FRIED PRIDE
FRIED PRIDE

two, too

2005.05.21
アルバム / VICJ-61271
¥2,857+税
Victor

Fried Pride、原点回帰 ~二人だから出来ること~

昨夏、N.Y.「sweet rhythm」でのライヴは大好評。
マーカス・ミラー、M.マイニエリ他とのレコーディングで、拡大された形態へのチャレンジでも高い評価を得た。今回は一転して、彼等の原点であるVo&Gという最小限のユニットによる、スタンダード・ナンバー(もちろん、フラプラ流のユニーク選曲!)を集めた、聞き応え充分の“スーパー・デュオ・アルバム”です!

  1. 01

    KISS OF LIFE

  2. 02

    PART TIME LOVER  パート・タイム・ラヴァー PART TIME LOVER

  3. 03

    WE'VE ONLY JUST BEGUN WE'VE ONLY JUST BEGUN

  4. 04

    I WANT TO BE LOVED BY YOU

  5. 05

    MY FAVORITE THINGS

  6. 06

    RAINY DAYS AND MONDAYS

  7. 07

    LULLABY OF BIRDLAND  バードランドの子守唄 LULLABY OF BIRDLAND

  8. 08

    WE'LL BE TOGETHER

  9. 09

    FEEL LIKE MAKIN LOVE

  10. 10

    WHAT A WONDERFUL WORLD

  11. 11

    RIO DE JANEIRO BLUE

  12. 12

    DIG IT!  ディギット!

  13. 13

    BABY I LOVE YOUR WAY

  14. 14

    OVER THE RAINBOW

01. キッス・オブ・ライフ
シャーデーのアルバム『ラヴ・デラックス』(1992年)の収録曲。作曲はシャーデーらによる共作。洗練されたクールなナンバーだ。Shihoは抑制感のあるエモーショナルなボーカルをみせる。横田の過不足なく満たされたギター・ワークも聴きもの。

02. パートタイム・ラヴァー
スティービー・ワンダーが1985年にナンバーワン・ヒットを飛ばした。スティービーの作曲。フライド・プライド風にアレンジした個性的なバージョンに仕上がっている。

03. 愛のプレリュード
カーペンターズの大ヒット曲。1970年にヒット・チャート第2位にランクインされた。名コンビ、ポール・ウィリアムズの作詞、ロジャー・ニコルスの作曲。“私たちの人生は始まったばかり”と歌われる。米国ではウェディング・ソングとしても人気のようだ。

04.アイ・ワナ・ビー・ラヴド・バイ・ユー
マリリン・モンロー主演の映画『お熱いのがお好きで』(1959年)で、モンローの歌ったバージョンが有名なスタンダード・ソング。オリジナルは1928年のミュージカル『グッド・ボーイ』の曲で、出演者の舞台女優ヘレン・ケーンの歌がヒットした。ケーンは「ブブッペドゥ」(Boop-boop-a-doop!)というフレーズがクセで、この歌でも使われた。有名な漫画のベティ・ブープはこのフレーズから名前を取られた。

05. マイ・フェイバリット・シングス
ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』(1964年)から生まれたヒット曲。オリジナルは59年のブロードウェイ・ミュージカル、メアリー・マーティンが主演した。リチャード・ロジャースの作曲、オスカー・ハマースタイン2世の作詞。ジャズの人気曲にもなった。日本のCMでもおなじみだ。フライド・プライドがみせるジャズ・アプローチも聴きもの。

06. 雨の日と月曜日は
カーペンターズが1971年にヒット・チャート第2位のヒットを飛ばしたナンバー。“雨の日と月曜日は、気持ちがブルーになる”と歌われる。これも「愛のプレリュード」と同様、名コンビのポール~ロジャーの楽曲だ。

07. バードランドの子守唄
ジャズ・ピアニスト、ジョージ・シアリングが1952年にニューヨークのジャズ・クラブ“バードランド”に捧げたナンバー。後からB.Y.フォスターが歌詞を付けた。ボーカル・バージョンはクリス・コナーの54年の録音が有名。フライド・プライドが間奏でみせるデュオはさすがのうまさがあり、ユニゾン風の即興パートにゾクッとする。

08. ウィル・ビー・トゥゲザー
ロック系のスティングがジャズ・ミュージシャンを迎えて録音したアルバム『ナッシング・ライク・ザ・サン』(1987年)収録曲。この曲を含めてヒット曲が多く生まれたアルバムだ。ここでもフライド・プライド流の個性的な解釈と演奏を聴くことができる。

09. フィール・ライク・メイキン・ラヴ
ロバータ・フラックの歌が1974年にナンバーワン・ヒットを記録したラヴ・ソング。ジーン・マクダニエルスが作詞作曲した。ShihoはこういうR&Bテイストの歌も抜群にうまい。

10. この素晴らしき世界
ジャズの巨人、ルイ・アームストロングが歌ってヒットしたバラード。1968年にジョージ・デヴィッド・ウエイスとボブ・シールが共作。日本のテレビCMでもおなじみだ。フライド・プライドの歌と演奏は、淡々と綴られる素晴らしいバーションだ。いいなぁ、実にいい。

11. リオデジャネイロ・ブルー
ポップ&ロック系のギタリスト、シンガーのリチャード・トーランスがアルバム『ベアバック』(1977年)で発表した人気曲。ニコレット・ラーソン、ランディ・クロフォードらのカバーで知られる。海辺の風にあたっているような爽快なナンバーだ。

12. ディグ・イット!
アルバム中の唯一のオリジナル。ギターの横田明紀男が作曲、福田美環子が作詞した。横田~福田のコンビはフライド・プライドのこれまでのオリジナル曲でもおなじみ。DIGは、「わかる」「探求する」などの意味。ジャズのドライブ感と即興性あふれる彼らしい歌と演奏が聴ける。

13. ベイビー・アイ・ラヴ・ユア・ウェイ
ロック・ギタリストのピーター・フランプトンの曲で、ピーターが1976年にヒットさせた。ウィル・トゥ・パワーやビッグ・マウンテンのカバー・バージョンもヒットした。

14. 虹の彼方に
ジュディ・ガーランド主演の映画『オズの魔法使い』(1939年)で、ジュディが歌ってアカデミー映画主題歌賞を獲得した。ジュディが16歳のときの映画だ。作曲はハロルド・アーレン、作詞はE.Y.ハーバーグ。ラストは途中からストリングスが加わり、しっとりとしたバラードで締めくくられている。

(高井信成)

SHARE マイアーティスト
メール登録

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


サザンオールスターズ

壮年JUMP(Full ver.)


星野源

アイデア【Music Video】