アンスラックス
ANTHRAX

ワーシップ・ミュージック WORSHIP MUSIC

2011.09.14
アルバム / VICP-64711
¥2,750(税込)
Victor

これが、これこそがアンスラックスだ!
黄金期のリード・シンガー、ジョーイ・ベラドナがついに復帰!
あの頃の「問答無用」感を取り戻し、メタルに対する畏敬の念に満ち溢れる最新作をドロップ!

<日本盤特典>
■日本盤のみのボーナス・トラック1曲収録!
■スコット&チャーリーの直筆メッセージ掲載!
■ANTHRAX×Creature From The Livingの激レア・コラボTシャツが100名様にあたる応募シール付!

  1. 01

    ワーシップ WORSHIP

  2. 02

    アース・オン・ヘル EARTH ON HELL

  3. 03

    ザ・デヴィル・ユー・ノウ THE DEVIL YOU KNOW

  4. 04

    ファイト・エム・ティル・ユー・キャント FIGHT'EM 'TIL YOU CAN'T

  5. 05

    アイム・アライヴ I'M ALIVE

  6. 06

    イン・ジ・エンド IN THE END

  7. 07

    ザ・ジャイアント THE GIANT

  8. 08

    ジューダス・プリースト JUDAS PRIEST

  9. 09

    クロウル CRAWL

  10. 10

    ザ・コンスタント THE CONSTANT

  11. 11

    レヴォリューション・スクリームズ REVOLUTION SCREAMS

  12. 12

    クロウル〔オーケストラ・ミックス〕 CRAWL [ORC MIX]

※Tr.6とTr.9にそれぞれインスト・ナンバーが収録され、トータル14曲になります。
※Tr.14:日本盤のみのボーナス・トラック


スラッシュ四天王ことTHE BIG 4の栄光を、METALLICA、SLAYER、MEGADETHとともに守護するANTHRAXが、ついに9月14日、記念すべき通算10作目のオリジナル・フル・アルバム「WORSHIP MUSIC」を発表する! 前作「WE'VE COME FOR YOU ALL」以来、実に8年半ぶりの新作!

■ ジョーイ・ベラドナ<vo>が復帰!
本作における最大のトピックは、何と言っても黄金期に在籍していたジョーイ・ベラドナ<vo>の復帰に他ならない。高いピッチでメロディアスに歌いあげるジョーイの歌唱は未だ衰えを知らず、この新作でも炸裂している。05年には「AMONG THE LIVING」期のメンバーが再集結した際、当然ジョーイも参加。そのラインナップでツアーを行い、『LOUD PARK 06』でも来日を果たした。その後、07年に若いダン・ネルソン<vo>の加入や、ジョン・ブッシュ<vo>の再復帰などもあったが、最終的には黄金期のフロントマン、ジョーイが完全復帰した。

■ THE BIG 4として世界を沸かせる!
ANTHRAXは昨年夏、METALLICA、SLAYER、MEGADETHとともに、THE BIG 4としてヨーロッパ各国で開催される巨大フェス『SONISPHERE FESTIVAL』に出演。ヨーロッパのメタル・ファンを熱狂させた。そして今年、THE BIG 4は、『SONISPHERE』UK公演にヘッドライナーとして出演するほか、本作の日本発売日でもある9/14には、米国はニューヨークの『Yankee Stadium』でTHE BIG 4のライヴを敢行する!

■ バンド全員がプロデュースし、グラミー賞ノミネート経験のある人物がミックスを担当!
今作のプロデュースは、CRADLE OF FILTHなどの作品でもプロデューサーとして手腕を発揮してきたロブ・カッジアーノ<g>を中心としたバンド全員が手掛けた。さらにミックスはMORRISSEYやダイアナ・ロスの作品でミキサー/エンジニアとしても携わり、STEEL PANTHERの「FEEL THE STEEL」ではプロデューサー/ミキサーとして、THE BIG 4のDVD/CD「LIVE FROM SOFIA, BULGARIA」ではミキサーとして作品に関わってきた、グラミー賞ノミネート経験もあるジェイ・ラストンが担当!

■ リスペクトされながらも、親しみある存在!
アメリカのメタル専門誌『Revolver』による式典『Revolver Golden Gods 2011』に、スコット・イアン<g>とロブ・カッジアーノ<g>がプレゼンターとして出席。スコットは、セバスチャン・バック<vo>とともに、セバスチャンがかつて在籍していたSKID ROWの名曲“Youth Gone Wild”を同式典でプレイし、式典をおおいに盛り上げた!

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー