1. トップページ
  2. アーティスト | 洋楽
  3. ソウル・アサイラム

USオルタナティヴ・ロックの「良心」にしてグラミー受賞者=ソウル・アサイラム。
キャッチーでメロディアスなエモーショナル・サウンドが魂を温める、通算11作目!

●日本盤ボーナス・トラック収録

  1. 01

    スーパーソニック SUPERSONIC

  2. 02

    キャント・ヘルプ・イット CAN'T HELP IT

  3. 03

    ドゥームズデイ DOOMSDAY

  4. 04

    レイディーズ・マン LADIES MAN

  5. 05

    ムーンシャイン MOONSHINE

  6. 06

    メイク・イット・リアル MAKE IT REAL

  7. 07

    ホエン・アイ・シー・ユー WHEN I SEE YOU

  8. 08

    ディーリング DEALING

  9. 09

    ドント・バザー・ミー DON'T BOTHER ME

  10. 10

    モーガンズ・ドッグ MORGAN'S DOG

  11. 11

    チェンジ・オブ・フォーチュン CHANGE OF FORTUNE

  12. 12

    クール COOL

  13. 13

    キャッチング・ファイア CATCHING FIRE

Tr.13: 日本盤ボーナス・トラック


80年代にデビューし、90年代には100万単位のビッグ・セールスを記録し、アメリカを代表する存在となったオルタナティヴ・ロック・バンド、SOUL ASYLUM。そんな彼らが、4年振りとなる通算11作目「CHANGE OF FORTUNE」をリリースする。ザック・ワイルドやエース・フレーリーの在籍する米国のeOne Music移籍第1弾アルバムだ。

■往年の、そして理想のサウンドが満載
本作は、ファースト・シングルの“Supersonic”をはじめ、“Can’t Help It”、“Doomsday”、“Make It Real”など、サウンド的にも歌詞の面でも、往年のSOUL ASYLUMを感じさせるエモーショナルな要素が詰まっている。

「ある友人から、僕が作りたいアルバムはどんなものか訊かれた。僕のレコード・コレクションになく、聴いたことのないアルバムを常に作りたい、というのが僕の答えだ。このアルバムで、僕らはそれを実現したのさ。今まで僕らが作ってきたどんな作品よりも実直な作品なんだ。それというのも、誰も僕の仕事に干渉しなかったら、解放された気分だったからね。そのサウンドはまるで、長いこと僕が頭に描いてきたビジョンそのものだ。今作を聴いて、『これぞSOUL ASYLUMのサウンドだ!』と思ったよ。」   ― デイヴ・パーナー (vo, g)

プロデュースは、通算9作目の「THE SILVER LINING」(2006)以来、10年にわたってSOUL ASYLUMとコラボレイターとなってきたジョン・フィールズ。

■客演でも存在感を放つデイヴ・パーナー
デイヴ・パーナーは、オランダの世界的シンフォニック・メタル・バンドWITHIN TEMPTATIONの最新作「HYDRA」(2014)で、女性シンガーのシャロン・デン・アデルとデュエット。さらに、レーベルメイトとなったバン・E・カルロス(CHEAP TRICK)のソロ作「GREETINGS FROM BUNEZUELA!」では、1曲でメイン・ヴォーカルを務めた。

■21年振り、奇跡の再来日
「RUNAWAY TRAIN」が大ヒットし、グラミー賞を獲得した1994年に初来日を果たしたSOUL ASYLUM。その翌年にも来日した彼らであったが、それ以来、日本の地を踏むことはなかった。そして2016年、前身バンド(LOUD FAST RULES)結成から35周年のSOUL ASYLUMが、奇跡の再来日!

2016
11/8(火) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
11/9(水) 愛知 名古屋クラブクアトロ
11/10(木) 大阪 梅田クラブクアトロ
TOTAL INFO: M&Iカンパニー(03-5453-8899)

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

VIDEO ビデオ

SHARE