ラスマス・フェイバー
RASMUS FABER

ソー・ファー SO FAR

2006.05.24
アルバム/ VICP-63409
¥2,400+税
Victor

ラスマス・フェイバー
ブルーアイドソウルでいて、悩ましいハウサー

  1. 01

    エヴァー・アフター / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・エミリー・マクイーワン EVER AFTER / RASMUS FABER FEAT. EMILY MCEWAN

  2. 02

    ゲット・オーヴァー・ヒア / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・メロ GET OVER HERE / RASMUS FABER FEAT. MELO

  3. 03

    ザ・レイン〔ラスマス・フェイバー・リミックス〕 / リール・ピープル・フィーチャリング・シャーリーン・ヘクター THE RAIN[RASMUS FABER REMIX] / REEL PEOPLE FEAT. SHARLENE HECTOR

  4. 04

    ディヴァイデッド/ユナイテッド / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・アポロ vs メロ DIVIDED/UNITED / RASMUS FABER FEAT. APOLLO VS MELO

  5. 05

    フェリシダード〔ラスマス・フェイバー・リミックス〕 / マンバーナ・フィーチャリング・イザベル・フルクチュオーソ FELICIDAD[RASMUS FABER REMIX] / MAMBANA FEAT. ISABEL FRUCTUOSO

  6. 06

    ネヴァー・フェルト・ソー・フライ / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・メロ NEVER FELT SO FLY / RASMUS FABER FEAT. MELO

  7. 07

    フリー〔ラスマス・フェイバーズ・ブラジリアン・ジャーニー〕 / ラスマス・フェイバー&ニー・ディープ・プレゼンツ・シーウィンド・プロジェクト・フィーチャリング・エミリー・マクイーワン FREE [RASMUS FABER'S BRAZILIAN JOURNEY] / RASMUS FABER & KNEE DEEP PRES. SEAWIND PROJECT FEAT. EMILY MCEWAN

  8. 08

    カム・ウィズ・ミー / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・メロ COME WITH ME / RASMUS FABER FEAT. MELO

  9. 09

    アヴェイラブル〔ラスマス・フェイバー・リミックス〕 / リン/LINN AVAILABLE [RASMUS FABER REMIX] / LINN

  10. 10

    オール・フォー・ザ・ベスト〔リミックス・ヴァージョン〕 / ソウル・トリート・フィーチャリング・メロ ALL FOR THE BEST [REMIX VERSION] / SOUL TREAT FEAT. MELO

  11. 11

    ヴァシランド〔ラスマス・フェイバー・クラブ・ミックス〕 / オレハ/OREJA VASILANDO [RASMUS FABER CLUB REMIX] / OREJA

  12. 12

    ドゥーイング・シングズ / ソウル・トリート・フィーチャリング・エレッセ DOING THINGS / SOUL TREAT FEAT. ELLESSE

  13. 13

    オール・ディス・ラヴ / ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・イーダ ALL THIS LOVE / RASMUS FABER FEAT. IDA

ラスマス・フェイバー。彼はまだ20代半ばというハウス・プロデューサーであり、スウェーデンのストックホルム育ちでいまもこの街で暮らしている。さらに付け加えるなら、相当の金髪美男子でもあったりする。
そんな彼は、'02年に「ネヴァー・フェルト・ソー・フライ」というカルト・ヒットで飛躍のきっかけを掴みつつ、翌年の「エヴァー・アフター」でその地歩を確実なものにし、ハウスの大御所コンピ~ミックス音源(イン・ザ・ハウス等々)でその名を轟かす――あの“ディフェクテッド”の契約もモノもしたスウェーデンの新星である。
今回リリースされる『ソー・ファー/ラスマス・フェイバー』は、この4年間に世界各地のレーベルからリリースされてきた音源をまとめたベスト盤的な内容であり、大半の部分がオリジナル以上にダンス志向の強いセルフ・リエディット仕様でもありつつ、エンターテインの度合いがさらに高まった充実ぶりである。
ブルーアイドソウル的な(彼はスウェーデン人だが)ヴォーカル・アレンジ。さらにそれを引き立てるメリハリのきいたコード展開。
ラスマスの楽曲は、一見そういった表面的な華やかさに目がいきがちかもしれない。しかし、よ~く耳を凝らして聴いてみると、そこには実に精妙な楽曲処理がきいているのがわかる。ヴォーカルは各種アコースティックに乗ってさらに伸びやかなハーモニーを奏でつつ、リズムは確かにハウスのはずなのに――限りなくアコースティックに近しい脈を打つ。正にこれこそが、ジャズ・ピアニストとして培ってきた演奏力~アレンジ力が確かなことを指し示しているし、ラスマスの楽曲がただ大仰なだけのハウスに堕ちない――「危うい」魅力の根源でもある。
ヨーロッパのアッパー・ミドルが集うイビサのリゾート・ディスコから、どこかの都市の片隅で行われている非合法のレイヴ~ウェアハウスまで。そう、ラスマスの甘美でブルーアイドソウルなハウスは、分断されがちな「コンサバ」と「カルト」なコミュニティを軽やかに横断する(!)。僭越ながらこれは、飽きもせず毎週様々なダンス・フロアを歩き続けてきた僕が見てきた実感でもある。

文: 岡本俊浩

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

VIDEO ビデオ