浜田 麻里
Mari Hamada

NEWS
ニュース

2018.04.02

デビュー35周年を機にビクターに復帰! 移籍後初となるアルバムを今夏発売予定!

2018年4月、デビュー35周年を迎える浜田麻里がメモリアルイヤーにビクターへの復帰!
そして早くも夏にはオリジナルニューアルバムをリリース予定、10月からは待望の全国ツアーを行うことも決定した。

1983年4月にアルバム「Lunatic Doll」でビクターよりデビューし、1988年のソウルオリンピックのNHKイメージソングとなった「Heart and Soul」がシングルとしては初のベスト10入り、翌89年にリリースした「Return To Myself」はシングル・アルバム共にチャート1位を獲得するなど多くのヒットとともに今尚、日本の音楽シーンに多大な影響をあたえ続けている浜田麻里。
近年の活動においてもハイクオリティなロックアルバムを発表し、精力的にライブを行い、突き抜けるハイトーンボイスでオーディエンスを魅了し続けている。

移籍後初となる26作目のオリジナルニューアルバムを今年の夏頃に発売する予定だ。
アルバムタイトルは「Gracia」。GraciaとはGraceの意を持つスペイン語系の言葉。
前人未到の女性ロックアルバム26作目に挑む浜田の心風景、そこで育まれたGraceとは・・・。
浜田麻里自身の経験則から世界的トップミュージシャンを厳選し、共同制作した豪華アルバムが誕生する。35年かけて積み重ね、熟成されたその英気と才気、人徳が生み出した、もはやロック史において誰にも模倣できない新世界をぜひご堪能あれ。


New Album「Gracia」
Produced & Directed by Mari Hamada

発売予定日:2018年夏
収録曲、作品仕様などの詳細は後日オフィシャルHP及びレーベルサイトにて発表予定。

<参加ミュージシャン>
Drums:Gregg Bissonette, Marco Minnemann 
Bass:Leland Sklar, Billy Sheehan, Philip Bynoe
Guitar:Michael Landau, Akira Takasaki, Paul Gilbert, Chris Impellitteri,
Michael Romeo, Chris Broderick, Takashi Masuzaki
Keyboards:Jeff Bova, Derek Sherinian , Michael Romeo, Takanobu Masuda, Masafumi Nakao

Engineered by Bill Drescher

以下邦文表記。

参加ミュージシャン
Drums:グレッグ・ビソネット、マルコ・ミネマン
Bass:リーランド・スクラー、ビリー・シーン、フィリップ・バイノー
Guitar:マイケル・ランドウ、高崎晃、ポール・ギルバート、クリス・インペリテリ、
マイケル・ロメオ、クリス・ブロデリック、増崎孝司
Keyboards:ジェフ・ボーヴァ、デレク・シェリニアン、マイケル・ロメオ、増田隆宣、中尾昌史

エンジニア:ビル・ドレッシャー

-------------------

浜田麻里コメント

「考えることは容易く、行動することは難しい。
そして自分の考えを行動に移すことが、世の中で最も難しい。」
デビュー35周年をどのように迎えるか、と考えた際に、最初に思い浮かんだゲーテの言葉です。
奇をてらい粗暴であることが元来ロックらしいのでしょうが、深い思慮、そして人への愛情と感謝の積み重ねが背中を押し、新しい扉を開く原動力となる、そんな生き様もあるのだと感じます。
それは時に、個人の衝動欲求よりも強い力を持ちます。
時代は移り変わろうとも、アーティストとしての深い信頼を
リスナーの皆様に寄せて頂けるよう、これからも精進して参ります。

-------------------

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ