1. トップページ
  2. アーティスト | 洋楽
  3. エース・フレーリー

星空をも統べるスペース・パワーを感じろ!
KISSの曲を含むロックの名曲ばかりプレイするカヴァー・アルバム第2弾!
スペース・エースのルーツがここに暴かれる!

ゲスト:ロビン・ザンダー、ブルース・キューリック、リタ・フォード、ジョン5

●ボーナス・トラック1曲収録

  1. 01

    グッド・タイムズ・バッド・タイムズ GOOD TIMES BAD TIMES

  2. 02

    君がすべて NEVER IN MY LIFE

  3. 03

    スペース・トラッキン SPACE TRUCKIN'

  4. 04

    アイム・ダウン I'M DOWN

  5. 05

    ジャンピン・ジャック・フラッシュ JUMPIN' JACK FLASH

  6. 06

    政治家 POLITICIAN

  7. 07

    ローラ LOLA

  8. 08

    穴ぐらの30日間 30 DAYS IN THE HOLE

  9. 09

    マニック・デプレッション MANIC DEPRESSION

  10. 10

    キックス KICKS

  11. 11

    朝日のない街 WE GOTTA GET OUT OF THIS PLACE

  12. 12

    彼女 SHE

1. Good Times Bad Times / グッド・タイムズ・バッド・タイムズ (LED ZEPPELIN)
2. Never In My Life / 君がすべて (MOUNTAIN)
3. Space Truckin' / スペース・トラッキン (DEEP PURPLE)
4. I'm Down / アイム・ダウン (THE BEATLES)
5. Jumpin' Jack Flash / ジャンピン・ジャック・フラッシュ (THE ROLLING STONES)
6. Politician / 政治家 (CREAM)
7. Lola / ローラ (THE KINKS)
8. 30 Days In The Hole / 穴ぐらの30日間 (HUMBLE PIE)
9. Manic Depression / マニック・デプレッション (THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE)
10. Kicks / キックス (PAUL REVERE & THE RAIDERS)
11. We Gotta Get Out Of This Place / 朝日のない街 (THE ANIMALS)
12. She / 彼女 (KISS)
Tr.12: ボーナス・トラック


KISSのオリジナル・ギタリストであり、2014年には「ロックの殿堂」入りを果たしたギター・レジェンド、エース・フレーリー(g, vo)が、自身が影響を受けたロックの名曲をカヴァーする『ORIGINS』の第2弾をリリースする。

■豪華ゲストが参加
名曲ばかりを揃えた本作『ORIGINS VOL.2』だが、それらをカヴァーするに相応しい豪華なゲスト・ミュージシャンにも注目だ。HUMBLE PIEの“30 Days In The Hole”のカヴァーには、CHEAP TRICKのロビン・ザンダーがヴォーカルを担当。エースと同じく元KISSのギタリストであるブルース・キューリックは、THE JIMI HENDRIX EXPERIENCEの“Manic Depression”のカヴァーに。前作『ORIGINS VOL.1』にも参加した元THE RUNAWAYSのリタ・フォードは、THE ROLLING STONESの1968年の名曲“Jumpin' Jack Flash”のカヴァーでヴォーカルを披露。こちらも前作に引き続き登場のジョン5は、CREAMの“Politician”とTHE BEATLESの“I'm Down”のカヴァーでギターを弾いている。

そして、MR.BIGのヘルプでも有名なマット・スター(ds)が本編全曲でドラムをプレイ。また、DEEP PURPLEの”Space Truckin'”では、ピーター・フランプトンやSIMON & GARFUNKELとの演奏でも知られるロブ・サビーノがオルガンを弾いている。エースはこう語る。
「”Space Truckin'”は、何年も前にレコーディングはしていて、今回いくつかのパートを録り直した。CDやレコードには収録しておらず、そのままになっていたからね。とても上手くいったよ。ロブ・サビーノは熟練のセッション・ミュージシャンで、俺たちはニューヨークのブロンクスで一緒に育った昔馴染みなんだ」

■KISSのセルフ・カヴァーも
前作『ORIGINS VOL.1』でも“Parasite”と“Cold Gin”、“Rock And Roll Hell”というKISS時代の曲をカヴァーしたエースだが、今回は“She”のセルフ・カヴァーをボーナス・トラックとして収録している。この曲は、75年にKISSが発表した『DRESSED TO KISS(邦題:地獄への接吻)』に収録されていた曲。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

SHARE