荻野目 洋子

VERGE OF LOVE (English Version) [+2]

2010.04.21
アルバム / VICL-70059
¥2,381+税
Victor

グラミー賞 最優秀プロデューサー賞に輝く大御所、
ナラダ・マイケル・ウォルデンがプロデュースした9thアルバムは
全編英詞の話題作。サンフランシスコのターパン・スタジオ録音盤。
20歳を迎えた荻野目洋子の新境地がここにある!

  1. 01

    THIS COULD BE THE NIGHT

  2. 02

    SOMETHING ABOUT YOU

  3. 03

    PASSAGES OF TIME

  4. 04

    WICKED

  5. 05

    VERGE OF LOVE

  6. 06

    POSTCARD FROM PARIS

  7. 07

    SWOOPIN'IN

  8. 08

    IS IT TRUE

  9. 09

    DIZZY, DIZZY, DIZZY

  10. 10

    YOU TAKE IT ALL AWAY

  11. 11

    PASSAGES OF TIME  (HOT NEW VERSION)

  12. 12

    SOMETHING ABOUT YOU (HOT NEW VERSION)

 15歳でデビューした荻野目洋子が20歳を迎えた1週間後、彼女のキャリアにとっても、J-POPを語る上でも欠かすことのできない名盤が発表された。9枚目のオリジナルアルバム「VERGE OF LOVE」(1988年12月17日発売)がそれである。85年にアレサ・フランクリンの「Freeway of Love」でグラミー賞最優秀楽曲賞を、87年にはホイットニー・ヒューストンのアルバム「Whitney」で最優秀プロデューサー賞を受賞したナラダ・マイケル・ウォルデンをプロデューサーに迎えたことも、サンフランシスコで計2ヶ月にわたってレコーディングを行ったことも、全編英語詞のアルバムをリリースしたことも、すべてにおいて前代未聞、破格のプロジェクトであった。
 当時の彼女はデビュー5年目。トップアイドルとしてヒットを連発していたものの、バンドブームの到来とともにアイドル市場は縮小しつつあり、20代を迎えて次なるステップを模索していた。そんなとき、彼女の“声”に惚れこんだナラダが、バーブラ・ストライサンドの仕事を延期して、全面的にプロデュースをすることになったのである。レコーディングは、まず6月に英語バージョンを、そして9月に日本語バージョンを、それぞれ1ヶ月かけて行なわれた。世紀のプロジェクトは、荻野目洋子を本格派シンガーに進化させ、その才能と実力を改めて世に知らしめる成果をもたらした。
 本作はLP4位、カセット6位、CD5位、3アイテムを合算したアルバムチャートでも5位をマーク。英語詞というハンデがありながら、堅調なセールスを記録した。なお、この2ヶ月後には同じトラックによる日本語バージョンもリリースされている。
(解説:濱口英樹)

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS

VIDEO ビデオ