名門レーベル“アトモスフェリック”からデビューした孤高のSSWメディ、エキサイティングでありながらメランコリックな サウンドが絶妙なバランスで交錯した仏産ファンキー・ロック・アルバム!

  1. 01

    ザ・サンクチュアリ・オブ・アス THE SANCTUARY OF US

  2. 02

    フィア・イン・ア・グラス FEAR IN A GLASS

  3. 03

    ワン・イズ・ノット・イナフ ONE IS NOT ENOUGH

  4. 04

    ヘイ・マイ・オー・マイン HEY MY OH MINE

  5. 05

    シュダ・ビーン・ア・DJ SHOULDA BEEN A DJ

  6. 06

    ア・ニュー・ハート・トゥ・ラヴ A NEW HEART TO LOVE

  7. 07

    シュート SHOOT

  8. 08

    45 45

  9. 09

    フィード・ミー FEED ME

  10. 10

    ザット・デイ THAT DAY

  11. 11

    シュート〔マリアッチ・リミックス〕 SHOOT [MARIACHI REMIX]

■2011年、Tahiti80を輩出したフランスの名門レーベル“アトモスフェリック”からアルバム『You Got It(Moving)』でデビューした孤高のSSWメディ、待望の2ndアルバム。同年Tower Recordsの新人プッシュ枠Next Breakersに選出、FUJI ROCK FESTIVALにも出演した。

■自身のバンド“Medi&Medicine Show”として活動しながら、過去スーパーグラスやKTタンストール、ダフィーのツアーなどに参加し、“Medi”名義でのデビュー・アルバムを2011年発表する。

■新作『One Is Not Enough』も前作同様、ソウルフルなヴォーカル&グルーヴに反し明快でキャッチーな泣きメロの曲が多く、レニー・クラヴィッツやベン・ハーパーなどの黒いロック好きからトミー・ゲレロ、ジャック・ジョンソンなどのメロウ/オーガニック系までフォロー可能な洗練された作品。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE