Loading...

音楽を宣伝する

小笠原 洋平

マーケティング本部
デジタルプロモーション担当

音楽とユーザーを繋ぐ新たなコミュニケーションを追求していく。
SCROLL

リスナーの感動が
全てにつながる。

私達の手掛けるプロモーションの対象は、ビクターがリリースする全ての作品です。そして、それに伴うプランニングのプロセスも非常に様々です。ビクターには複数のレーベルがあり、各レーベルにはアーティストの宣伝担当者がいますが、その担当者とデジタルプロモーションのプランを組み立てるというかたちもそのひとつです。リリースする楽曲について、リスナーのライフスタイルや音楽の聴き方を予測・分析して摺り合わせをしながら、プロモーションプランを組み立てます。
デジタルプロモーショングループでは、音楽系やファッション系、テック系はもちろん、キュレーション、ソーシャル、動画配信に至るまで、それぞれのメディアを各スタッフが担当していますので、露出のプランを組み立てる際にはアーティストの情報をチーム内で共有し、意見交換しながらプロモーションのスケールアップをしていきます。
また、ビクターでは自社のSNSアカウントやライブ配信アカウントがあるのですが、それらをオウンドメディアとして成長させ、プロモーションに活用しています。
SNSとの親和性が高いアーティストのプロモーションでは、動画コンテンツをチーム内で制作し、自社のSNSを用いてソーシャル拡散させるケースもありますし、また、リリース作品の発売日にはアーティスト特集番組のライブ配信を行い、アーティストとリスナーのコミュニケーションを創出するコンテンツを制作する事もあります。
何についてもそうだと思うのですが、情報として自分のためになる事、初めての面白い体験、新しく何かを知る瞬間…そういったものは感動しますし、仲の良い友達に教えたいという気持ちになりますよね。プロモーションにおいても、どのようにして露出させればアーティストがよりクールでカッコよく見えるのか、どのようなアプローチで情報を発信すればシェアをしてもらえて、さらに楽しんでもらえるのかといった事を考えています。情報を届けたその先にある、リスナーのアクションをしっかりとイメージする事が大切なのではないでしょうか。
だからこそ、前例がなく、面白く、刺激的で実施難易度の高いプロモーション企画が立案される場面も多々あるのですが、デジタルプロモーションチームには様々な得意分野を持ったスタッフが沢山いるので、なんとかチームの結束力で毎回乗り越えているという感じです。

様々な制約を、
アイディアで乗り越える。

ウェブを活用したプロモーションは自由な領域に見えて、権利にかかわることでの制約が沢山あります。例えば音源を使用する事に関しても、あるサービスでは可能でも、別のサービスでは不可能といった場面は多く、プロモーションの戦略を組み立てる際には、常に念頭に置いておくべき事のひとつになっています。とはいえ、制約のためにプランを断念するだけではプロモーションのスケールを上げることはできません。代替案を提案する事はもちろんですが、断念したプランをカバーし、それ以上のプロモーション効果を得られる企画を立案・提案する事も重要です。そのためには、話題になっているアーティストがどのようなプロモーションを行っているかを把握しておく必要がありますし、音楽ジャンルに限らず、話題となっているプロモーションをチェックしておく事も大切です。アイディアの引き出しを増やす事が非常に重要になってきますね。

アーティストとリスナーと
共に盛り上げる
プロモーション。

最近は動画やライブ配信コンテンツを制作し、プロモーションに活用することが非常に多くなってきています。
ビクターでは「6時のラジオ」というLINE LIVE番組を毎週木曜日18時から生配信しているのですが、それもそのひとつです。
毎週ゲストにアーティストを迎え、トークと共にミュージックビデオやイベントの模様を紹介する番組なのですが、実はその全てをデジタルプロモーションスタッフが制作しています。ちなみに私はテクニカルとスイッチングを担当しているのですが、テロッパーやカメラマン、音声やフロアディレクターも、スタッフがそれぞれ担当しています。驚かれるかもしれませんが、MCを務めるダニエル小林さんも実は同じチームのスタッフで、台本もほぼすべて手がけて頂いています。企画から制作までの全てを社内のチームだけで行う、というのは一見珍しいかもしれませんが、企画から実施までの対応スピードが早いため、旬なタイミングでのライブ配信プロモーションを実施する事が出来るというメリットもあります。
番組の配信後は、リスナーから寄せられたコメントを確認しながら、改善点や次回の企画についてチーム全員で話し合い、番組をブラッシュアップさせています。
ライブ配信の魅力は、「アーティストとコメント機能を介してコミュニケーションをとる」という、音楽の新しい楽しみ方をリスナーに提供する事ができることだと考えています。アーティストがどのような想いで楽曲を制作したのか、自分の好きな楽曲を作っているアーティストはどんな人なのか…。また、普段聞きたかった質問をアーティストにしてみようとリスナーに思わせる事もそうですね。音楽は誰に対しても平等で誰でも楽しめる文化だからこそ、身近なツールとなったライブ配信を用いて、楽曲やアーティストの素晴らしさをリスナーに届けていきたいです。アーティスト、リスナー、レコード会社が共に盛り上げるコンテンツは、リスナーにとって音楽をより身近な存在にしてくれるものだと信じています。

音楽とリスナーを繋ぐ
接点を考えつづけたい。

目標は、音楽という文化の新しい楽しみ方をリスナーに提供し続ける事です。欲を言えば、新しい技術でまだ誰も体験した事がない音楽体験を実現させて、多くの人に感動してもらうという事がベストですね。そのためにも、時間のある時にはテック系の事例を調べたり、機材やプログラミングソフトを買って検証したり…イベントに行く事もあればプロの方に直接聞いてみたりと、気になったものはとにかく自分の目で見て触れて、やってみるようにしています。ここまでの部分は自己実現要素が強いので、あくまで個人の中でとどめておく目標です。
一方で、新しい音楽体験のありかたを俯瞰でみた時、この先の未来で感動する新しい音楽体験を創出するためには、必ずしも技術が全てではないとも思っています。もしかしたらかつて自分が体験したような、記憶の片隅に残っている最新技術とは反対のアナログな体験こそが、プロセスを変えるだけで劇的な音楽体験の創出に繋がる可能性もあります。
AIの技術が進み、音楽配信サービスやメディアにおいてはリスナーやユーザーに対する最適なコンテンツや情報を表示させるリコメンド・キュレーション機能、楽曲やコンテンツを再生する機能などはさらに使いやすく進化していくかと思います。この進化は音楽をライフスタイルに深く結びつけるだけではなく、これまでリスナーではなかったユーザーを音楽ファンに変化させるきっかけをさらに引き出す可能性を秘めています。ただ技術がもたらす有用性を追い求めるだけでは、音楽の楽しさは広がらないと感じています。音楽は人が経験と時間と努力を積み重ねて生みだす結晶のようなものです。楽曲一つをとっても様々なドラマや発見がありますし、それらはアーティストの存在なしでは語る事ができません。アーティストに感銘をうけ、ミュージシャンを目指す子供たちが現れ、その子供たちが未来の音楽を担っていきます。そうした「人」が創りだす文化だからこそ、音楽とアーティストとリスナーを結びつける接点を、最新技術やアナログ的手法、それぞれの長所を生かしながら考え続けていきたいですね。