音楽と生きる

ビクターエンタテインメントは1928年に日本ビクター株式会社(現・株式会社JVCケンウッド)の
音楽事業部門としてレコード生産を開始し、1972年にレコード会社として独立。
長い年月を超えて、それぞれの時代に愛される音楽とアーティストを真摯に創り続け、
幅広く音楽事業を展開してきました。

ビクターエンタテインメントのスタッフは、
音楽を愛し、共に音楽を創り出すアーティストを愛しています。
そして、その音楽とアーティストを世に広めるために私たちは発信しつづけています。

私たちの仕事は、ありとあらゆる情報を基に自らが考え、
緻密に計画を練り、主体的に動くことが必要です。
楽曲が素晴らしくても、アーティストが魅力的でも、
それを発信する人がいなければ、
その芸術や才能は残念ながら埋もれてしまいます。

人々がまだ聴いたことのない音楽に出逢う。
その瞬間を創出することが私たちの役目です。

いつも、音楽のことを考え、自分の仕事にどう活かしていくか。
音楽を発信しつづけることを使命とする私たちには当然のことです。

時代の変遷と共に音楽の楽しみ方は変化しています。
音楽を創り、人々に発信したいと強い想いがある方、
これからの時代に向けて、私たちと一緒に「音楽」を発信しつづけませんか?