WHAT WE DO - 音楽を〇〇する。 - ビクターエンタテインメント主な仕事

音楽を創る

アーティスト獲得・作品企画・予算・収益モデルの組み立てからレコーディングやライブにおける現場監督まで、
プロジェクトの旗振り役を担うディレクター、プロデューサーと、国内トップの設備と人材を誇る
ビクタースタジオ、フレア・マスタリングによって名盤は生み出される。

磯 希

スピードスターレコーズ
制作担当

インタビューはこちら>

音楽を宣伝する

作品をより多くの人々に届けるための最適な宣伝プランを組み立て、実行するプロモーター。
テレビ・ラジオ・活字(新聞・雑誌など)・タイアップからWEB・SNS戦略と、守備範囲は無限。

小笠原 洋平

マーケティング本部
デジタルプロモーション担当

インタビューはこちら>

増澤 絵里子

スピードスターレコーズ
タイシタレーベル 宣伝担当

インタビューはこちら>

音楽を売る

日本特有の市場を的確にとらえ、フィジカルとデジタルの両マーケットで売上を作る
販促プランナー、セールスマン。CDショップから聞き放題サービスと、日々変化する市場を相手取る最前線。

岩城 章子

デジタルビジネス部
デジタルセールス担当

インタビューはこちら>

音楽を
エンタテインメントする

アーティストマネジメント、アーティストグッズ・キャラクタービジネス、ライブ・イベントビジネス、アニメ制作、
パッケージアートワークなど、音楽中心のマルチ・エンタテインメント企業として、
音楽の魅力をひきたてる様々な事業をビクターエンタテインメントグループで担う。

巽 聡介

JVCネットワークス
デザインコーディネート担当

インタビューはこちら>

音楽ビジネスの
軸を支える

ビジネスの根幹となる様々な権利について契約を交わし、発生する印税収益を配分していく法務・音楽出版部門。商品の生産・流通・在庫管理、
配信サイトへの納品など、お客様へ音楽を届けるためのサプライ・チェーン&テクニカル・サポート部門。
全ての事業の収支を掌る経理部門。社員が活躍しやすい環境作りと人材育成を図り、音楽を愛するお客さまをハッピーにすることで
社会貢献につなげていく経営企画&人事総務部門。
これらの仕事があって音楽はビジネスになる。