狂乱の姫君が艶やかに吼える!
オーテップ・シャマヤ率いるゴス・ロック・バンド、驚愕のニュー・アルバムを投下!
万物を昇天させる美醜の福音が、いま地上に降り注ぐ!
NIRVANAの名曲“ブリード”のカヴァーも収録!

【日本盤のみボーナス・トラック3曲追加収録!】

  1. 01

    イート・ザ・チルドレン EET THE CHILDREN

  2. 02

    クルッケド・スプーンズ CROOKED SPOONS

  3. 03

    パーフェクトリィ・フロード PERFECTLY FLAWED

  4. 04

    コンフロンテイション CONFRONTATION

  5. 05

    ミルク・オヴ・リグレット MILK OF REGRET

  6. 06

    ヌース&ネイル NOOSE & NAIL

  7. 07

    ゴーストフラワーズ GHOSTFLOWERS

  8. 08

    ブリード BREED

  9. 09

    マーチ・オヴ・ザ・マーターズ MARCH OF THE MARTYRS

  10. 10

    インヴィジブル INVISIBLE

  11. 11

    ホーム・グロウン HOME GROWN

  12. 12

    コミュニオン COMMUNION

  13. 13

    アドレノクローム・ドリームス ADRENOCHROME DREAMS

  14. 14

    スペシャル・ペッツ SPECIAL PETS

  15. 15

    ネセサリィ・アクセサリーズ NECESSARY ACCESSORIES

  16. 16

    ブリード〔ラジオ・エディット〕 BREED

14~16:日本盤ボーナス・トラック


「OZZFEST」に01年、02年、そして04年と三度参戦し、そのシーンで確固たる地位を築いたOTEP。オーテップ・シャマヤというカリスマ・フロントウーマン率いるこのU.S.ヘヴィ・ロック・バンドが、約3年振り、通算3作目となるビクター移籍第一弾アルバム『THE_ASCENSION』を放つ。

OTEPが持つうねるようなヘヴィネスと、オーテップが放つゴスな雰囲気を音に変えた「妖しさ」が充満した内容だ。今作からすでに“Breed”、“Ghostflowers”、“Confrontation”のビデオ・クリップが制作されているほど、曲単位で勝負の出来る楽曲が揃っている。ダークな音像ながらも、ポップさをしっかりと持った本作は、強烈な個性を放つオーテップ・シャマヤにしか創ることの出来ない傑作である。

『THE_ASCENSION』について、オーテップは語る。
「最初のアルバム『SEVAS TRA』を作ったときの考え方や感覚が蘇ったのよ。
飢えた音を取り戻して、ナマの情熱や意味を、可能な限りその音に注ぎ込んだの」

1stリード・トラックである“Breed”は、NIRVANAの名曲をカヴァーしたものだ。13曲目“Adrenochrome Dreams”は、アメリカ盤では商品に曲名が表記もされない隠しトラック扱いとなっている楽曲。日本盤には、その後ろに3曲のボーナス・トラックが収録されている。

なお、今作にはニュー・メンバーのブライアン・ウルフ(ds)とカルマ・チーマ(g)をフィーチュアしている。が、カルマはアルバムのリリース前に脱退。現在は新たにアーロン・ノルドストロム(g)を迎えている。

プロデューサーは、UGLY KID JOEのギタリストであり、EVANESCENCEやSIMPLE PLAN、MUDVAYNEといった人気バンドのプロデュースも手掛けるデイヴ・フォートマンである。そして何といってもSLIPKNOTのニュー・アルバムも担当しているデイヴが本作を手掛けていることは、大きな話題だろう。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE