マンソー

MANCEAU

マンソー
マンソー

グザヴィエ&ペドロ from Tahiti 80全面プロデュース!!
名盤「Puzzle」のDNAを脈々と受け継ぐ、洗練されたメロディとモダンなサウンドが凝縮されたフレンチ・ポップス正統後継者、“マンソー” デビュー!!

  1. 01

    まぼろしの恋 LOVE THAT NEVER WAS

  2. 02

    フル・タイム・ジョブ FULL-TIME JOB

  3. 03

    ある女優の話 LADY KILLER

  4. 04

    リトル・バイ・リトル LITTLE BY LITTLE

  5. 05

    奇跡の日々 MIRACLE DAYS

  6. 06

    グランマへの手紙 GRANDMA

  7. 07

    恋人がいた時間 TAKE BACK

  8. 08

    あるがままに THE WAY IT IS

  9. 09

    トリシアという女 TRICIA

  10. 10

    アバウト・イット ABOUT IT

  11. 11

    グッド・モーニング GOOD MORNING

  12. 12

    ライフ・トラフィック・ジャム LIFE TRAFFIC JAM

  13. 13

    フル・タイム・ジョブ〔アコースティック・ヴァージョン〕 FULL-TIME JOB [ACOUSTIC VERSION]

  14. 14

    フル・タイム・ジョブ〔ザ・ポポポポップス・リミックス〕 FULL-TIME JOB [THE POPOPOPOPS REMIX]

  15. 15

    フル・タイム・ジョブ〔ジュヴナイルズ・リミックス〕 FULL-TIME JOB [JUVENILES REMIX]

『なぜ僕達が彼らのサウンドに共鳴したかって?
それはつまり、プリンスのグル―ヴとポール・マッカートニーのメロディをミックスさせたいと思っているやつらとは常に友達になれるし、彼らは本当に“愛”をもって音楽と向き合っているからね!彼らのサウンドを聴くときに、その“愛”を感じ取ってほしいな! 
グザヴィエ・ボワイエ from Tahiti 80 』

■エレクトロ/ハウス/テクノ等、ダンス・ミュージック・シーンが盛り上がっている近年のフランス・ミュージック・シーンから、フレンチ・ポップスの伝統ともいうべき洗練されたメロディとモダンなサウンドを凝縮したデビュー・アルバムを完成させたポップス職人4人組バンド‘マンソー’がデビュー。

■プロデュースはTahiti 80のグザヴィエ・ボワイエ(Vo/Gu)、ペドロ・ルスンド(B)が全面プロデュース。彼らの1stアルバム「Puzzle」の方向性にも通ずる新鮮さとモダンさが入り混じったサウンド、知性溢れるリリック、またエヴァーグリーンな輝きのある普遍的なメロディのポップ・ソングが詰まった内容となっている。

■2010年秋にリリースされたデビューEP「On A Mellow Day EP」がフランス国内で高い評価を獲得。2011年はフランスのビッグ・フェス(Main Square Festival 、Transmusicales、Le Printemps de Bourges等)に次々と出演。そのグッド・メロディとソウルフルなパフォーマンスが話題を呼び、2011年10月にはUKの人気ロック・バンド‘ヴァクシーンズ’のオープニング・アクトにも抜擢される。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE