キース・エマーソン、グレン・ヒューズ、マーク・ボニーラ、奇跡のコラボレーション!1998年幻のプロジェクトが遂に音源として甦る!

日本盤のみ:プロデュースを担当したマーク・ボニーラによる作品解説掲載

  1. 01

    アフターバーナー AFTERBURNER

  2. 02

    ロング・ジャーニー・ホーム LONG JOURNEY HOME

  3. 03

    ホウダウン HOEDOWN

  4. 04

    青い影 A WHITER SHADE OF PALE

  5. 05

    ホワイト・ノイズ WHITE NOISE

  6. 06

    カヴァー・ミー COVER ME

  7. 07

    ナットロッカー NUTROCKER

  8. 08

    タルカス TARKUS

  9. 09

    DREAMS

  10. 10

    ミドル・オブ・ア・ドリーム MIDDLE OF A DREAM

デビュー40周年にあたる2008年に実質的ファースト・ソロ・アルバム「キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ」をリリースし、同年10月には来日公演も大成功に終わらせたロック・レジェンド=キース・エマーソン。

そのキース・エマーソンが1998年にグレン・ヒューズと、そして「キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ」では最高のコラボレーションを聞かせてくれたマーク・ボニーラと共に行った『ボーイズ・クラブ』の幻の音源が遂にリリース!

1998年西海岸で行ったツアーからのライヴ音源とその後にスタジオで制作された1曲を含む全10曲。ライヴではELPやマーク・ボニーラ、グレン・ヒューズのソロ・アルバムからの曲、プロコル・ハルムやオールマン・ブラザーズ・バンドのカヴァーなどがプレイされている。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


サザンオールスターズ

壮年JUMP(Full ver.)


星野源

アイデア【Music Video】