1. トップページ
  2. アーティスト | 洋楽
  3. エース・フレーリー

宇宙から降り注ぐハード・ロック流星群
地球人にもっとも愛される銀河系ギタリスト
セルフ・タイトルともいえる最新ソロ・アルバムをリリース

ゲスト:ジーン・シモンズ(KISS)

●地球先行発売

  1. 01

    ウィズアウト・ユー・アイム・ナッシング WITHOUT YOU I'M NOTHING

  2. 02

    ロッキン・ウィズ・ザ・ボーイズ ROCKIN' WITH THE BOYS

  3. 03

    ユア・ウィッシュ・イズ・マイ・コマンド YOUR WISH IS MY COMMAND

  4. 04

    ブロンクス・ボーイ BRONX BOY

  5. 05

    パースート・オブ・ロック・アンド・ロール PURSUIT OF ROCK AND ROLL

  6. 06

    アイ・ウォナ・ゴー・バック I WANNA GO BACK

  7. 07

    ミッション・トゥ・マーズ MISSION TO MARS

  8. 08

    オフ・マイ・バック OFF MY BACK

  9. 09

    クァンタム・フラックス QUANTUM FLUX

元KISSのギタリストとして有名なエース・フレーリー(g, vo)が、ソロ活動40周年を迎えた2018年に、「SPACE INVADER」(2014)以来となる4年ぶりのオリジナル・スタジオ・アルバム「SPACEMAN」をリリースする。

■ジーン・シモンズが大きく関与
本作のタイトルは、KISS時代の盟友ジーン・シモンズが命名。エースのソロ活動40周年だったため、元々「FORTY YEARS LATER」と予定されていたタイトルであったが、ジーンが「SPACEMAN」と命名することをエースに進言したという。
そして、“Without You I’m Nothing”と“Your Wish Is My Command”は、ジーンがエースと共に作曲。さらに、“Without You I’m Nothing”に至っては、ジーンがベースを弾いている。エースとジーンがアルバムで共演するのは、KISSの「PHYCHO CIRCUS」(1998)以来、20年振り。

■名曲のカヴァーを収録
“I Wanna Go Back”は、1984年にカリフォルニア出身のロック・バンドBILLY SATELLITEが発表し、1986年にアメリカの人気シンガー・ソングライター、エディ・マネーがカヴァーしたことで有名になった曲。それを今回、エースがカヴァーしている。エースは、2016年に「ORIGINS VOL.1」というカヴァー・アルバムもリリースした。

■エースと旧知の仲の3人のドラマー
この「SPACEMAN」のレコーディングには、3人のドラマーが参加している。まずは、KISSの「DYNASTY」や「UNMASKED」でもピーター・クリスの代役となり、エースのソロ作品でも活躍してきたアントン・フィグが5曲目“Pursuit Of Rock And Roll”と8曲目“Off My Back”。そして、パット・トーピーの代役としてMR.BIGでも叩いており、エースのソロ作「SPACE INVADER」や「ORIGINS VOL.1」にも参加してきたマット・スターが、2曲目“Rockin’ With The Boys”、6曲目“I Wanna Go Back”、9曲目“Quantum Flux”。他の4曲でドラムを叩いているのは、MOTLEY CRUEのニッキー・シックスも当初参加していたBRIDES OF DESTRUCTIONのメンバーだった過去を持ち、2009年にエースが発表した「ANOMALY」に参加したスコット・クーガン。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
SHARE