1. トップページ
  2. アーティスト | 洋楽
  3. ギルバート・オサリバン

偉大なるメロディ・メイカー&SSW=ギルバート・オサリバン
初のセルフ・タイトル・アルバムを発表!

  1. 01

    アット・ジ・エンド・オブ・ザ・デイ AT THE END OF THE DAY

  2. 02

    ザ・セイム・ザ・ホール・ワールド・オーヴァー THE SAME THE WHOLE WORLD OVER

  3. 03

    ラヴ・ハウ・ユー・リーヴ・ミー LOVE HOW YOU LEAVE ME

  4. 04

    ホワット・イズ・イット・アバウト・マイ・ガール WHAT IS IT ABOUT MY GIRL

  5. 05

    アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン I'LL NEVER LOVE AGAIN

  6. 06

    ホエア・ディド・ユー・ゴー・トゥ? WHERE DID YOU GO TO?

  7. 07

    ダンセット・ドリームス・アンド45's DANSETTE DREAMS AND 45'S

  8. 08

    ノー・ヘッド・フォー・フィギュアズ・バット・ユアーズ NO HEAD FOR FIGURES BUT YOURS

  9. 09

    ペニー・ドロップス PENNY DROPS

  10. 10

    ディス・リフ THIS RIFF

  11. 11

    ザ・マインド・ブーグルズ THE MIND BOGGLES

  12. 12

    フォー・ザ・レコード FOR THE RECORD

■「アローン・アゲイン」(6週連続全米No.1)、「クレア」等、ポップス史上に残る名曲の数々を生み出したギルバート・オサリバン。2015年『Latin ala G!』以来、約3年ぶりの新作が完成。
■今作は、Paul McCartney、Ryan Adams、Kings Of Leon等を手がけるEthan Johnsによるプロデュース作となり、ジャージー島の自身のスタジオにて録音された。
■シンプルで美しいメロディの曲が並び、セルフ・タイトルが物語る通り、初期作品にも通ずるバック・トゥ・ルーツ的な作品となっている。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE マイアーティスト
メール登録