 楽曲解説
        「明日も今日の夢のつづきを」

         泉谷しげるさんが1998年に発表したシングル。2011年4月、斉藤が震災復興支援のためにユーストリームで毎週金曜に行ったライブ生中継の最終回、自ら選曲して泉谷さんと一緒に歌っている。「特典CDに一曲カバーを入れるのもいいなと思ったときに、「NO!」と対になるような曲がいいな、と。それでこの曲が浮かんだんです。アルバムの最後に録りながら、いやあ、いい歌だなあ、こういう歌詞を書きたいものだなあと思いましたね。この曲があるから、別に俺が作らなくてもいいとは思うんだけど(苦笑)。ここまでストレートに言い切る歌詞は、自分はなかなかで書けないですね?」。エレキギターと歌だけで録音。飾りのないシンプルさが力強くて、斉藤の弾き語りの力量を痛感させる。斉藤はこんな気持ちで今と未来を見ているのだろうな、という気もする。

    3. ワンダーランド

      • 楽曲解説
        「ワンダーランド」

         昨年9月に放送されたNHK宇都宮放送局開局70周年を記念して製作されたドラマ「ライド ライド ライド」の主題歌。斉藤の地元・栃木県の那須町が舞台にした、プロの自転車ロードレースチームの物語だった。原発事故の影響を受けた那須町の復興も、裏テーマとして描かれていたという。「バラードじゃないと思う、と言われたくらいで、あとはお任せ。曲はすんなりできたけど、しっくりする歌詞ができるまで、ちょっと時間がかかりました」。アップテンポで元気の出る曲。男たちがOhー!と雄叫びを上げる歌は、他にないはず。王道の斉藤節と新しさが混在している。「本当は本編に入れたかったけど、ただでさえ長い本編がさらに長くなるのはどうかと思って外しました」。配信時の一人多重録音のまま収録。去年の夏前に作っていたこの曲に、“風”はすでに吹いている。

    特典DVD※初回限定盤Aのみ付属

    2007年発表の「愛に来て」から最新シングル「攻めていこーぜ!」まで、大ヒットシングルを含む全16曲のVIDEO CLIPを収録

    1. 愛に来て
    2. やぁ 無情
    3. おつかれさまの国
    4. ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
    5. COME ON!
    6. ずっと好きだった
    7. Stick to fun! Tonight!
    8. ウサギとカメ
    9. やさしくなりたい
    10. 月光
    11. ワンモアタイム
    12. Always
    13. かげろう
    14. ひまわりの夢
    15. カーラジオ
    16. 攻めていこーぜ!
オフィシャルライナーノーツ

 どの曲も紛れもなく斉藤和義印。なのに一曲ごとに驚きがあり、どこか懐かしさもある。新作の音源を最初に聞いた時にそう思った。タイトルも収録曲も(当然曲順も)決まってはいなかった。「マスタリングまであと一ヶ月。少しでもいいものになるようにギリギリまで考える」と話す斉藤の表情は引き締まっていた。

 今回のアルバムの扉が最初に開いたのは去年12月。2003年3月発売の9枚目のアルバム「NOWHERE LAND」で出会い、その後も親交を深めていたドラマー、チャーリー・ドレイトンと回ったツアー、“RUMBLE HORSES”だった。10年以上ぶりにリハーサルスタジオで一緒に音を出し、初めて同じライブステージに立った。小編成のこのツアーはソリッドで、目の前で音楽が生まれ飛び立っていくのを体感できた。 「とにかく叩きっぷりがかっこいいし、一緒にやって気持ちがいいし、やっぱり相性がいいなあ、と。それで次のアルバムは一緒に作りたいと思ったんですよ」

 ツアーの合間にさっそく2人でスタジオに入っていたという。これだ!と決めたら、突き進むタイプなのかもしれない。その後2人のスケジュールを調整し、5月のロサンゼルスレコーディングが決まった。

 いつもの一人多重録音ではレコーディングが始まってから曲を仕上げていくパターンだが、3週間と期間が限られていてはそうもいかない。曲作りに入る前は「すっからかん、アイディアもモチーフも全然ない」と苦笑いを浮かべていた斉藤だったが、曲数は最終的に3、40曲に。その中から「チャーリーとやったら面白いだろうな」と思うものを17、8曲選んでロサンゼルスレコーディングにのぞんだのだった。
「どんな曲でもチャーリーが叩けばいつもとは別な感じになるという安心感があったから、変にこだわりすぎたり何かを意識したりせず、サビだろうがリフだろうが、自分の中から出てきたものをそのまま曲にできた気がしますね。チャーリーと作る、という前提があったからあまり作り込まなかったせいか、シンプル目な曲が多いと思う。歌詞もなるべくわかりやすくしました」

 ロスではほぼすべての曲のベーシックを二人で“せーの”で録り、うち何曲かに、ローリング・ストーンズのサポートをつとめるベーシストのダリル・ジョーンズ、ビースティ・ボーイズやジャック・ジョンソンのサポートで知られるキーボーディストのマニー・マーク、さらにロスを拠点に活動するMY HAWAIIの鹿野洋平が参加。予定外の曲も仕上げて帰国できるほど、順調なレコーディングだった。
「腕もセンスも確かな人たちばかりだから、早かったですね。ああいう人たちと一緒にやっているともっと自分もうまくならなきゃいけないと思うし、うまくなったとも思う。ちゃんと対等にやってるじゃん、俺、みたいに感じて、嬉しかったですよ(笑)。」

 MANNISH BOYSのツアーを挟みながら日本での作業を継続し、TDの直前まで調整と熟考を重ねて仕上げたアルバム。「10曲入り、40 分ちょっとくらいが一番いい」と常々語っているが、「長さより内容」と12曲入り55分となった。
「今までとは違うアルバムになっていると思いますね。なによりグルーヴが全然違う。チャーリーは曲ごとのドラムのセッティングやチューニングにすごく丁寧にこだわるけど、本番では一発入魂、迷いなく叩く。その気合いにこっちも乗せられるし、お互いに呼応しながら高まっている感じが音に出ていると思います。自分のアルバムでありながら、どこかチャーリーとのユニット感があるのも、今までとは違うところですね」

 2年ぶり、18枚目アルバムに斉藤は「風の果てまで」と名付けた。
「風っていう言葉が使いたかったんですよ。歌詞にもよく出てくるし、キッとしたしたあの字面も好きだし、ボブ・ディランや日本の先輩たちが“風”と歌う時の深い意味合いがちょっとだけわかってきたというか。風のあとにどんな言葉を続けるかいろいろ迷ったけど、最終的には語呂で決めた感じです。いろいろイメージできそうでいいな、と思って」

 斉藤といえばこれまでは、月であった。「月はもういいでしょう」と笑ったけれど、月から風への移行は、斉藤の目線の変化を表しているように思える。その目線は今、空を見上げるよりも、風の行く先をみはるかすように地平の先二向いている、とでもいうか。現在斉藤が持つ人生観や在りようが、「自分のなかから出て来たメロディや言葉から広げた」という、作為とは縁遠い斉藤の作品から静かに溢れ出しているように思える。タイトルは、風が駆け巡る世界各地に歌を届けたい、この世界が存在する限り愛される音楽を生み出し続けたいという想いにも、命という風が尽きる時まで歌い続けるよ、という意思表示にもとれそうなのだった。今また、斉藤は次のステージへと足を進めているのではないか、と熱く訊ねたが、返って来たのは「へえ、どうなんでしょうね」だけだった。

 繰り返しアルバムを聴いた今、衝動は“もっと聴きたい”からと“歌いたい”に変わっている。バラエティに富んだ魅力的な歌たちが、聴かれ、歌われるのを待っている。

購入特典情報

シングル「攻めていこーぜ!/傷口」&アルバム「風の果てまで」スペシャルW購入キャンペーン実施!

発売中のシングル「攻めていこーぜ/傷口!」(VIZL-990/VICL-37800)初回プレス分に封入されている“いつか使える?マルせ応募券”と10月28日(水)発売のアルバム「風の果てまで」(VIZL-1020/VIZL-1021/VICL-64600)初回プレス分に封入される“すぐに使える!マルせ応募券”を2枚1口にして、ご応募いただいた方の中から抽選で、下記スペシャルグッズをプレゼント!!

  • 応募者全員プレゼント
    • 斉藤和義「風の果てまで」A4判オリジナルステッカーシート
  • Victor 賞
    • 斉藤和義直筆サイン入り
      ニッパー犬置物(21cm)<5名>
      • ※賞品が変更となっております。
    • 斉藤和義直筆サイン入り
      B2判(縦51.5cm×横72.8cm)写真パネル<10名>
    • 斉藤和義「風の果てまで」
      オリジナルTシャツ<100名>
      • ※サイズの指定はできません。
  • Bose 賞
    • 「風の果てまで」発売記念
      Boseとの限定コラボモデル SoundLinkR Mini speaker II KS ロゴ入り<20名>
    • 斉藤和義直筆サイン入り
      Bose オリジナルTシャツ<20名>
      • ※サイズの指定はできません。
  • Gibson 賞
    • Kazuyoshi Saito J-160E Prototype のボディトップ材(実寸大)の直筆サイン入りオブジェとボックスフレーム付<10名>

      初の日本人ア?ティストモデルとして2013年にGibson Kazuyoshi Saito J-45 をリリースしたギブソンモンタナより今年の夏フェスで使用していたGibson Kazuyoshi Saito J-160E Prototype の実寸大ボディトップ材を使ったオブジェをアニバーサリー仕様スペシャルボックスフレームに入れプレゼント

      • ※このオブジェは、Kazuyoshi Saito J-160E モデルプロトタイプのトップ材を利用した記念オブジェとなります。
      • ※写真はイメージです。
    • 斉藤和義直筆サイン入り
      Gibson Acousticロゴ入り本革パスケースBlack(Gibson Acousticより提供)<20名>

      ギブソンアコースティックのロゴを型押した革製パスケース(サイン入り)をプレゼント

  • MOOER 賞
    • 斉藤和義直筆イラスト入りMOOER エフェクター<3名>

      コンパクトで実用性あるエフェクターとして話題のMOOERに斉藤和義直筆イラストを入れプレゼント

      • ※エフェクターの種類は指定できません
シングル「攻めていこーぜ!/傷口」&アルバム「風の果てまで」連動『W購入者応募者全員プレゼント』キャンペーン応募方法下記の概要と注意事項をよく読んでご応募下さい。
  • 応募概要

    下記に記載している【応募に関する注意事項】をご熟読の上、9月2日に発売されたシングル「攻めていこーぜ!/傷口」(初回限定盤 VIZL-990/通常盤 VICL-37800初回プレス分)封入の“いつか使える?マルせ応募券”と、10月28日発売のアルバム「風の果てまで」(初回限定盤A VIZL-1020/初回限定盤B VIZL-1021/通常盤 VICL-64600初回プレス分)封入の“すぐに使える!マルせ応募券”を2枚1口として、封書でご応募下さい。
    尚、ご応募の際には、「ステッカーシート」返信の為、返送先のご住所とお名前を明記した120円切手貼付済の返信用封筒を一緒に同封下さい。また、返信用封筒は「ステッカーシートのサイズ21.0cm×29.7cm(A4サイズ)」より大きいサイズをご用意下さい。

  • 応募宛先

    〒150-0011
    東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
    ビクターエンタテインメント
    『斉藤和義スペシャルW購入キャンペーン』係 行

  • 応募締切

    2015年11月11日(水)消印有効

  • 応募に関する注意事項
    • ※「いつか使える?マルせ応募券」「すぐに使える!マルせ応募券」は2枚揃って1口のご応募です。どちらか一方でも応募券が不足の場合は無効とさせて頂きます。
    • ※必ず120円切手貼付済の返信用封筒を同封下さい。同封頂けていない場合は無効とさせて頂きます。
    • ※応募券は如何なる場合も再発行致しません。
    • ※「ステッカーシート」の発送は11月下旬以降に発送を予定しております。
    • ※抽選グッズの当選者発表は、グッズの発送をもってかえさせて頂きます。また、抽選グッズの発送も11月下旬以降に発送を予定しております。
  • 個人情報について
    • ※ご応募にあたりご記入頂いた個人情報は、グッズの発送以外の目的で使用する事は一切ございません。
    • ※当社の個人情報保護方針に即して適切に保護し、ご応募頂いた方へのグッズ発送後、発送確認の為1ヶ月間保管し、全て再生不可能な形状にした後、破棄致します。
    • ※法令に基づいて司法、行政、又はこれに類する機関からの情報開示要請を受けた場合を除き、お客様の同意無く個人情報を第三者に提供、又は開示する事はございません。

店舗オリジナル特典

下記チェーンにて、アルバム「風の果てまで」(VIZL-1020/VIZL-1021/VICL-64600)をご予約・ご購入いただきました方に先着で、各オリジナル特典をプレゼント!!特典はなくなり次第終了となります。お早めにご予約ください。※一部、特典の取り扱いのない店舗もございます。予めご了承ください。

  • タワーレコード全国各店
    タワーレコードオンライン限定特典
    • ★オリジナルポスター(カラーA)
  • TSUTAYA RECORDS全国各店
    TSUTAYA オンラインショッピング限定特典
    • ★オリジナルポスター(カラーB)
      • ※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
  • HMV全国各店
    HMVオンライン限定特典
    • ★オリジナルポスター(カラーC)
  • その他一般店
  • ※特典対象外の店舗もございます。ご予約・ご購入の前に必ず店舗へお問い合わせください。

映像