ADAM at
ADAM at

CLOCK TOWER CLOCK TOWER

2015.01.21
アルバム / VICL-64287
¥1,800+税
Victor

ポップなメロディを疾走感溢れるピアノで奏でるダンサブルなインストゥルメンタル・バンド、ADAM at(アダムアット)のメジャー・デビュー1st フル・アルバム

  1. 01

    CLOCK TOWER CLOCK TOWER

  2. 02

    EDENA88 EDENA88

  3. 03

    Oroppas Oroppas

  4. 04

    WATO WATO

  5. 05

    五右衛門 GOEMON

  6. 06

    MONOLITH(Album version) MONOLITH(Album version)

  7. 07

    嶺上開花 RINSHAN KAIHO

  8. 08

    ミュー MUE

  9. 09

    どんぐりとやまねこの交響曲 DONGURI TO YAMANEKO NO SYMPHONY

  10. 10

    S.G S.G

キーボーディストのタマスケアットを中心に、固定メンバーのいない一期一会のピアノ・セッション・バンドながら、躍動感あふれるインプロヴィぜーション・ミュージックはライブ・シーンで絶大な人気を誇り、笑って踊ってモッシュもダイブも起きる前代未聞のピアノ・インスト・バンド。
2014年1月に発表された1stミニ・アルバム『Silent Hill』もわずか発売2週間でファーストプレスを完売。その後もヴィレッジ・ヴァンガードを中心にロング・セールスを続け、満を持してのフル・アルバム。

<インスト界の末っ子は実は一番秘めた才能を持っていた。ずっと兄弟達を後ろから虎視眈々と見ていたのだ。そして満を持しての”いいとこどり”デビュー!!!
心のパンツを脱がせちゃうサウンドでエクスタシーに生で踊れー!!!>
元晴(SOIL&”PIMP” SESSIONS)

<《心地良さ》と《躍動感》。このアルバムは俺にとっての「心のダンスミュージック」。>
グレートマエカワ(フラワーカンパニー)

<素晴らしい音楽は、複雑な世界を単純なモノにしてくれる。ADAM atの音楽は「今日も世界は美しい」とただそう言い切っているようで、気持ちがEんだ。一番新しい朝の訪れを誰よりも早く祝うかのような、朝日の匂いがするダンスミュージック>
コヤマシュウ(SCOOBIE DO)

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS

VIDEO ビデオ